actions

イタヤカエデ



イタヤカエデ(板屋楓、学名: Acer pictum Thunb. subsp. mono (Maxim.) H. Ohashi, 1993)は、ムクロジ科カエデ属の各地の山地に生える落葉高木である。日本では北海道秋田、他に朝鮮サハリンアムール地方に自生し分布。北海道産のものはエゾイタヤ((蝦夷板屋)とも。他に別名として、トキワカエデ(常磐楓)。

形態

樹高は20m、直径1mに達する[1]

  • 枝 - 若い枝は鮮褐色で軟毛がある。
  • 葉 - 長さ、幅ともに5~10cmで、掌状に浅く裂け、無毛で鋸歯がなく秋には黄褐色となって散る。
  • 花 - 小さい淡黄色で4、5月頃に咲く。
  • 果実 - 長さ1.5cm、幅がその半分ぐらいの翼果は鍬形状。
  • 樹洞ができやすい特徴がある[2]

用途

建築、器具、バイオリンギターなどの弦楽器ハーモニカ、車両、床柱などの装飾材。

樹液

サトウカエデにくらべて含有糖分がやや低いものの、イタヤカエデからもメープルシュガーを作ることは可能であり、第二次世界大戦直後の砂糖不足の時代に東北北海道で製造が試みられたことがあるが、商業ベースには乗らずに終わった[3]

関連項目

脚注

  1. 『新版 北海道の樹』辻井達一, 梅沢俊, 佐藤孝夫 (1992年、北海道大学出版会) ISBN 4832910329
  2. 小野寺賢介. “日本生態学会全国大会 ESJ55 講演要旨「樹種と胸高直径構成からの樹洞密度推定」”. . 2014閲覧.
  3. 橋本仁高田明和(編) 『砂糖の科学』 朝倉書店、1975年。ISBN 978-4254430738。