actions

成田国際空港

The night view of Tokyo Narita Airport Terminal 1.jpg


成田国際空港(なりたこくさいくうこう、: Narita International Airport

千葉県成田市三里塚を中心とする地域に建設された国際空港

2008年の空港法で定められた拠点空港の会社管理空港で,旧第1種空港にあたる。東京国際空港(羽田空港)の発着容量が限界に達したため第2空港が必要となり,1966年新東京国際空港公団が発足して建設に着手した。しかし建設に反対する地元農民,学生,労働者の激しい抵抗や,燃料輸送ルートにあたる市町村の反対を受けたために当初の予定が遅れ,1978年5月20日,長さ 4000mの A滑走路 1本で部分開港した。東京国際空港の約 2.5倍,10.84km2の広さがある。2002年には長さ 2180mの B滑走路が暫定並行滑走路として供用を開始した。本来は 2500mの計画で,反対運動のため短縮され,2009年に 2500m化が実現した。3200mの横風用 C滑走路の建設計画もある。また旅客ターミナルその他の施設についても増築や改修工事が行なわれた。新東京国際空港公団は 2004年,成田国際空港株式会社となった。東京都心との距離は約 66kmで,その間を高速自動車道,鉄道(京成電鉄,東日本旅客鉄道)が結んでいる。


関連項目

外部リンク



楽天市場検索: