操作

いじめ

いじめ(苛め、虐め、イジメ: Bullying

自分より弱い者に対して暴力やいやがらせを加え,身体的・心理的に苦痛を与える行為。 1980年代,特に学校において校内暴力が沈静化するとともに問題となり,いじめが原因とみられる不登校,自殺,事件が多発,深刻な社会問題,政治問題となった。 1994年,文部省がいじめ対策緊急会議を発足,1996年『児童生徒のいじめ等に関するアンケート調査』を公表,いじめ問題への取り組みを提言した。

2007年1月,定義を「一定の人間関係のある者から,心理的・物理的な攻撃を受けたことにより,精神的な苦痛を感じているもの」とし,いじめかどうかは当該児童生徒の立場に立って判断するよう徹底するとした。原因や背景として,協調性・思いやり・規範意識・フラストレーション耐性の欠如,対人関係の不得手,知識偏重や競争意識による社会の差別構造,将来の目標の喪失,集団のいじめに対する認識不足などが考えられる。態様は,いたずら,いじわる,ひやかし,からかい,持ち物隠し,仲間はずれ,集団による無視,悪口,陰口,暴力,リンチ,たかり,恐喝など。近年はパーソナル・コンピュータや携帯電話を使ってインターネット上で誹謗中傷する「ネットいじめ」と呼ばれる手口が増えた。




Rakuten 楽天市場検索: