actions

羽田孜

2019/4/23/ (火) 16:00時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (内容を「 '''羽田 孜'''(はた つとむ、1935年昭和10年)8月24日 - 2017年平成29年)8月28日) [生] 1935.8.24. 東京,大...」で置換)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

羽田 孜(はた つとむ、1935年昭和10年)8月24日 - 2017年平成29年)8月28日

[生] 1935.8.24. 東京,大田

[没] 2017.8.28. 東京,世田谷

政治家。内閣総理大臣(首相。在任 1994.4.~6.)。1958年成城大学経済学部を卒業し,小田急バスに入社。10年勤めたあと,父武嗣郎の後継者として 1969年衆議院議員総選挙に出馬し初当選。自由民主党では木曜クラブ(田中派),竹下登率いる創政会および経世会に属し,農林大臣政務次官,党農林部会長,農林水産大臣,大蔵大臣などを歴任。おもに農政畑で活躍するが,党選挙制度調査会長として政治改革にも熱心に取り組み,1992年10月小沢一郎らとともに政策グループ「改革フォーラム21」を旗揚げした。同年12月グループが経世会から離脱するとみずから会長に就任。翌 1993年6月には政治改革,政権交代を目指して集団離党し,新生党を結成,党首となる。衆議院議員総選挙後の細川連立内閣では副首相兼外務大臣を務めた。1994年4月第80代,51人目の首相に就任するが,直後に日本社会党の連立政権離脱で少数与党となり,6月前政権からの積み残し課題である予算成立後,自民党から提出された内閣不信任案を受けて総辞職。在任期間 64日と史上 2番目の短命内閣となった。1994年12月新進党設立に伴って副委員長に就任。1996年12月新進党を離脱して太陽党を結成,党首に就任。1998年1月新進党からの分裂勢力とともに民政党をつくり,代表に就任。同年4月民主党に合流した。2012年政界引退。