actions

黒田宣政

2018/10/17/ (水) 00:26時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
黒田宣政
時代 江戸時代中期
生誕 1685年6月10日貞享2年5月9日
死没 1744年9月16日延享元年8月10日
主君 徳川家宣家継吉宗
筑前福岡藩
氏族 黒田氏

黒田 宣政(くろだ のぶまさ)は、筑前福岡藩の第5代藩主。

貞享2年(1685年)、福岡藩第4代藩主・黒田綱政の次男として、江戸桜田の藩邸にて生まれた。初名は政則(まさのり)。兄の黒田吉之が早世したため、福岡藩嫡子となり、正徳元年(1711年)の父の死去により後を継いだ。藩主就任時に将軍徳川家宣より偏諱を受けて宣政と名乗った。

しかし生来から病弱で政務を執れず、また嗣子にも恵まれなかったため、叔父で支藩の直方藩主・黒田長清の子で、従弟にあたる黒田継高を養嗣子として迎え、享保4年(1719年)11月に隠居して家督を継高に譲った。病弱のため、領地筑前国に入ることが中々できず、藩政は代理で叔父の長清が行っている。宣政時代の黒田家の文書類はほぼ焼失、散逸しており従姉妹の酒井河内守(酒井忠挙)娘、市子(松壽院)との交換書状が唯一残る。

延享元年(1744年)、江戸桜田藩邸にて死去。享年60。

脚注