actions

承久の乱

2018/12/29/ (土) 12:19時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (内容を「 '''承久の乱'''(じょうきゅうのらん) 承久3 (1221) 年5月朝廷方が,後鳥羽上皇を中心に,皇権回復を目的として討幕の兵をあ...」で置換)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

承久の乱(じょうきゅうのらん)

承久3 (1221) 年5月朝廷方が,後鳥羽上皇を中心に,皇権回復を目的として討幕の兵をあげ,鎌倉幕府軍に鎮圧された事件。鎌倉幕府が成立し,着々とその基礎が確立していくのに対し,京都の公家の間では根強い反幕府の動きが残っていたが,北条氏が幕府内で実権を握り,朝廷で後鳥羽上皇の院政が始ると,両政権の対立が次第に表面化した。京都では,親幕派の九条兼実一派が宮廷から追放され,古代権力回復を画策する土御門通親一派が実権を握り,通親の死後はこの方針が後鳥羽上皇によって継承された。一方鎌倉では源実朝の死後,源家将軍が絶え,京都から藤原頼経を将軍に迎えたが,この期をとらえた院側は承久3年5月 15日京都守護伊賀光季を攻めて自殺させ,北条義時追討の宣旨を発した。院側の主力となったのは北面の武士や在京武士,社寺の僧兵などであった。これに対し幕府はただちに反撃を決意し,北条泰時,時房を大将として総勢 19万で京都を攻めた。戦いは幕府軍の圧倒的な勝利に終り,乱の中心人物である後鳥羽上皇は隠岐に,土御門上皇は土佐に,順徳天皇は佐渡に流され,院側に味方した御家人も厳罰に処され,後鳥羽上皇以下の所領三千余ヵ所は没収されて新補地頭が補任された。また京都の動静を監視し,西国を統制する目的で六波羅探題が設置された。この乱の敗北によって公家政権は全面的に後退し,武家勢力が全国に及ぶことになり,特に北条氏一門を中心とする執権政治が展開されることとなった。



楽天市場検索: