actions

高橋悦史


高橋 悦史(たかはし えつし、1935年8月2日 - 1996年5月19日)は、日本俳優

来歴・人物

宮大工の息子として大阪府岸和田市宮本町に生まれ[1]大阪府立岸和田高等学校から、1954年立教大学文学部英米文学科に入学(野際陽子は同学科の同期であり、長嶋茂雄も立教大の同期)。在学中から演劇に関わり、演出も手がける。1958年大学卒業後、TBSラジオ劇団養成所を経て、NHK俳優養成所に入り1960年卒業。NHKでは舞台や脇役俳優や声の吹き替え(飯沢匡脚本『ブーフーウー』の狼役等)の仕事に従事する。

1964年、本格的に新劇俳優を目指し、文学座付属演劇研究所に入り、卒業後、文学座研究生となる。1964年NET徳川家康』にテレビ初出演。1965年には、吉永小百合主演の日活映画、『私、違っているかしら』に出演し、映画デビューを果たす。

1967年岡本喜八監督の『日本のいちばん長い日』の青年将校役に抜擢ばってきされ、注目を浴びる。以後、岡本監督の作品に立て続けに出演し、性格俳優として欠くべからざる存在となる。特に、『日本の首領』、『戦争と人間』、『金環蝕』、『青春の門 自立篇』、『皇帝のいない八月』などの大作映画には重要な役どころで出演した。

また、舞台でも『花の館』で1970年芸術祭優秀賞[2]を受賞するなど活躍。テレビでも『鳩子の海』、『おしん』、『鬼平犯科帳』など多くの作品に出演した。

1994年3月、が見つかり夏に入院、翌年には病名を公表し、闘病生活を続けつつ撮影にも臨み、闘病手記と写真も公表した。いったん退院したが、1996年4月に再発し、5月19日に膵臓癌のため死去した。60歳没。

著書・回想

  • 『生と死の隣合わせに』 近代映画社、1996年4月 - 再発直前に刊行。
  • 『ゆびきりげんまん ガンで逝った夫と妻の“恩愛の記”』 主婦と生活社、1996年7月 - 闘病日記と書簡、光代夫人の追悼記。

出演

映画

テレビドラマ

その他のテレビ番組

ラジオドラマ

CM

  • 新ライオデント (1994年、ライオン
  • 球磨焼酎「繊月せんげつ」シリーズ

舞台

  • 花の館(1970年) - 足利義政
  • 沢氏の二人娘
  • おりき

脚注

外部リンク