操作

エウリュステネス

エウリュステネース古希: Εὐρυσθένης, Eurysthenēs, 在位:紀元前930年頃)は伝説的なスパルタ王で、アーギス朝の始祖である。長母音を省略してエウリュステネスとも表記される。

エウリュステネースはヘーラクレースの子孫で、アリストデーモスの子であり、プロクレースとの双子の兄である[1]。また、次代の王アーギス1世の父でもある[2]。したがってエウリュステネースは歴史というよりむしろ神話の人物である。ペロポネーソス半島に侵入したドーリス人と戦ったアリストデーモスの戦死と共に共同で王位につき、成人に達するまでは母アルゲイアーの兄弟のテーラースの後見を受けた [3]

系図

テンプレート:ヘーラクレイダイの系図

  1. パウサニアス, III,1, 6-7
  2. ibid, III, 2, 1
  3. ibid, III, 1, 8

参考文献

先代:
スパルタ王(アギス朝)
紀元前930年頃
次代:
アギス1世