actions

「北國新聞」の版間の差分

(1版 をインポートしました)
(内容を「 '''北國新聞'''(ほっこくしんぶん) 株式会社北國新聞社が販売する新聞。主な販売地域は石川県。朝刊、夕刊を発行。1893年...」で置換)
(タグ: Replaced)
 
1行目: 1行目:
{{基礎情報 新聞
 
| 名称        = 北國新聞
 
| 画像        =
 
| 説明        =
 
| タイプ      = 日刊紙
 
| サイズ      = ブランケット版
 
| 事業者      = 北國新聞社
 
| 本社        = [[石川県]][[金沢市]][[南町 (金沢市)|南町]]2番1号
 
| 代表者      = 会長 [[飛田秀一]]
 
社長 [[温井伸]]
 
| 編集者      =
 
| 創刊        = [[1893年]][[8月5日]]
 
| 廃刊        =
 
| 前身        = 北國新聞、北國毎日新聞
 
| 1部        = 130円(朝刊)50円(夕刊)
 
| 月極        = 4,037円(朝夕刊セット/税込)
 
| 言語        = 日本語
 
| 発行数      = (朝刊)34万6880部<br/>(夕刊)5万5484部<br/>(2018年5月、[[日本ABC協会]]調べ<ref name="shinnbunnjouhou">{{Cite news |url=|title=18年5月ABC部数 |newspaper=新聞情報 |date=2018-06-16 }}</ref>)<ref>[[富山新聞]]発行数を含む</ref>
 
| 公式サイト  = http://www.hokkoku.co.jp/
 
| 社名        = 株式会社北國新聞社
 
| 英文社名    = THE HOKKOKU SHIMBUN
 
| 国籍        = {{JPN}}
 
| 郵便番号    = 〒920-8588
 
| 本社所在地  = [[石川県]][[金沢市]][[南町 (金沢市)|南町]]2番1号
 
| 電話番号    = (076)-263-2111(番号案内)
 
| 事業内容    = 新聞・雑誌・書籍の発行
 
| 設立        = [[1893年]][[8月5日]]
 
| 資本金      = 4億9800万円<br />([[2010年]]12月時点)
 
| 売上高      = 239億2900万円<br />(2010年12月期)
 
| 総資産      = 358億9000万円<br />(2010年12月期)
 
| 従業員数    = 550人(2011年6月1日時点)
 
| 決算期      = 12月
 
| 主要株主    =
 
| 主要子会社  = [[ショセキ]]<br/>ほっこく観光<br/>[[金沢ケーブルテレビネット]]
 
| 関係する人物= [[赤羽萬次郎]]
 
| 外部リンク  = http://www.hokkoku.co.jp/
 
| 特記事項    =
 
}}
 
[[ファイル:Hokkoku Shinbun Kaikan.JPG|thumb|right|200px|北國新聞社の本社ビル「北國新聞会館」]]
 
  
'''北國新聞'''(ほっこくしんぶん)は、[[石川県]][[金沢市]]に本社を置く'''株式会社北國新聞社'''が発行する[[地方紙]]である。
+
'''北國新聞'''(ほっこくしんぶん)
 
 
== 概要 ==
 
{{出典の明記|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)|section=1}}
 
[[朝刊|朝]][[夕刊]]ともに発行しており、全国ニュースは[[共同通信社]]から記事の供給を受けている{{要出典|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)}}。
 
 
 
[[2003年]][[11月]]の発行部数は、[[富山新聞]]を含め朝刊約338,000部、夕刊93,000部{{要出典|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)}}。富山県内での富山新聞のシェアは地元紙の[[北日本新聞]]などに押されて1割程度に留まっている{{要出典|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)}}。
 
 
 
== 特色 ==
 
{{出典の明記|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)|section=1}}
 
関連・友好法人などとして、[[富山新聞]]([[富山市]]){{Refnest|なお、石川県内では富山新聞の主催イベント・出版物の広告では「北國新聞富山本社」<ref>[http://mitearuki.sakura.ne.jp/sinbun-kuradasi/zakkichou/toyamanosinbun/no3.html 富山の新聞事情]</ref>と表記している}}、[[テレビ金沢]]、[[金沢ケーブルテレビネット]]([[ケーブルテレビ]])、[[ネスク]]([[インターネットプロバイダ]])、[[エフエム石川]](FMラジオ局)、[[ラジオかなざわ]]、[[ラジオななお]]、[[ラジオこまつ]]、[[ラジオたかおか]]([[コミュニティ放送|コミュニティFM局]])の各種系列メディアを持つ(ただし、エフエム石川は[[中日新聞社]]〔[[北陸中日新聞]]〕も同比率で出資している)。[[2005年]]以降は、社主・嵯峨家の追放からテレビ金沢開局などの経緯で希薄となっていた[[北陸放送]]との関係を取り戻している([[2007年]]より、当社社長(現・会長)・主筆の[[飛田秀一]]が取締役に就任){{要出典|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)}}。ほかに、[[金沢学院大学]]など系列教育機関や、白山レイクハイランド、白山尾口運営企画といったレジャー関連団体も持つ{{要出典|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)}}。
 
