actions

「殉職」の版間の差分

(1版 をインポートしました)
(内容を「 '''殉職'''(じゅんしょく) 職責を果たそうとして命を失うこと。 {{テンプレート:20180815sk}} {{デフォルトソート:しゆんしよく…」で置換)
(タグ: Replaced)
 
1行目: 1行目:
{{国際化|date=2018年7月|領域=日本}}
 
[[ファイル:Yayoi Ireido 1.JPG|thumb|300px|[[警視庁]]及び[[東京消防庁]]の殉職者を祀る[[弥生慰霊堂]]]]
 
[[ファイル:Kudan001.gif|thumb|300px|国防のために殉職した軍人・軍属等を祭る[[靖国神社]]]]
 
[[ファイル:Cenotaph for tax collector who was killed in the line of duty.JPG|thumb|220px|[[神奈川税務署員殉職事件]]で殉職した税務官の慰霊碑]]
 
'''殉職'''(じゅんしょく)とは、一般に、特定の業務に従事する職員が、職務・業務中の[[事故]]が原因で[[死亡]]することをいう。
 
  
==概要==
+
'''殉職'''(じゅんしょく)
殉職の一般的な事例として[[日本の警察官|警察官]]<ref>日本初の殉職者は[[1871年]]に死亡した埼玉県聴訟課所属の今成新左衛門[[捕亡]]一等附属だとされている[http://www.sankei.com/region/news/140608/rgn1406080012-n1.html]。</ref>、[[消防吏員]]、[[自衛官]]、[[海上保安官]]、[[刑務官]]、[[入国警備官]]、[[税務署]]員、[[消防団員]]、[[運転手]]、[[船員]]などがある。ただし、[[公営競技]]を除いては、[[スポーツ選手]]が[[競技]]中の事故で死亡した場合や、[[サラリーマン]]が[[通勤]]途中に[[交通事故]]などで死亡した場合は含まれない。なお、かつて[[船舶]]や[[艦船]]の[[船長]]、[[艦長]]には、沈没時には最後に退船する、時には船と運命を共にすることが慣例化されており、救助を拒否して死亡または自殺した場合でも殉職と表現されることがある<ref>[http://captain.or.jp/?page_id=3828 IFSMA便りNO.21] (社)日本船長協会事務局(2017年5月13日閲覧)</ref>。
 
 
 
一般[[企業]]や[[工場]]においても、勤務・作業中の事故が原因で死亡した場合は殉職と呼び、この場合[[産業]]殉職者として顕彰会が建つ。大規模な[[土木工事]]では、[[黒部ダム]]で171名、[[東海道新幹線]]で210名、[[青函トンネル]]で34名など、杜撰な安全管理のもとで多数の殉職者が出た。このような場合、完成後に施設近辺に[[慰霊碑]]を設ける事例も多い。また、労働安全が労働省の取締りの所管外となってしまった[[鉱山]]業界においては、多数の殉職者をだす事故が度々発生した。特に[[石炭]]採掘では、[[炭鉱|坑内]]火災やガス中毒によって時に一度の事故で100名を超える殉職者を出すこともあり、石炭採掘の斜陽化に拍車をかけた。炭鉱事故の殉職者の中には、[[火災]]やガスの充満などで救出が困難により、坑内に置き去りとなった者もいる。また、それぞれの職種ごとに[[遺族|遺児]]への教育資金援助や慰霊式典を行なうため、殉職者の顕彰会が設けられている。
 
 
 
[[1947年]]の[[神奈川税務署員殉職事件]]後には、特殊な[[第三国人]]等に対する検査調査を行う税務職員への特別手当を支給することとする法案が出されるなど、殉職者が出ることによって一定の是正措置が取られることもあった<ref>{{cite web|url=http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/001/1362/00112041362046c.html|title=第001回国会 財政及び金融委員会 第46号|work=|publisher=衆議院|date=1947-12-04|accessdate=2011-05-22}}</ref>。
 
 
 
特殊な例としては、国内・国外で取材を行っていた[[ジャーナリスト]]が、[[テロリスト]]やその国の軍隊に殺された例も殉職として扱われることがある([[:Category:殺害されたジャーナリスト]]の項目も参照)。
 
 
 
「病死」の場合は殉職扱いとはならないが例外もある。
 
*[[広島県]]の場合、[[広島市への原子爆弾投下]]で警察官と警察事務職員ら233人が[[即死]]し、その後も[[原爆症]]により病死する者が[[1946年]]までに119人いたが、これらは殉職として扱われた<ref>広島県警察史編さん委員会編 『広島県警察史 下巻』、987-1026頁、広島県警察本部、1972年</ref>。その後も何例かあり、被爆から19年後の[[1964年]]12月に原爆症で死亡し一階級特進で[[警部]]になった者もいる<ref>広島県警察史編さん委員会編 『広島県警察史 下巻』、1038頁、広島県警察本部、1972年</ref><ref>広島県警察史編さん委員会による『広島県警察史 上巻』([[広島県警察]]本部、1972年)には、犯人[[逮捕]]時に死亡した警察官のほか、殉職者全員の被爆死による最期が記録されている</ref>。
 
*[[長崎県]]においても[[長崎市への原子爆弾投下]]があったため同様の例がある。
 
*[[1993年]][[8月6日]]、[[九州旅客鉄道|JR九州]][[日豊本線]][[竜ヶ水駅]]において[[土石流]]が迫り来る中で<ref>当日、九州地方は[[平成5年8月豪雨]]で甚大な被害を受けていた。</ref>、JR九州の[[乗務員]]らが、停車中の列車から乗客約330人を安全な場所まで避難させたが、救助に当たった乗務員の1人が[[気管支喘息|喘息]]発作を起こし、3週間後に死亡し、これが[[労災]]として認定された事例がある<ref>のちに乗務員たちは1993年度の[[シチズン・オブ・ザ・イヤー]]を受賞。[http://www.citizen.co.jp/coy/archive/1993_03.html シチズンの当該ページ]。</ref>。
 
これらの事例は、いずれも公務・業務の遂行中に被爆あるいは発症したその[[因果関係]]が明確なためである。
 
 
 
== 二階級特進 ==
 
自衛官・警察官・消防吏員・海上保安官・刑務官・入国警備官といった職務[[階級 (公務員)|階級]]が明確な職業において、殉職に伴って在職階級から二段階昇進させる制度または慣行で、名誉・[[叙勲]]・その他の遺族に対する補償も特進した階級に基づきなされる。この結果「二階級特進」が、しばしば「殉職」の別称とされる。特進とは「特別昇進」の略称である。
 
 
 
なお、警察官の場合、[[巡査]](-[[巡査長]]) - [[巡査部長]] - [[警部補]] - [[警部]] - [[警視]] - [[警視正]] - [[警視長]] - [[警視監]] - [[警視総監]]という階級構成で、巡査のみ2級特進先は巡査部長ではなく警部補。これは巡査長が階級的職位にすぎず、階級上は巡査と同格だからである。ただし、近年の職務執行中の交通事故による殉職(取締活動中に前方不注意の自動車にはねられ死亡)の場合には、1階級のみの昇進にとどまる。警視長の警視総監への特進例は確認されていない。
 
 
 
これは、[[日本軍]]において功績顕著な[[戦死者]]を二階級特進させた例に倣ったもの。また、死亡[[退職金]]や[[遺族年金]]では、特進後の階級を基準とするため、算定にあたり有利になるという側面もある。元々戦死者を特進させる習慣は無かったが、[[日露戦争]]において[[軍神]]とされた[[広瀬武夫]][[海軍少佐]]・[[橘周太]][[陸軍少佐]]が、死後それぞれ[[中佐]]に一階級特進したのが始まりとなった。その後、[[第一次上海事変]]における[[爆弾三勇士]]を顕彰するため3人を二階級特進させ、それ以降、功績抜群の戦死者は全軍布告の上二階級特進というのが慣例になった。
 
 
 
なお、戦死にあたっては、部内で進級の要件と規定されている、当該階級での勤務年数である「実役停年」を満たしていないものでも必ず「特進」として進級するとは限らなかった。また、[[大佐]]が[[中将]]になる例は少なく、将官には二階級特進が認められていないため[[少将]]が[[大将]]に進級する例はなかった。海軍では大将が戦死した場合には[[元帥 (日本)|元帥]]の称号を与えた例がある(旧日本軍には他国と違い元帥の階級が[[明治時代]]に廃止されたため存在せず、以降は「元帥」は陸海軍大将に与えられる称号としてのみ存在した)。[[大日本帝国陸軍|旧陸軍]]では[[下士官]]の航空[[特別攻撃隊|特攻]]での戦死者には最大「四階級特進」まで規定されていた(陸軍伍長から陸軍少尉へ)。しかし、[[テストパイロット]]の殉職など訓練中・公務中の死亡である殉職と、戦闘での死亡である戦死とは明確に一線を画しており、[[外地]]で公務中に死亡するなど戦死に準ずると判断された場合を除いては、殉職者は最大でも一階級特進どまりであり、二階級特進した例はない。
 
 
 
[[自衛官]]の場合は「昇進<ref>予備自衛官または即応予備自衛官が現階級から1つ上にの階級上がるときに使う</ref>」ではなく「昇任」であり、その場合は「特別昇任」として一階級昇任することが多い。
 
 
 
[[2003年]][[11月29日]]、日本政府は[[イラク日本人外交官射殺事件|イラクにおいてテロリストにより射殺]]された日本[[大使館]]の[[外交官]]([[参事官#外務省|参事官]]・三等[[外交官#外交官の種類|書記官]]の2名)に対して二階級特進に相当する職階の特進(参事官→[[名称大使|大使]]・三等書記官→一等書記官)を行った。[[国家公務員]]を見渡しても警察官・自衛官・海上保安官・刑務官・入国警備官以外には職務階級制度そのものが存在しないこともあり、外交官では前例のないことであったが、これは任地の[[カントリーリスク]]が際立って高い状況などを勘案してのものであったといえる。
 
 
 
退役軍人の功績をたたえ退役時の階級から昇進させることもあり、[[タムルアン洞窟の遭難事故]]では遭難現場まで物資を届けに行った最中に[[死亡]]した元[[タイ王国海軍]][[特殊部隊]]のダイバーが[[軍曹]](退役時)から少佐に特進し[[白象勲章]]勲一等が授与された例がある<ref>[https://www.jiji.com/jc/article?k=2018071400459&g=int 元特殊部隊員、少佐特進] 時事通信 2018年7月14日公開 2018年7月15日閲覧</ref>。
 
 
 
=== 二階級特進した例 ===
 
これ以外にも、[[消防吏員]]・[[消防団員]]など多数が殉職している。消防団員は非常勤の[[地方公務員#特別職地方公務員|特別職地方公務員]]であり、災害時以外は各自の職業があるため、氏名は原則公表されていない。
 
 
 
==== 自衛官 ====
 
* [[朝霞自衛官殺害事件]]
 
**([[陸上自衛隊]][[朝霞駐屯地]][[駐屯地警衛隊|警衛勤務歩哨係]])[[陸士長]]→[[2等陸曹]]
 
* [[T-33A入間川墜落事故]]
 
**([[航空自衛隊]][[入間基地]])[[2等空佐]]→[[空将補]]
 
**([[航空自衛隊]][[入間基地]])[[3等空佐]]→[[1等空佐]]
 
* 2018年[[本白根山]]噴火
 
**([[陸上自衛隊]][[第12旅団 (陸上自衛隊)|第12旅団]]第12ヘリコプター隊)[[陸曹長]]→[[3等陸尉]]
 
 
 
==== 警察官 ====
 
* [[日大紛争|日本大学紛争]]
 
**([[警視庁]]第五[[機動隊]]員)巡査部長→警部
 
* [[岡山大学紛争]]
 
**([[岡山県警察]])巡査→警部補
 
* [[東峰十字路事件]]
 
** ([[神奈川県警察]]機動隊第1[[中隊]]第1[[小隊]]長)警部補→警視
 
** (神奈川県警察機動隊第1中隊第1分隊長)巡査部長→警部
 
** (神奈川県警察機動隊第1中隊員)巡査→警部補
 
* [[渋谷暴動事件]]
 
** ([[関東管区警察局|関東管区]]機動隊新潟中央小隊)巡査→警部補
 
* [[あさま山荘事件]]
 
**(警視庁第二機動隊長)[[警視]]→[[警視長]]
 
**(警視庁特科車両隊中隊長)[[警部]]→[[警視正]]
 
* [[警察庁広域重要指定115号事件]]
 
** ([[京都府警察]][[上京警察署|西陣警察署]])[[巡査]]→[[警部補]]
 
* [[警視庁独身寮爆破事件]]
 
**(警視庁[[新宿警察署]])巡査→警部補
 
* [[東村山警察署旭が丘派出所警察官殺害事件|清瀬市警察官殺害事件]]
 
**(警視庁[[東村山警察署]]旭が丘交番)[[巡査長]]→[[警部補]]
 
* [[カンボジア]][[国際連合平和維持活動|PKO]]派遣文民警察官
 
**(岡山県[[警察本部]])[[警部補]]→[[警視]]
 
* [[高知白バイ衝突死事故]]
 
**([[高知県警察]][[交通機動隊]])[[巡査長]]→[[警部補]]
 
* [[東武東上線]][[ときわ台駅 (東京都)#2007年の踏切事故|ときわ台駅の脇の踏切で線路内に侵入した女性を救出]]
 
**(警視庁[[板橋警察署]]) [[巡査部長]]→[[警部]]
 
** 事件・事故関連ではなく人命救助での殉職による二階級特進は極めて少数である。
 
* [[愛知長久手町立てこもり発砲事件]]
 
**([[愛知県警察]][[特殊急襲部隊|SAT]])[[巡査部長]]→[[警部]]
 
* [[東日本大震災]]
 
**([[岩手県]][[大船渡警察署]]高田[[警部交番|幹部交番]]所長)[[警視]]→[[警視長]]<ref>2011年5月14日テレビ東京「田勢康弘の週刊ニュース新書」交番内遺影</ref>
 
* 富山市奥田交番襲撃事件
 
**([[富山県]][[富山中央警察署]]奥田交番所長)[[警部補]]→[[警視]]<ref>2018年6月30日NHK総合「正午の全国ニュース(富山交番襲撃 発砲事件)」</ref>
 
* [[平成30年7月豪雨]]
 
**([[広島県警察]][[東広島警察署]])[[警部補]]→[[警視]]<ref>[https://mainichi.jp/articles/20180712/k00/00m/040/174000c 西日本豪雨:「警官とは」教えてくれた 土砂崩れで殉職] 毎日新聞 2018年7月12日</ref>
 
**(広島県警呉警察署)巡査長→警部補<ref>{{Cite news|title=命かけた豪雨救助、あの子の性格だから…殉職警官の母は(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース|url=https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000072-asahi-soci.view-000|accessdate=2018-07-28|language=ja-JP|work=Yahoo!ニュース}}</ref>
 
 
 
ほか多数名
 
 
 
==== 外交官 ====
 
* [[イラク日本人外交官射殺事件]]
 
** [[参事官#外務省|参事官]]→[[名称大使|大使]]
 
** 三等[[外交官#外交官の種類|書記官]]→一等書記官
 
 
 
==その他職員が殉職した主な事件・事故==
 
この節で記載した事件・事故は、職員に責任が帰さないものである。ほかにも多数の事例がある。([[:Category:警察官が殉職した事件・事故]]も参照)
 
=== 2000年以前 ===
 
*[[日本の鉄道事故 (1949年以前)#大阪駅清水太右衛門殉職事故|大阪駅清水太右衛門殉職事故]]
 
*[[塩狩峠#鉄道事故と小説『塩狩峠』|塩狩峠での列車暴走事故]]
 
