actions

正義論

2018/8/19/ (日) 18:16時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

正義論(せいぎろん)

  1. アメリカの哲学者ジョン・ロールズの著作、『正義論』(原題:A Theory of Justice)。
  2. 1に端を発する同名の規範政治理論の研究分野の一つ。社会正義英語:social justice)。
  3. 法哲学 における最古の問題領域の一つ。以下に記述。

正義論(せいぎろん)は、法哲学における最古の問題領域の一つである。

論じられる項目は次のとおり。

  1. どのような行為が既存のルールに照らして「正しい」のか。
  2. どのようなルールが「(ありうべき)正しさの規準」に照らして「正しい」のか。
  3. そもそも 「正しさの規準」 というものは存在するのかどうか、もし存在するのであれば一体どのようなものなのかという規準。

一般に、法価値論を含む広義の倫理学は、規範的部門と分析的部門とを区別する。正義論をめぐっても同様に規範的法価値論メタ法価値論(分析的法価値論)という二つの分野を区別することが可能である。おもに前述の 1. と 2. のレベルが規範的法価値論の対象となり、3. のレベルがメタ法価値論の対象となる。