actions

鹿部町

2018/9/7/ (金) 23:24時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ファイル:Shikabe town center area Aerial photograph.1976.jpg
鹿部町中心部周辺の空中写真。1976年撮影の5枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

鹿部町(しかべちょう)は、北海道渡島総合振興局中部にある町。

町名の由来はアイヌ語の「シケルペ」(キハダのあるところの意)から。 [1]

一時期、野生のの多さから「鷹待(たかまち)」と呼ばれ、鷹が幕府への献上品とされた時期もあった。

地理

渡島管内中部、渡島半島北東部に位置する。駒ヶ岳の南東部に位置し、しばしば噴火による降灰を受ける。沿岸部を国道278号が通る。

  • 山:駒ヶ岳(1,131m)
  • 河川:折戸川、鹿部川、本別川
  • 湖沼:

隣接している自治体

人口

鹿部町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

沿革

  • 1666年寛文6年):津軽の伊藤源五郎が、温泉で傷をいやす鹿を発見。鹿部温泉を設置したという伝承がある。
  • 1879年明治12年):鹿部村戸長役場が開設。
  • 1906年(明治39年)4月1日: 北海道二級町村制の施行により、茅部郡鹿部村となる。
  • 1979年昭和54年):鹿部村開基100周年。
  • 1983年(昭和58年)12月1日: 町制施行、鹿部町となる。
  • 1990年平成2年):鹿部公園を創設。

経済

漁業が盛んで、町内に大小3つの漁港を持つ。

海産物としては、通年でタコホッケが水揚げされる他、サクラマス昆布ナマコなどの漁も盛んで、特に冬場は主産業となっているタラコの原料スケソウダラ漁と、ホタテの水揚げが浜を賑わす。また、中心となる鹿部川には、放流したが遡上する。

温泉も多く、道内でも珍しい間歇泉を利用した間歇泉公園には足湯の施設もあり、町内の旅館のほとんどが温泉旅館である。さらに、秀麗駒ヶ岳を望む「鹿部カントリークラブ」(大和ハウスグループ運営。隣接する「Royal Hotelみなみ北海道鹿部」も同グループ)と「大沼国際カントリークラブ」の両ゴルフコースは、大変人気もあり、道南圏一円より利用がある。

漁業

  • 本別漁港
  • 鹿部漁港
  • 出来澗漁港

漁協

  • 鹿部漁業協同組合

郵便局

  • 鹿部郵便局(集配局)

宅配便

公共機関

警察

教育

  • 中学校
    • 鹿部
  • 小学校
    • 鹿部

交通

鉄道

バス

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

祭事

  • しかべ海と温泉のまつり&花火大会

出身の有名人

関連項目

2005年平成17年)8月27日 うみのほたるという、ほとんど鹿部でロケをした北海道テレビ放送(HTB)制作のHTBスペシャルドラマが放送された。
道南有数の漁師町であり、町内には漁業研修所がある。

脚注

  1. 『北の大地、そこに生きる人々の歴史と文化、漫画「ゴールデンカムイ」今こそ知りたいアイヌ 時空旅人別冊』110頁

外部リンク