actions

大台町

大台町(おおだいちょう)

三重県中部,宮川中・上流域を占める町。 1956年三瀬谷町と川添村が合体して発足。 2006年宮川村と合体。町名は宮川源流のある大台ヶ原山にちなむ。町域の大部分が山林で,古くから宮川を利用した木材の集散地。 JR紀勢本線三瀬谷駅周辺に木材市場,製材所が集中。シイタケや大台茶を産する。宮川用水堰,三瀬谷ダム,宮川ダムがある。宮川ダムから上流は大杉谷 (国の天然記念物) が続き,吉野熊野国立公園に属する。中部から西部一帯は奥伊勢宮川峡県立自然公園に属し,国の特別天然記念物のニホンカモシカが生息する。熊野街道に沿って紀勢本線が通る。面積 362.86km2。人口 9557(2015)。