操作

ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン

ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン(Willard van Orman Quine, 1908年6月25日 - 2000年12月25日

現代アメリカの論理学者。ハーバード大学卒業 (1932) 後,主として同校で教鞭をとり,1948年同大学哲学教授。特にシンボル論理学の改訂を企て,その基礎を哲学的原理より離し,純粋に数学的方法に基礎づけられた学問にしようと考え,A.ホワイトヘッドB.ラッセルなどのタイプ理論を援用し,主著『数学的論理学』 Mathematical Logic (1940) を著わした。さらに言語哲学への関心を示し,論理実証主義の絶対的還元主義の主張による矛盾を意味論的立場から克服しようとした。ほかに『論理学体系』A System of Logic (1934) ,『ことばともの』 Word and Object (1960) ,"Ontological Relativity and Other Essays" (1969) ,"Philosophy of Logic" (1970) など。



Rakuten 楽天市場検索: