操作

アロス・ア・ラ・クバーナ

アロス・ア・ラ・クバーナ(Arroz a la cubana)は、スペイン語圏の多くの国で食べられている料理である。スペイン語で「キューバの米」という意味である。材料は目玉焼きであり、プランテンまたはバナナトマトソースがよく添えられる[1][2]。起源はよく分かっていないが、ペルー[3]フィリピン[4]等と言われることもある。キューバスペインの植民地(キューバ総督領)だった頃の飯に目玉焼きを添えた料理が起源だという説もある[5]

同じ地域内でさえも多くの小さな差異がある。

キューバでは、白飯にトマトソースと目玉焼きを添える。プランテン[6]やバナナ[7]を他の材料と揚げたものが添えられる場合もある[2]

フィリピンでは、スペインの植民地(フィリピン総督領)だった時代から食べられていた[8]。最近のもの[2]は、牛挽肉タマネギニンニク、トマトソース、角切りのジャガイモレーズン、角切りのニンジンソテーしたものと白飯、目玉焼き、熟した揚げプランテンと一緒に盛る。

ペルーでは、揚げプランテン、揚げウインナー、目玉焼きを白飯の上に乗せる[6]

出典

  1. Ismael Sarmiento Ramirez, (2003), Alimentacion y relaciones sociales en la Cuba colonial, Anales del Museo de America, ISSN 1133-8741, No. 11, pp 197-226 (スペイン語)
  2. 2.0 2.1 2.2 Arroz a la Cubana (Cuban Rice), The Philippine Way. This variant uses banana.
  3. "Arroz a la cubana - a Peruvian dish" (スペイン語)
  4. Arroz a la Cubana
  5. Candido Hurones, (2009), Como freir un huevo. La innovacion didactica al servicio de la docencia universitaria, Entelequia: revista interdisciplinar, ISSN-e 1885-6985, No. 10, pp. 239-252 (スペイン語)
  6. 6.0 6.1 Recipe from Peru, using plantain
  7. In most Spanish-speaking countries, "platano" means both "plantain" and "banana". For example, a recipe given in both English and Spanish by a cookery school in Spain gives "platano" in the Spanish version of a recipe [1], and "banana" in the English translation [2]. In other Spanish-speaking countries the word "banana" as in English is used.
  8. Antonio Quilis,Celia Casado Fresnillo, (2008), La lengua espanola en Filipinas: Historia. Situacion actual, CSIC, Madrid. (スペイン語)