actions

ウマ

ウマ.jpg

ウマ

奇蹄目ウマ科。現存するものは家畜化されたもので,家畜化は青銅器時代に中央アジアで行われたと考えられている。初期の用途は物を引くことであったが,その後乗用,競走用,愛玩用などの品種がつくられている。大型品種のブラバンソンやシャイアーでは体高 170~185cm,体重 1tにもなる。小型品種にシェトランド・ポニーがあり,体高約 1mであるが,アメリカでは体高 75cm以下のものもつくられている。穀物,根菜,牧草を与えて飼育する。妊娠期間は約 11ヵ月で,子は生後すぐ起立できる。なお,現在野生ウマと呼ばれているものは,家畜化されたものが再び野生化したものである。 (ターパン )  



楽天市場検索: