actions

湧洞沼

2018/10/14/ (日) 11:13時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
湧洞沼
所在地 日本の旗 日本
北海道十勝総合振興局
面積 4.43[1] km2
周囲長 17.8 km
最大水深 3.5 m
平均水深 1.3 m
貯水量 0.005 km3
水面の標高 5 m
成因 海跡湖
淡水・汽水 汽水
湖沼型 腐食型
テンプレートを表示
ファイル:Lake Yudo Aerial photograph.1977.jpg
湧洞沼周辺の空中写真。1977年撮影の15枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

湧洞沼(ゆうどうぬま)は北海道東部、豊頃町にある汽水湖

地理

  • 流入河川 : 湧洞川
  • 流出河川 : 直接太平洋に流出する。

歴史

  • 成因は海跡湖。
  • 湖の名前の由来はアイヌ語の「ユー・トー」(湯・沼)。

自然

沼周辺は町指定天然記念物湧洞湖畔野生植物群落に指定され、 また沼自体は鳥獣保護区特別保護地区に、沼周囲は鳥獣保護区に指定されている。

  • 渡り鳥をはじめ水鳥が多く飛来する。周囲にはタンチョウが姿を見せることもある。
  • 沼周囲ではシーズンになるとエゾカンゾウが咲く。

利用

  • 人為的な利用はほぼされていない。

交通

  • 沼への公共交通は存在しない。なお沼への町道は冬期には閉鎖される。
  • 付近を北海道道1051号湧洞線が通る。

脚注

関連項目

外部リンク


座標: 東経143度32分25秒北緯42.60222度 東経143.54028度42.60222; 143.54028