actions

アデノシン三リン酸


アデノシン三リン酸(アデノシンさんリンさん、adenosine triphosphate)

アデノシンリボース(=糖)に3分子のリン酸が付き、2個の高エネルギーリン酸結合を持つヌクレオチドのこと。

略称 ATP (分子式 C10H16N5O3P3 ) 。

全生物界で広くエネルギー代謝の中心的役割を果している高エネルギーリン酸化合物で「生体のエネルギー通貨」ともいわれる。 K.ローマンにより筋肉から単離され (1929) ,その後化学的にも合成されるようになった。 ATP+H2OADP+リン酸 のとき,条件によって違うが7~12kcalの遊離エネルギーを生じる。この化学エネルギーは,光合成や筋肉の収縮のほか,蛋白質や核酸,多糖類,脂質の合成など生物のあらゆる生命活動に利用される。反応によっては ATP+H2OAMP+ピロリン酸 の形で分解するが,遊離するエネルギー量はほぼ同じである。





楽天市場検索: