actions

「階級意識」の版間の差分

(1版 をインポートしました)
 
1行目: 1行目:
'''階級意識'''(かいきゅういしき)とは、[[社会]]において[[階級]]が存在している場合に、そこで存在している階級が[[客観的]]な条件の下で存在しており、事実的および可能的に意識をしているようなもののことを言う。これは[[階級社会]]などの社会において、その社会での階級構造の規定が存在するために現れることとなる。たとえば[[資本主義]]社会においての[[労働者階級]]の階級意識などがこれである。このような階級意識は、自身が置かれている階級と同類の人物の存在を認識するということから始まり、求めている利益が同じであるなどといった共通点の発見により一層階級意識が大きくなり高度な連帯が可能となる。この場合に意識した階級意識は、自らの階級に対して敵対しているような階級や自らの階級の生活を圧迫しているような階級の存在により更に大きくなることとなる。
+
'''階級意識'''(かいきゅういしき)
  
== 外部リンク ==
+
自己の属する階級の社会的地位や歴史的任務,利害関係などについての自覚をいう。[[マルクス主義]]においては,特にプロレタリア階級の階級意識が問題とされる。[[ブルジョアジー]]に対する[[階級闘争]]において[[プロレタリアート]]は,当初自己の階級利害を自覚しない即自的階級にとどまっているが,やがて資本主義の発展とその矛盾の増大とともにその階級利害と歴史的使命を自覚した対自的階級として社会変革の途につく。したがって,社会変革の原動力となるプロレタリアートの対自的な自覚的意識だけが真の階級意識であるとされる。
*[http://kotobank.jp/word/%E9%9A%8E%E7%B4%9A%E6%84%8F%E8%AD%98 階級意識 とは - コトバンク]
 
*[http://libdspace.biwako.shiga-u.ac.jp/dspace/bitstream/10441/5783/2/HIKONE%20RONSO_234-235_333-346A%20naruse.pdf 現代労働者の階級意識構造]
 
*[http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/81000288.pdf]
 
  
{{Socsci-stub}}
+
{{テンプレート:20180815sk}}
 
{{デフォルトソート:かいきゆういしき}}
 
{{デフォルトソート:かいきゆういしき}}
 
[[Category:社会階級]]
 
[[Category:社会階級]]

2018/12/23/ (日) 00:40時点における最新版

階級意識(かいきゅういしき)

自己の属する階級の社会的地位や歴史的任務,利害関係などについての自覚をいう。マルクス主義においては,特にプロレタリア階級の階級意識が問題とされる。ブルジョアジーに対する階級闘争においてプロレタリアートは,当初自己の階級利害を自覚しない即自的階級にとどまっているが,やがて資本主義の発展とその矛盾の増大とともにその階級利害と歴史的使命を自覚した対自的階級として社会変革の途につく。したがって,社会変革の原動力となるプロレタリアートの対自的な自覚的意識だけが真の階級意識であるとされる。



楽天市場検索: