actions

川崎小虎

2018/8/26/ (日) 16:02時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

川﨑 小虎(かわさき しょうこ、1886年明治19年)5月8日 - 1977年昭和52年)1月29日)は、日本画家岐阜市生まれ[1]

祖父の川﨑千虎大和絵を学び、祖父没後は、千虎門下の小堀鞆音に師事した[1]

初期には大和絵を基調とした叙情的な作品を描いたが、次第に人間的な色合いの濃い作風へと変わり、晩年は身近な自然や動物などの素朴な主題を描く。1944年(昭和19年)から山梨県中巨摩郡落合村(現南アルプス市)に疎開。戦前・戦後を通じ文展帝展日展で活躍した。

小虎の長女「すみ」は、日本画家東山魁夷の妻。また、息子川﨑鈴彦川﨑春彦、孫川﨑麻児も日展などで活躍する日本画家である。

経歴

脚注

  1. 1.0 1.1 川崎小虎 東京文化財研究所 2018年7月13日閲覧。

関連項目