actions

魚野川

魚野川
水系 一級水系 信濃川
種別 一級河川
延長 66.7[1] km
平均流量 -- m³/s
流域面積 1519[1] km²
水源 谷川岳[1]
水源の標高 1977[1] m
河口・合流先 信濃川
流域 新潟県中越地方
テンプレートを表示

魚野川(うおのがわ)は、新潟県魚沼地方を流れる一級河川信濃川の支流の一つ。

概要

新潟県群馬県の県境の谷川岳西麓一帯に源を発し、新潟県の魚沼地方を南から北へ向かって貫流。長岡市(旧川口町東川口付近で信濃川と合流する。

上流部の土樽駅付近でも比較的川幅が広い。

豊富な水量と、上質な水質を持ち、魚沼地方の生活・産業(稲作・酒造など)の重要な基盤となっている。 名前のとおり、ニジマスなどの川魚も多くすみ、鮎釣りをする人の姿、やな場を仕込んで漁をする人の姿がしばしば見受けられる。

名称の由来

「魚沼を流れる川」が訛って魚野川となったという説がある。かつては別名として上田川とも称した。

主な支流

上流側から順に以下の通りである。

舟運

1495年明応4年)には、上杉家魚野川舟運の許可を出すなど、かなり古い時代から舟運が行われてきた。南魚沼郡誌によれば、1637年寛永14年)の記録に六日町に48艘、浦佐に50艘、小出島に24艘の胴高船があったという。江戸時代を通じて三国街道を行く旅行者や魚沼の年貢米、特産品の輸送に用いられてきた。この頃の遡上上流点は、六日町宿であり、いったん下流に下った船は、川岸に沿って一週間以上かけて上流まで引き上げていた。明治時代に入ると信越本線や上越北線(上越線)の開通に伴い貨客が激減。大正年間のうちに姿を消している[2]

災害の歴史

現在の魚沼市一帯が狭窄部になっていること、信濃川本流の洪水時には魚野川へ逆流する現象が見られたことなどから、かつての流域一帯は水害の常襲地帯であった(魚沼市の歴史を参照されたい)。これらの対策として、1960年代に建設省(現在の国土交通省)直轄工事による河川改修が開始、1993年に完成をみている。

河川施設

主な橋梁

本流

下流より順に記載

信濃川)- 川口橋 - 飯山線魚野川橋梁 - 関越自動車道橋梁(魚野川橋) - 和南津橋 - 上越新幹線魚野川橋梁 - 上越線魚野川橋梁 - 宇賀地橋 - 根小屋橋 - 堀之内橋(国道17号) - (破間川合流点) - 只見線魚野川橋梁 - 小出橋(新潟県道47号小出停車場線 - (佐梨川合流点) - 新柳生橋(新潟県道532号虫野小出停車場線) - 青島大橋(新潟県道232号浦佐小出線) - 福山橋(新潟県道232号浦佐小出線) - 八色大橋(国道17号) - 多聞橋(新潟県道265号下折立浦佐停車場線) - 浦佐大橋新潟県道28号塩沢大和線) - 大和橋(新潟県道266号一村尾大崎線) - 八海橋(新潟県道234号桐沢麓五日町停車場線) - 関越自動車道橋梁(八海橋) - 城巻橋 - 二日町橋 - 美佐島橋 - 六日町大橋 - 坂戸橋 - 泉田橋 - 旭橋 - 前島橋 - 中之島橋 - 関越自動車道橋梁(中之島橋) - 坪池橋 - 姥島橋 - 関越自動車道橋梁(湯沢橋) - 立柄橋 - 関越自動車道橋梁(神立橋) - 土樽東橋 - 上越線魚野川橋梁 - 松川橋 - 上越線魚野川橋梁 - 関越自動車道橋梁(松川橋) - 上越線魚野川橋梁
支流

ギャラリー

脚注

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 魚野川圏域河川整備計画 pp.1-5 (PDF) - 新潟県土木部河川管理課.2019年4月15日閲覧。
  2. 藤倉朋良『図解にいいがた歴史散歩<南魚沼>』p118 新潟日報事業社出版部
  3. 魚野川支川鎌倉沢川における歴史的砂防施設について (PDF) - 砂防学会.2019年4月15日閲覧。
  4. 魚野川支川鎌倉沢川における歴史的砂防施設について(その2) (PDF) - 砂防学会.2019年4月15日閲覧。
  5. 鎌倉沢川の砂防施設が登録有形文化財に登録されました - 新潟県南魚沼地域振興局地域整備部.2019年4月15日閲覧。
  6. 文化遺産オンライン:鎌倉沢川第一号堰堤 - 2019年4月15日閲覧。
  7. JR上越線清水トンネル関連施設群 - 土木学会関東支部.2019年4月15日閲覧。

関連項目

外部リンク

河川整備・防災
川に関する観光スポット・歴史
漁業・釣り