actions

樋口一葉

2018/9/29/ (土) 22:18時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
樋口一葉.jpg


樋口 一葉(ひぐち いちよう、1872年5月2日明治5年3月25日)- 1896年(明治29年)11月23日

小説家,歌人。本名,奈津。夏子とも書いた。小学校中退。 1886年歌人中島歌子の門に入ったが,小説家を志し 91年半井 (なからい) 桃水に師事,幸田露伴らの影響下に『うもれ木』 (1892) を書いた。その後,『ゆく雲』 (95) を経て『にごりえ』や『十三夜』 (95) により作家として開眼,『たけくらべ』の成功によって女流文壇の第一人者と目されたが,夭折した。ほかに『大つごもり』 (94) ,『われから』 (96) ,『うらむらさき』 (96) ,『一葉日記』 (1912) がある。

脚注



楽天市場検索: