actions

国道224号

2018/8/9/ (木) 09:11時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)


国道224号(こくどう224ごう)は、鹿児島県垂水市から同県鹿児島市桜島地域を経て同県鹿児島市に至る一般国道である。通称「溶岩道路」。

概要

桜島南東に位置する桜島口より同島の南側を通過し、桜島港より対岸の薩摩半島(鹿児島市街)へは桜島フェリーで連絡する。薩摩半島側は全線が鹿児島市から種子島奄美大島を経て那覇市に至る国道58号との重用区間となっており、鹿児島市山下町で終点となる。なお、桜島の北側を通る路線は主要地方道鹿児島県道26号桜島港黒神線である。

路線データ

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史

  • 1953年昭和28年)5月18日
    • 二級国道224号桜島鹿児島線(鹿児島県肝属郡垂水町[注釈 4] - 鹿児島市)として指定施行[4]。起点の垂水町は、道路法第6条(二級国道の路線の指定要件)第3号の「建設大臣が指定する国際観光上重要な地」として建設省告示で指定された場所である。
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    • 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道224号(垂水市 - 鹿児島市)として指定施行[5]

路線状況

重複区間

  • 国道58号(鹿児島市泉町17番の8 - 同市山下町4番の1)

道路施設

道の駅

地理

通過する自治体

交差する道路

脚注

注釈

  1. 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. 2004年11月1日に鹿児島市へ編入。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 2015年4月1日現在
  4. 1955年1月10日に肝属郡垂水町ほか2村が合併して垂水市発足。

出典

  1. 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2013閲覧.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 12. . 2017閲覧.
  3. 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. . 2013閲覧.
  4. ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)

関連項目

外部リンク