actions

安田講堂

2018/8/10/ (金) 07:55時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
東京大学大講堂
情報
旧名称 東京帝国大学大講堂
用途 講堂
設計者 内田祥三岸田日出刀
施工 清水組(現清水建設
延床面積 6,990 平方メートル(8,360 平方ヤード、2,115 ) m²
階数 地下1階、地上7階
高さ 39.7 メートル(130 フィート 3 インチ)
着工 1921年大正10年)
竣工 1925年(大正14年)7月6日
改築 1988年昭和63年) - 1994年平成6年)、2012年(平成24年) - 2014年(平成26年)
所在地 東京都文京区本郷7丁目3−1
座標 東経139度45分43秒北緯35.71333度 東経139.76194度35.71333; 139.76194
文化財指定 登録有形文化財[1]
指定日 1996年12月20日登録[1]
テンプレートを表示

安田講堂(やすだこうどう)は、東京大学本郷キャンパスにある講堂である。正式には東京大学大講堂(とうきょうだいがくだいこうどう)というが、東大の学内では「安田講堂」が用いられる。収容人数は、1,144席(3階席・728席 / 4階席・416席)。

沿革

安田財閥の創始者・安田善次郎の、匿名を条件での寄付により建設されたが、安田の死後に寄付を行っていたことが知られるようになったことで安田を偲び、一般に安田講堂と呼ばれるようになる。東京大学建築学科建築家内田祥三(のちの総長)が基本設計を行い、弟子の岸田日出刀が担当した。意匠及び構造については、伊東忠太佐野利器に協議員を依嘱、建築設計の大綱に参画・協議。壁面、音響などについては、姉崎正治瀧精一、坂静雄らが協議員として加わった[2]。設計した内田祥三はケンブリッジ大学の門塔に着想を得たようだが、力感漲るデザインは独特である[3]1921年大正10年)に起工関東大震災による工事中断を経て1925年(大正14年)7月6日竣工した(起工は1922年(大正11年)12月とされることもある[4][5])。震災後に建てられた学内の建築が茶色のスクラッチタイルで統一されているのに対し、本講堂が理学部旧1号館と同じ赤レンガなのはこのためである。

1968年昭和43年)の東大紛争では、全学共闘会議によって占拠され、最終的には機動隊により強制排除された(東大安田講堂事件)。その後長期にわたり大講堂は荒廃状態のまま閉鎖されていたが(事務室は順次「学生部」等として使われるなどしていた)、富士銀行をはじめとする旧安田財閥ゆかりの企業の寄付もあり1988年(昭和63年)から1994年平成6年)に改修工事が行われ再度供用されている。

1990年の大改修を機に、東大の届出学生団体等による演奏会などにも使用できるようになった[6]

1991年より卒業式・学位記授与式が再び安田講堂で行われるようになったが、収容人員の関係から対象者全員を一度に収容することができず、現在は文系学部・理系学部で時間帯を分けて開催している。また、父母等については近隣の施設(御殿下記念館等)でライブ中継を見る形になる。 2013年度から2014年度にかけて、耐震補強を含めた全面改修が行われたため、2012年度からは有明コロシアム卒業式・学位記授与式が行われていたが、改修完了によって2014年度の学位記授与式(2015年3月24日)・卒業式(2015年3月25日)は安田講堂で行われた。

1996年12月20日に国の登録有形文化財に登録された。[7][8]

施設

正門を入って銀杏並木を軸線にした正面に位置し、東大のシンボルとなっている。

3階と4階の大講堂の他、多くの事務室があり東大紛争以前は大学の本部事務棟として使用され総長室もこの建物にあった。正面と背面は地盤の高低差があり、正面玄関は建物の3階に当たる。現在では、1階部分の北側に学生課、南側に保健センターがある。

紛争後の安田講堂

東大安田講堂事件における講堂上部での占拠および機動隊との衝突により、講堂内部は投石の痕や落書きなどが残っていた。その後改修前までは完全に廃墟になっていたわけではなく、一部施設が残存していた。大講堂前の広場には中庭が造られ、地下には大学生協が運営する食堂が設置された。以前のように集会を開いて練り歩くことのできない場所となっている。

画像

側面から見た安田講堂  
理学部一号館より。裏側はドーム状になっている。  
入口脇  
入口前の原っぱ  
入り口内側から見た眺め。正門から続くイチョウ並木  
入り口の上に飾られているステンドグラス  
廊下  
廊下  
大講堂  
大講堂  
大講堂。4階席からの眺め  
椅子  

脚注

  1. 1.0 1.1 平成8年12月26日文部省告示第211号
  2. 「東京帝国大学大講堂建築工事概要」
  3. 東京大学ホームページ
  4. 第2章 プロジェクト「安田講堂展示設計」 2011年7月10日閲覧
  5. 東京大学本郷キャンパスの歴史と建築 2011年7月10日閲覧
  6. 東京大学 キャンパスライフ 講堂・会館・集会施設
  7. 平成8年12月26日文部省告示第211号
  8. 一部資料に安田講堂を「登録有形文化財第1号」とするが、1996年12月20日付の登録物件は全部で118件あり、安田講堂のみを「第1号」とするのは適切でない。(参照:崎谷康文「文化財建造物の保護と登録制度」『月刊文化財』492、第一法規、2004、p.7)

参考文献

関連項目

外部リンク