操作

アイユーブ朝

(アラビア語: الأيوبيون‎、クルド語:دەوڵەتی ئەییووبی )

エジプト,シリア,パレスチナ,上メソポタミア,イエメンを支配したスンニー (正統) 派のイスラム王朝 (1171~1250) 。首都はカイロ。 1169年,シリアのザンギー朝の将であったクルド族のアイユーブ家のサラディンは,エジプトの宰相として事実上その支配者となり,さらに 71年にはシーア派であるファーティマ朝のカリフ制を廃止し,アッバース朝カリフの権威を復活して分裂したイスラム世界の再統一をはかった。イクター制を施行し,トルコ人,クルド人を中心に軍隊制度を整備すると対十字軍戦争に乗出し,87年にはハッティンの戦いで十字軍を破って,エルサレムを 88年ぶりにイスラム教徒の手に取戻した。サラディンの死後,帝国はアイユーブ一族の間で分割されたが,スルタン,カーミル(在位 18~38) の時代まではアイユーブ家の統一は比較的よく保たれていた。その後一族の内紛によって衰退に向い,1250年,スルタン,サーリフ (在位 40~49) が雇い入れたマムルーク軍人の蜂起によって王朝は崩壊した。