actions

双心四角形

2018/8/19/ (日) 17:34時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

双心四角形(そうしんしかっけい、Bicentric Quadrilateral)とは外接円内接円の両方をもつ四角形のことである。双心多角形English版の一種。

面積の公式

4辺が a, b, c, d である双心四角形 ABCD の面積は次の公式で表される。

S = √abcd

より一般に、内接円を持つ四角形 ABCD の面積は、[math]t=\frac{A+C}{2}[/math] とおくと次で与えられる。

S = √abcd sin t

双心四角形に対する公式は、t = π/2 という特殊な場合である。

証明

双心四角形ABCD において、外接円を持つことからブラーマグプタの公式が使えて、次の式が成り立つ。

S = √(sa)(sb)(sc)(sd)
ただし [math]s=\frac{a+b+c+d}{2}[/math]

内接円を持つ四角形の対辺の和は等しいので

a + c = b + d = s

したがって

sa = c
sc = a
sb = d
sd = b

ゆえに

S = √abcd

(証終)

外接円を持つとは限らない一般の場合の公式は、ブレートシュナイダーの公式を用いて同様に示せる。

外接円と内接円の関係

外接円の半径を R、内接円の半径を r、外接円の中心と内接円の中心の距離を d としたとき、

2r2(R2 + d2) = (R2d2)2

が成り立つ。

関連項目

外部リンク

Weisstein, Eric W. “Bicentric Quadrilateral”. MathWorld(英語). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。


テンプレート:Elementary-geometry-stub