*[[吉良平治郎|郵便物逓送途中吹雪による殉職事故]]
 
*[[関東大震災]]
 
*[[真岡郵便電信局事件]]
 
*[[神奈川税務署員殉職事件]]
 
*[[打坂地蔵尊|乗客の命を救うために自己犠牲となった長崎バス車掌]]
 
*[[近鉄奈良線列車暴走追突事故]]
 
*[[明神礁|第五海洋丸遭難事故]]
 
*[[日本の鉄道事故 (1950年から1999年)#名鉄名古屋本線一ツ木駅衝突火災事故|名鉄名古屋本線一ツ木駅衝突火災事故]]
 
*[[品川勝島倉庫爆発火災]]
 
*[[呉市山林火災]]
 
*[[日本の鉄道事故 (1950年から1999年)#山陽線須磨駅ホーム転落事故|須磨駅ホーム転落事故]]
 
*[[酒田大火]]
 
*[[三菱銀行人質事件]]
 
*[[静岡駅前地下街爆発事故]]
 
*[[日本航空123便墜落事故]]
 
*[[赤報隊事件|朝日新聞阪神支局襲撃事件]]
 
*[[多摩市パチンコ店強盗殺人事件]]
 
*[[地下鉄サリン事件]]
 
*[[八王子スーパー強盗殺人事件]]
 
*[[全日空61便ハイジャック事件]]
 
*川崎信金猟銃強盗殺人事件
 
*[[鳴浜町パチンコ店員刺殺事件]]
 
*[[宇都宮宝石店放火殺人事件]]
 
*[[京福電気鉄道越前本線列車衝突事故#2000年12月17日の事故(松岡町・東古市駅付近:現永平寺町・志比堺-永平寺口間)|京福電気鉄道越前本線列車衝突事故]]
 
 
 
=== 2001年以降 ===
 
*[[武富士弘前支店強盗殺人・放火事件]]
 
*[[イラク日本人外交官射殺事件]]
 
*[[ドン・キホーテ放火事件]]
 
*[[寝屋川市立中央小学校|寝屋川市立中央小学校教員殺傷事件]]
 
*[[土佐くろしお鉄道宿毛駅衝突事故]]
 
*[[函館市タクシー運転手強盗殺人事件]]
 
*[[寝屋川市|寝屋川]]コンビニ強盗殺人事件
 
*[[ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件]]
 
*[[脱輪タイヤ衝突バス事故]]
 
*[[中央大学教授刺殺事件]]
 
*[[中央電視台電視文化センター火災]]
 
*石川県加賀市コンビニ強盗殺害事件
 
*[[東日本大震災]]
 
*[[佐柳島沖海保ヘリ墜落事故]]
 
*[[日本触媒#事故|日本触媒姫路製造所爆発事故]]
 
*[[平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害]]
 
*[[国道473号]][[原田橋]]崩落事故
 
 
 
== 賞恤金 ==
 
公務員が殉職した場合(および負傷した場合)で特に功績が認められたときには、[[賞恤金]](しょうじゅつきん)が送られることがある。
 
 
 
== 脚注 ==
 
{{Reflist}}
 
 
 
== 関連項目 ==
 
* [[戦死]]
 
* [[戦病死]]
 
* [[法務死]]
 
* [[軍神]]
 
* [[労働災害]]
 
* [[公務災害]]
 
* [[殉死]]
 
* [[殉教]]
 
* [[自己犠牲]]
 
* [[打坂地蔵尊]]
 
* 増田神社 (唐津市) - 殉職した警察官を祀る神社
 
 
 
{{葬制}}
 
{{就業}}
 
  
 +
職責を果たそうとして命を失うこと。
  
 +
{{テンプレート:20180815sk}}
 
{{デフォルトソート:しゆんしよく}}
 
{{デフォルトソート:しゆんしよく}}
 
[[Category:死因]]
 
[[Category:死因]]

2018/10/4/ (木) 23:38時点における最新版

殉職(じゅんしょく)

職責を果たそうとして命を失うこと。



楽天市場検索: