actions

アンドレ・ヴェイユ

アンドレ・ヴェイユ(André Weil, 1906年5月6日 - 1998年8月6日

フランスの数学者。思想家 S.ベイユの兄。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) 卒業。 1928年にいわゆるモーデル・ベイユの定理で学位取得。インドのアリーガル大学で教え (1930~32) ,ゲッティンゲンに留学 (32~33) ,ストラスブール大学助教授 (33~40) 。ストラスブール時代にはアーベル関数の拡張 (38) ,一様空間の理論 (38) ,位相群上の測度と積分 (40) など,重要な業績を上げた。ブラジルのサン・パウロ大学で教えた (45~47) のち,アメリカに定住し,シカゴ大学教授 (47~58) 。 58年よりプリンストン高級研究所の研究員。合同式ゼータ関数についての G.リーマンの予想を証明した詳細を3部作,『代数幾何学の基礎』 (46) ,『アーベル多様体と代数曲線』 (48) ,『代数曲線とそれに関連した多様体』 (48) に発表。また 30年代から,J.デルサルト,C.シュバレーらとともに数学者集団「N.ブールバキ」を組織し,現代数学の再構成のために活躍した。



楽天市場検索: