actions

馬場あき子

2019/6/27/ (木) 15:13時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (内容を「 '''馬場 あき子'''(ばば あきこ、1928年(昭和3年)1月28日 - ) 昭和後期-平成時代の歌人。 昭和3年1月28日生まれ。昭和22...」で置換)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

馬場 あき子(ばば あきこ、1928年(昭和3年)1月28日 - )

昭和後期-平成時代の歌人。

昭和3年1月28日生まれ。昭和22年「まひる野」に入会し,窪田章一郎に師事。教員生活ののち,53年夫の岩田正と「かりん」を創刊,主宰。61年「葡萄唐草」で迢空(ちょうくう)賞,平成6年「阿古父」で読売文学賞。12年朝日賞。15年芸術院賞。同年芸術院会員。19年「歌説話の世界」で紫式部文学賞。23年日本歌人クラブ大賞。24年「鶴かへらず」で前川佐美雄賞。古典や能への造詣を背景に艶麗な歌境を提示。評論に「鬼の研究」などがある。東京出身。日本女専(現・昭和女子大)卒。本名は岩田暁子。歌集に「早苗」「桜花伝承」。



楽天市場検索: