actions

ウェルフリン

[生] 1864.6.21. ウィンタトゥール

[没] 1945.7.19. チューリヒ

スイスの美術史家。 1893年 J.ブルクハルトの後継者としてバーゼル大学教授となる。次いで 1901年ベルリン,12年ミュンヘン,24年チューリヒの各大学教授を歴任。大学就職論文は『ルネサンスとバロック』 (1888) 。主著『美術史の基礎概念』 Kunstgeschichtliche Grundbegriffe(1915) のなかで,ルネサンスからバロックへの様式発展を「線的」と「絵画的」,「平面的」と「深奥的」,「閉じられた形式」と「開かれた形式」,「多数性」と「統一性」,「絶対的明瞭性」と「相対的明瞭性」の5つの基本概念で対比させた。その他の著作として『古典美術』 Die klassische Kunst (1899) ,『イタリアとドイツの形式感情』 Italien und das Deutsche Form-gefühl (1931) などがある。