 
 
2014年の[[日本共産党]]の調査で[[集団的自衛権]]について地方紙43紙のうち肯定的主張を展開している3紙<ref>福島民友新聞、北國新聞、[[富山新聞]]</ref>の一つである<ref>『しんぶん赤旗』「集団的自衛権「閣議決定」「歴史の審判に堪えられぬ」地方紙40紙 反対」(2014.7.4)</ref>。
 
 
 
== 事業所 ==
 
[[ファイル:Toyama Shimbun.jpg|200px|right|thumb|富山本社]]
 
=== 本社 ===
 
; 本社
 
* 石川県[[金沢市]][[南町 (金沢市)|南町]]2番1号('''北國新聞会館'''、郵便番号920-8588)
 
 
 
; [[富山新聞|富山本社]]
 
* [[富山県]][[富山市]]大手町5番1号(郵便番号930-8520)
 
 
 
; 白山別館(印刷工場)
 
* 石川県[[白山市]]松本町2056番地
 
 
 
=== 支社・支局 ===
 
; 支社
 
* 白山支社:石川県白山市若宮2丁目92番地
 
* 小松支社:石川県[[小松市]]園町ホ91番地1
 
* 加賀支社:石川県[[加賀市]]大聖寺南町ホ6番地5
 
* 七尾支社:石川県[[七尾市]]生駒町2番地
 
* 福井支社:[[福井県]][[福井市]]中央一丁目3番1号 加藤ビル
 
* 東京支社:[[東京都]][[中央区 (東京都)|中央区]][[築地]]六丁目4番8号
 
* 大阪支社:[[大阪府]][[大阪市]][[福島区]]福島一丁目4番40号
 
 
 
; 総局
 
: すべて石川県内。
 
: 能美([[能美市]])、津幡([[津幡町]])、羽咋([[羽咋市]])、輪島([[輪島市]])
 
 
 
; 支局
 
: ロサンゼルス支局以外はすべて石川県内。
 
: 野々市([[野々市市]])、鶴来(白山市)、山中(加賀市)、内灘([[内灘町]])、かほく([[かほく市]])、宝達志水([[宝達志水町]])、志賀([[志賀町]])、富来(同)、中能登([[中能登町]])、中島([[七尾市]])、穴水([[穴水町]])、能登([[能登町]])、門前(輪島市)、珠洲([[珠洲市]])、[[ロサンゼルス]]
 
 
 
== 沿革 ==
 
=== 社史 ===
 
* [[1893年]][[8月5日]] - 創刊
 
:: 創設者は[[赤羽萬次郎]]。'''「公平を性とし、誠実を体とし、正理を経とし、公益を緯とす。北國新聞は超然として、党派外に卓立す」'''を創刊理念とする。
 
* [[1923年]][[5月1日]] - [[富山新聞]]の前身である『越中新聞』を、[[富山県]][[高岡市]]で創刊(当初は『中越付録』と言った)<ref name="472p">富山大百科事典 下巻(1994年8月1日、北日本新聞社発行)472ページ</ref>
 
* [[1939年]] - 戦時中の新聞統合の流れに乗り『金沢新報』を合併
 
* [[1940年]] - 『北陸毎日新聞』を合併し、題字を7月1日付で『北國毎日新聞』に改める
 
:: このあと引き続き『北國夕刊』『北國日報』を合併
 
* [[1946年]] - [[1月23日]]を以て、新聞本文の[[縦書きと横書き|横書き]]が1行1文字の縦書きから左横書きへ切り替えられる<ref>前日の1月22日朝刊までは1行1文字の縦書きとなっていた。</ref>。同年[[3月11日]]、『越中新聞』を『富山新聞』として復刊<ref name="472p" />
 
* [[1950年]] - 題字を『北國新聞』に戻す
 
* [[1954年]] - 富山新聞社を正式に合併<ref name="472p" />
 
* [[1957年]] - 金沢市南町に地上3階・地下1階建ての旧社屋完成
 
:: この旧社屋には『北国講堂』という収容人員500名足らずの小ホールが併設されていて、社内行事の他、講演会・音楽発表会、演劇などのイベントにも利用された(1988年閉鎖)。また、北陸放送の本社が金沢市[[本多町 (金沢市)|本多町]]に移転するまでは旧社屋内に設置されていた。
 
* [[1970年]] - 紙面キャンペーン『北陸の道を無雪に』で[[日本新聞協会]]賞を受賞
 
* [[1979年]] - コンピューターによる新聞紙面制作を導入
 
* [[1981年]] - 「'''ヘリオス'''」を導入。国産初の全ページ[[電算写植]]化を果たす。
 
:: 「ヘリオス=HELIOS」は、Hokkoku Editing Layout Improvement Original System(北國新聞の新機軸による進歩した編集レイアウトシステム)の頭文字をとり、[[ギリシャ神話]]の太陽神[[ヘーリオス]]の名になぞらえたもの。1984年、日本新聞協会賞を受賞。
 
* [[1986年]] - 『北國がん基金』の運動を提唱、紙面キャンペーン『いのち見つめて』の連載スタート
 
:: 『いのち見つめて』は[[1990年]]、アップジョン医学賞を受賞。
 
* [[1991年]] - 金沢市[[香林坊]](現在地、2008年に[[旧町名復活運動|旧町名復活]]で「[[南町 (金沢市)|南町]]」に町名変更)に地上21階・地下3階建ての新社屋が完成。
 
:: 『21階』という数は「[[21世紀]]へ羽ばたく北國新聞社」との意味合いがある。近隣のビルよりも抜きん出て高いうえに、兼六園や長町武家屋敷などの観光地にも近く「[[城下町]]の[[景観]]を損ねる」として論争となった。
 
* [[1996年]] - [[石川県]]松任市(現[[白山市]])に、完全コンピューター制御による最先端のシステムを導入した印刷工場・松任別館が完成
 
:: 2002年には業界初の[[朝刊]]最大48ページ、24個面のカラー印刷体制を整えた。
 
* [[2003年]] - 石川県根上町(現:[[能美市]])出身の[[松井秀喜]]が[[ニューヨーク・ヤンキース]]に入団したため、[[ニューヨーク]]支局を開設。地方紙としては異例である。
 
* [[2008年]] - 本社社屋横に多目的ホール「[[北國新聞赤羽ホール]]」開館
 
* [[2010年]] - ニューヨーク支局を閉鎖、ロサンゼルス支局を開設<ref>[https://sec.hokkoku.co.jp/saiyou/info.html#panel3 北國新聞会社概要-沿革](2018年2月28日閲覧)</ref>
 
* [[2016年]] - [[2017年]]秋からの開始をめどに、[[中日新聞北陸本社]]発行新聞(富山県向け[[北陸中日新聞]]朝刊と、[[中日スポーツ]]の富山・石川県向け新聞)の印刷受託を開始予定。<ref>[http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016072890193711.html 北陸中日の一部、北国新聞で印刷 来秋目標に委託](中日新聞2016年7月28日 7月31日閲覧)</ref>
 
 
 
 
 
==== 歴代社長 ====
 
{{出典の明記|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)|section=1}}
 
# [[赤羽萬次郎]](1893 - 1898)
 
# 林政文(1898 - 1899) - 赤羽萬次郎の実弟。汽船で旅行中遭難し行方不明に
 
# 林政通(1899 - 1921) - 政文の養父。
 
# 林政武(1921 - 1943) - 政通の長男。
 
# 嵯峨保二(1943 - 1959) - 政通の右腕だった嵯峨七平の養子。[[金沢工業大学]]学園(旧・北国学園)初代理事長。
 
# 嵯峨喬(1959 - 1963) - 保二の長男。[[北陸放送]]元社長の[[嵯峨逸平]]は実弟。
 
# 宮下与吉(1963 - 1981) - 1907年に11歳で入社し、以来長らく社の中枢で働いた。1960年会長職につくも、喬の急死により社長に。社長引退後は代表取締役顧問。
 
# 宮下明(1981 - 1987)
 
# 岡田尚壮(1987 - 1991) - 参議院議員[[岡田直樹]]の実父。
 
# [[飛田秀一]](1991 - 2012) - 21年間社長を務めたが、[[2012年]][[2月29日]]付で代表取締役会長に就任した<ref>[http://www.pressnet.or.jp/news/headline/120229_1963.html 北國新聞社 社長に髙澤基氏] - [[日本新聞協会]] 2012年2月29日</ref>。
 
# 高澤基(2012 - 2016) - 2012年2月29日付で代表取締役社長に就任。
 
# [[温井伸]](2016 - ) - 2016年4月1日付で代表取締役社長に就任。
 
 
 
==== 題字の変遷 ====
 
{{出典の明記|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)|section=1}}
 
『北國毎日』時代を除き、『ほっこく新聞』と名乗り続けているが、この『ほっこく』の題字は、時代により変遷をくり返してきた。
 
 
 
創刊期から『北國毎日』になるまでは、横に長いデザインの文字で『'''北國'''新聞』と表記されていた。
 
題字を戻した1950年以降少なくとも[[1953年]]までは、『'''北国'''新聞』と[[行書]]風な書体で書かれた新字体の題字を採用していた。紙面の上部に表示されるタイトルも、52~53年の2年間に限り『'''The Hokkoku Shimbun'''』と英語表記であった。
 
 
 
それ以降は『'''北國'''新聞』と新聞書体風の文字で表記された。
 
 
 
[[1980年]]~1990年までは『'''北国'''新聞』と新字体で表記された(新字体表記となった際に、新の字の偏も'''“立+未”'''から'''“立+木”'''に変更された)。
 
 
 
1950年から1990年までは、題字の下に表記される発行社名や、本文中に登場する社名も『'''北国'''新聞社』と表記していた。
 
 
 
[[1991年]]以来、題字も本文中の表記も『'''北國'''新聞』と旧字体に統一され、現在に至っている。『北國新聞社』の『社』も、この年からは旧字体(示+土)で表記している。
 
 
 
=== 事業部門 ===
 
{{出典の明記|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)|section=1}}
 
* [[1966年]] - 北國新聞文化センター設立
 
:: 当初は[[北陸放送]]と提携し『北国文化センター』と言った。
 
:: 場所は旧北陸放送社屋から千代田生命ビル、現北國新聞会館へと移動した。
 
 
 
=== 出版部門 ===
 
* [[1945年]] - 月間総合誌『北國文華』創刊
 
:: 当初は『文華』で発刊。[[1953年]]に82号で終刊。
 
* [[1989年]] - 総合月刊誌『[[月刊北國アクタス]]』創刊
 
* [[1998年]] - 『北國文華』を復刊
 
:: 当初は年2回発行、[[2001年]]の第7号より季刊となり現在に至る
 
 
 
== その他 ==
 
{{出典の明記|date=2018年1月29日 (月) 16:55 (UTC)|section=1}}
 
2007年より[[日本中央競馬会|中央競馬]]において冠レース「北國新聞杯」が新設される。地方競馬では[[金沢競馬場]]で[[重賞]]・[[北國王冠]]を実施しているが、[[中央競馬]]では初めて。第1回が行われる2007年[[11月25日]]の北國新聞には、レースの開催が[[京都競馬場]]のカラー写真とともに1面に掲載されている。また、中央競馬の重賞レース開催日には出馬表がスポーツ面に掲載される(GI開催日には前日発売のオッズ表も掲載)。
 
 
 
印刷工場では[[日本経済新聞]]、[[聖教新聞]]など外部からの印刷受注も行っている(詳細は[[ショセキ]]の項を参照)。
 
 
 
[[フランス共和国|フランス]]・[[ナンシー]]市に本社を置く[[レスト・レピュブリカン]]社、[[中華人民共和国|中国]]・[[蘇州市|蘇州]]市の[[蘇州日報]]社、[[ブラジル連邦共和国|ブラジル]]・[[サンパウロ]]市の[[ニッケイ新聞|ニッケイ新聞社]]と姉妹紙提携し、記事や記者の交換を通じて交流を図っているほか、[[ロシア]]国営の[[イタル・タス通信]]社([[モスクワ]]市)と報道協定を結んでいる。
 
 
 
[[将棋]]の[[棋王戦 (将棋)|棋王戦]]の主催紙の一つであり、特に五番勝負では第2局の担当社に固定されている。以前は金沢市内のホテルなどで対局を実施していたが、2009年からは北國新聞会館が使われるようになった<ref>[https://shogipenclublog.com/blog/2010/02/27/ 棋王戦第2局対局場「北國新聞会館」] - 将棋ペンクラブログ・2010年2月27日</ref>。
 
 
 
== 主な紙面構成 ==
 
* 北陸経済面 - 石川・富山両県の経済動向。紙面は富山新聞とも共有している。
 
* 県内総合面
 
* 地域面
 
** 金沢圏 - [[金沢市]]・[[野々市市]]・[[津幡町]]・[[かほく市]]・[[内灘町]]
 
** 石川南 - [[小松市]]・[[加賀市]]・[[白山市]]・[[能美市]]・[[川北町]]
 
** 石川北 - [[七尾市]]・[[輪島市]]・[[珠洲市]]・[[羽咋市]]・[[宝達志水町]]・[[志賀町]]・[[中能登町]]・[[穴水町]]・[[能登町]]
 
 
 
=== 主な連載 ===
 
{{雑多な内容の箇条書き|date=2010年8月|section=1}}<!-- 記載は特筆性がある連載のみでお願いします。作品集や連載の詳細な記述を行った場合は削除します -->
 
*「ラブラブクリニック」木下陸郎・金沢聖霊総合病院院長(月曜) - 産婦人科医の筆者が、自己の職務などの経験を交え、夫婦生活や恋愛にまつわる話題を連載。
 
*「脳を鍛える」田淵英一・富山短大教授(月曜) - いわゆる「脳トレ」のような問題が出題される。認知症関連の話題にも触れている。
 
* 教育一本勝負(木曜) - 読者から寄せられた、学齢期(特に中学〜青年期)の子を育てている上での悩みに[[金城大学]][[金城大学短期大学部|短期大学部]]教授の丹羽俊夫が回答する連載。
 
* うめめ日記(日曜) - [[能登町]](旧[[柳田村]])出身の[[梅佳代]]が撮影した自らの家族やペット、友人、村の人などを被写体にしたカラー写真と、その写真に対する筆者独特のコメントを掲載。
 
* ヒラリ君(毎日・4コマ漫画) - 作者は井田良彦。以前は全国各地の新聞で掲載されていたが、[[2000年]]4月から北國・富山新聞のみで単独連載。単独連載以後、登場キャラクターは[[金沢弁]]で話すようになった。
 
* ケロロ軍曹北陸大作戦(土曜・北國こども新聞にて連載) - [[ケロロ軍曹]]が石川・富山を舞台に騒動を巻き起こす内容。[[大槻朱留]]が作画を担当。
 
 
 
=== 過去の連載 ===
 
* ふるさと調査『2014年』(1面・[[2008年]]) - 香林坊博士とその部下たちというキャラクターがタイムマシーンを利用するなどして調査するという、[[北陸新幹線]]の2014年開業に関した内容。
 
* 珠姫の金沢は”城下町”じゃ(1面・[[2009年]]) - キャラクター化した[[珠姫]](『[[月刊北國アクタス]]』連載中の『おてんば珠姫さま!(大西巷一)』の主人公)を主人公に、金沢経済同友会が推奨する「金沢学」にまつわる内容を紹介する。
 
 
 
== テレビ・ラジオ欄 ==
 
[[金沢ケーブルテレビネット]]の筆頭株主であり、同局および[[加賀ケーブルテレビ]](金沢ケーブルテレビネットの[[連結子会社]])で「[[北國新聞ニュース|北國新聞ニュース24]]」を放送していることもあって、第2テレビ欄は見開き2ページのうち[[ケーブルテレビ]]・[[衛星放送|CS放送]]の[[番組表]]が半分以上を占めている。一方で、ラジオ局は自ら出資している[[コミュニティ放送|コミュニティFM]]局の掲載を優先し、石川県内の系列外コミュニティ放送局である[[えふえむ・エヌ・ワン]]および[[FMかほく]]の[[番組表]]は掲載していなかったが、2009年4月1日から掲載されることになった(なお、[[北陸中日新聞]]では北國新聞が掲載していなかった頃から前述の2局と[[ラジオかなざわ]]を一緒に地域版に掲載している)。また、石川県内で聴取可能な隣県のラジオ局の[[富山エフエム放送|FMとやま]]・[[福井エフエム放送|FM福井]]も現在は掲載していない(2002年末までは掲載していた。ただし、FMとやまでは月曜日から金曜日に『[[富山新聞ニュース]]』を放送している。詳細は『[[FMとやまニュース]]』参照)。なお、[[福井放送|FBCラジオ]]は2007年6月1日から4年5か月ぶりに掲載を再開した。
 
 
 
番組解説(地上波)は通常3番組で写真なしの解説。また、テレビのチャンネル表記は[[地上デジタルテレビ放送|地上デジタル放送]]開始以前は金沢本局と七尾のチャンネルを掲載していた。2011年7月23日までは[[リモコンキーID]]の番号と番号の下に「'''デジタル'''」の表記を記載(富山県および福井県の放送局も同様)。また、番組表内の文字表記においては[[ステレオ放送]]は丸印に「'''ス'''」と表記した(通常は「S」と表記する場合がほとんど)ほか、旧字・異体字を使用する人物の場合、旧字・異体字で表記する場合がある。
 
 
 
[[2011年]][[7月24日]]に実施した[[日本の地上デジタルテレビ放送|地上テレビ放送の完全デジタル化]]を見据えて、同年[[1月31日]]で[[Gコード]]の掲載を終了。同年7月24日に番組表を改訂し、チャンネル表記をデジタルチャンネルのみにした他、これまで中面で掲載していた北國新聞ニュース24を最終面に移動した(チャンネル番号は金沢ケーブルテレビネットと業務提携局で使用の9と表記)。
 
 
 
=== 最終面 ===
 
; フルサイズ掲載
 
[[日本放送協会|NHK]]は[[NHK金沢放送局]]の番組。
 
* [[NHK総合テレビジョン|NHK総合テレビ]]
 
* NHK[[NHK教育テレビジョン|教育テレビ]]
 
* [[テレビ金沢]]
 
* [[北陸放送|MRO]]
 
* [[石川テレビ放送|石川テレビ]]
 
* [[北陸朝日放送|HAB]]
 
 
 
; 3分の1サイズ掲載
 
* [[NHK BS1]]
 
* [[NHK BSプレミアム]]
 
 
 
; 4分の1サイズ掲載
 
いずれも金沢ケーブルテレビネットのチャンネルである。
 
* [[北國新聞ニュース|北國新聞ニュース・プラス]]
 
* カルチャー・チャンネル
 
 
 
=== 第2テレビ・ラジオ欄 ===
 
ほぼ全番組が掲載されているものを記載する。
 
==== 左面 ====
 
; BSデジタルテレビ放送
 
 
 
<div style="float: left; vertical-align: top; white-space: nowrap; margin-right: 1em;">
 
 
 
* [[BS日本|BS日テレ]]
 
* [[ビーエス朝日|BS朝日]]
 
* [[BS-TBS]]
 
* [[BSジャパン]]
 
* [[BSフジ]]
 
* [[アニマックス|BSアニマックス]]
 
* [[J SPORTS]] 1
 
* J SPORTS 2
 
* J SPORTS 3
 
* J SPORTS 4
 
</div>
 
<div style="float: left; vertical-align: top; white-space: nowrap; margin-right: 1em;">
 
 
 
:* [[WOWOW]] プライム
 
:* [[スターチャンネル]]1
 
:* スターチャンネル2
 
:* スターチャンネル3
 
:* [[日本BS放送|BS11]]
 
:* [[ワールドハイビジョンチャンネル|TwellV]]
 
:* [[ビーエスFOX|FOX bs238]]
 
:* [[ディズニー・チャンネル]]
 
:* [[IMAGICA BS]]
 
:* [[日本映画専門チャンネル|BS日本映画専門チャンネル]]
 
 
 
</div>{{clear}}
 
{{clear}}
 
 
 
; ラジオ・FM放送
 
* [[エフエム石川]]
 
* [[ラジオかなざわ]]
 
* [[ラジオこまつ]]
 
* [[ラジオななお]]
 
 
 
* [[MROラジオ]]
 
* NHK金沢[[NHKラジオ第1放送|ラジオ第1]]
 
* NHK金沢[[NHKラジオ第2放送|ラジオ第2]]
 
* NHK金沢[[NHK-FM放送|FM]]
 
 
 
* [[えふえむ・エヌ・ワン]]
 
* [[FMかほく]]
 
* [[KNBラジオ]](「KNB放送」と表記していた時期がある<ref>北國新聞 2002年9月28日付朝刊30面より</ref>)
 
* [[FBC福井放送]](FBCと表記、夕刊は非掲載)
 
 
 
* [[日経ラジオ社|ラジオNIKKEI]]
 
 
 
; [[富山県|富山]]・[[福井県|福井]]のテレビ(夕刊は非掲載)
 
* [[チューリップテレビ]]
 
* [[北日本放送|KNBテレビ]]
 
* [[富山テレビ放送|BBTテレビ]]
 
* [[福井放送|FBCテレビ]](かつては『福井テレビ』と表記していた<ref>北國新聞 1967年9月1日付朝刊14面より</ref>が、後に開局した後述の福井テレビとの混同を避けるため、一時的な掲載の取り止めを経て、現在の名称となった。)
 
* [[福井テレビジョン放送|福井テレビ]]
 
 
 
==== 右面 ====
 
; CS放送(有料)
 
 
 
<div style="float: left; vertical-align: top; white-space: nowrap; margin-right: 1em;">
 
 
 
* [[フジテレビNEXT|フジテレビNEXT ライブ・プレミアム]]
 
* [[フジテレビONE|フジテレビONE スポーツ・バラエティ]]
 
* [[フジテレビTWO|フジテレビTWO ドラマ・アニメ]]
 
 
 
</div>
 
<div style="float: left; vertical-align: top; white-space: nowrap; margin-right: 1em;">
 
 
 
:* [[衛星劇場]]
 
:* [[クラシカ・ジャパン]]
 
:* [[東映チャンネル]]
 
 
 
</div>{{clear}}
 
; CS放送(基本)
 
 
 
<div style="float: left; vertical-align: top; white-space: nowrap; margin-right: 1em;">
 
 
 
* ときめきQ
 
* [[アニマルプラネット|動物チャンネル/アニマルプラネット]]
 
* [[AXN]]
 
* [[スーパー!ドラマTV]]
 
* [[ムービープラス]]
 
* [[ミステリチャンネル|AXNミステリー]]
 
* [[時代劇専門チャンネル]]
 
* [[ファミリー劇場]]
 
* [[チャンネルNECO]]
 
* [[ゴルフネットワーク]]
 
* [[日テレG+]]
 
</div>
 
<div style="float: left; vertical-align: top; white-space: nowrap; margin-right: 1em;">
 
 
 
:* [[スカイ・エー|スカイ・A sports+]]
 
:* [[GAORA]]
 
:* [[旅チャンネル]]
 
:* [[MONDO TV]]
 
:* [[キッズステーション]]
 
:* [[ディスカバリーチャンネル]]
 
:* [[ヒストリーチャンネル]]
 
:* [[チャンネル銀河]]
 
 
 
== 関連企業 ==
 
=== 関連法人 ===
 
* 財団法人 北國芸術振興財団
 
* [[公益法人]] 北國新聞健康保険組合
 
* 公益法人 北國新聞企業年金基金
 
* [[社会福祉法人]] 北國新聞厚生文化事業団
 
* 医療法人社団 飛祥会 - 北國クリニック(内科・消化器科・循環器科・呼吸器科・セカンドオピニオン外来)
 
* 財団法人 北國総合研究所
 
* 財団法人 北國新聞文化センター - 各種カルチャー教室のほか、主に中学生対象の「北國塾」や「石川県総合模試」も担当。
 
* 富山新聞文化センター
 
 
 
=== 子会社 ===
 
* 株式会社 北國新聞事業社 - 人材派遣業務、旅行業務、保険業務
 
* ほっこく観光株式会社
 
* 株式会社 北國リビング新聞社 - タウン情報誌「リビングかなざわ」発行
 
* 株式会社 一創 - 広告(主に、北國新聞の広告)代理店
 
* 株式会社 北國輸送センター
 
* 北國新聞販売株式会社
 
* 北國新聞南部販売株式会社
 
* 北國新聞小松販売株式会社
 
* 北國新聞河北販売株式会社
 
* 株式会社 北國新聞販売センター
 
* 富山新聞販売株式会社
 
* 北國土地建物株式会社
 
* 株式会社 [[ショセキ]] - 書籍印刷、商業印刷、事務印刷、受託印刷のほか、CD-ROM・DVDなどの作成
 
* 株式会社 [[ネスク]] - [[インターネットサービスプロバイダ|インターネットプロバイダ]]
 
* 株式会社 ケィ・シィ・エス - パーティー、イベント、会議などの企画・制作・運営など
 
* 株式会社 イー・システム - コンピュータソフトの開発販売など
 
* 白山ヘリポート株式会社 - ヘリコプター運行、管理業務
 
* 白馬グランドホテル
 
 
 
=== 友好法人 ===
 
* 財団法人 北國がん研究振興財団
 
* 社会福祉法人 希望が丘
 
* [[学校法人金沢学院大学]]
 
** [[金沢学院大学]]
 
** [[金沢学院短期大学]]
 
** [[金沢学院東高等学校]]
 
* 放送局
 
** 株式会社 [[テレビ金沢]]
 
** 株式会社 [[エフエム石川]]
 
* コミュニティFM局
 
** 株式会社 [[ラジオかなざわ]]
 
** 株式会社 [[ラジオななお]]
 
** 株式会社 [[ラジオこまつ]]
 
** 株式会社 [[ラジオたかおか]]
 
* ケーブルテレビ
 
** [[金沢ケーブルテレビネット]]株式会社
 
** [[加賀ケーブルテレビ]]株式会社
 
* 白山レイクハイランド株式会社
 
: [[白山瀬女高原スキー場]]
 
* 北陸観光開発株式会社
 
* 株式会社 金沢映像センター - 放送番組及びCMの企画・制作・販売、企業PR等の企画制作・販売、放送局への人材派遣業務
 
* 株式会社 北陸メディアセンター - TV番組・CM・記録ビデオ・デジタル映像などの制作、制作設備・機材レンタル
 
* 株式会社 双建
 
* 株式会社 ツーテック - 情報通信設備の設計・施行・メンテナンス、電気設備の設計・施行・メンテナンス
 
* 株式会社 白山尾口運営企画 - かんぽの宿白山尾口、および隣接するオートキャンプ場
 
* 片山津ゴルフ倶楽部 - 片山津ゴルフ場、山代山中ゴルフ場
 
* NPO法人 ジャパンテント・ネットワーク - 外国人留学生と石川県民との交流
 
 
 
=== その他 ===
 
関連法人や友好法人ではないが、関係のある企業。
 
* [[富山新聞]](株式会社 北國新聞社富山本社<ref>「富山新聞社(書籍の広告では富山新聞社金沢本社)」と表記されるが、独立した会社ではなく、富山県内においての呼称として使用されている</ref>) - 北國新聞が富山県で発行する新聞。
 
* [[北陸放送]]株式会社 - 2007年より飛田秀一が北陸放送の取締役に就任。現在、同社の筆頭株主である。
 
* [[石川テレビ放送]]株式会社 - 北陸中日新聞系列だが、北國新聞社も資本参加している。
 
* [[北陸朝日放送]]株式会社 - 朝日新聞系列だが、北國新聞社のCMが放送されており、イベントの共催もある。
 
* [[富山テレビ放送]]株式会社 - 北陸中日新聞系列だが、北國新聞社も天気予報の番組スポンサーとなる等若干関係がある。
 
* [[富山エフエム放送]]株式会社
 
* 株式会社[[チューリップテレビ]]
 
** 両社ともに北國新聞社が資本参加。また、富山新聞として、両局のローカルニュース配信に協力。
 
* [[日本経済新聞]]([[日本経済新聞社]]) - 関連会社「ショセキ」が北陸3県向け新聞を委託印刷。
 
 
 
== CM起用者 ==
 
* [[田中美里]]
 
* [[戸丸彰子]]・[[平見夕紀]](ともに元テレビ金沢アナウンサー) - 試し読みキャンペーン([[2017年]]度)
 
* [[浜辺美波]] - 試し読みキャンペーン([[2018年]]度)
 
 
 
== 関連項目 ==
 
* [[北國新聞赤羽ホール]] - 関連施設
 
* [[北國新聞ニュース]]
 
* [[富山新聞]]
 
* [[北陸中日新聞]](競合紙)
 
* [[47NEWS]] - 北國新聞社も参加しているニュースサイト
 
* [[列島情報「AREA21」|AREA21]] - [[日本経済新聞]]などの新聞社と共同参加で運営していたニュースサイト
 
* [[地域新聞マルチメディア・ネットワーク協議会]]
 
* [[大東亜聖戦大碑]]
 
* [[石川県立野球場]] - フェンス広告に掲載。
 
 
 
=== 関連人物 ===
 
* [[赤羽萬次郎]]
 
* [[奥田敬和]]
 
* [[飛田秀一]]
 
* [[森喜朗]]
 
* [[岡田直樹]]
 
 
 
=== イベント・映画製作 ===
 
; イベント
 
* [[JAPAN TENT]] - 北國新聞の一部のテレビコマーシャルで紹介されている。
 
* [[高等学校相撲金沢大会]]
 
* [[北國大花火川北大会]]
 
* [[金沢マラソン]]
 
; 映画製作
 
* [[パッテンライ!! 〜南の島の水ものがたり〜]] - [[八田與一]]の業績を描いたアニメ映画。
 
* [[能登の花ヨメ]] - [[田中美里]]主演の映画。過去の北國新聞のコマーシャルで一部使用されていた時期あり。
 
* [[さくら、さくら 〜サムライ化学者・高峰譲吉の生涯〜]] - [[加藤雅也]]主演の2010年に製作された映画。[[高峰譲吉]]の生涯を描いている。
 
* [[武士の家計簿]] - [[堺雅人]]主演の2010年公開の映画。
 
* [[武士の献立]] - [[上戸彩]]主演の2013年公開の映画。
 
 
 
=== 協力番組 ===
 
いずれもテレビ金沢の番組。[[読売新聞]]とともに番組協力。
 
* [[テレビ金沢ニュースプラス1]]
 
* [[2時間ワイドじゃんけんぽん]]
 
* [[びービーみつばち]]
 
* [[となりのテレ金ちゃん]]
 
 
 
== 放送施設 ==
 
*当新聞社本社屋上には[[コミュニティ放送]][[放送局|局]]である[[ラジオかなざわ]]の送信所が置かれている。
 
{| class="wikitable" style="text-align:center;"
 
|-
 
|放送局名||[[識別信号#呼出名称|コールサイン]]||[[周波数]]||[[空中線電力]]||[[実効放射電力|ERP]]||[[放送#放送対象地域|放送対象地域]]||[[放送#放送区域|放送区域]]内世帯数||開局日
 
|-
 
|[[ラジオかなざわ]]||JOZZ5AB-FM||78.0&nbsp;MHz||音声20W||音声42W||[[金沢市]]及び周辺地域||-||[[1996年]][[4月1日]]
 
|}
 
 
 
== 参考資料 ==
 
* 北國新聞縮刷版
 
* 石川県大百科事典…1975年発行、北国出版社刊
 
* 創刊90年~設備近代化の飛翔…1983年発行、北國新聞社
 
: ヘリオス導入を記念してまとめられた社内記念誌。
 
* 北國新聞に見るふるさと110年…2003年発行、北國新聞社刊
 
: 過去の紙面から年ごとの特徴的な記事をピックアップした本。
 
* 石川県大百科事典(改訂版)『書府太郎』…2005年発行、北國新聞社刊
 
: 1993年に創刊100年記念として刊行したものの改訂版。かつて『天下の書府』とうたわれた[[加賀藩]]にあやかって命名。
 
 
 
== 脚注 ==
 
{{脚注ヘルプ}}
 
{{Reflist}}
 
  
 +
株式会社北國新聞社が販売する新聞。主な販売地域は石川県。朝刊、夕刊を発行。1893年創刊。
 
== 外部リンク ==
 
== 外部リンク ==
 
{{Commons cat|Hokkoku Shimbun}}
 
{{Commons cat|Hokkoku Shimbun}}
 
* [http://www.hokkoku.co.jp/ 北國新聞社]
 
* [http://www.hokkoku.co.jp/ 北國新聞社]
 
* [http://www.toyama.hokkoku.co.jp/ 富山新聞]
 
* [http://www.toyama.hokkoku.co.jp/ 富山新聞]
* {{Facebook|hokkoku|北國新聞社}}
 
*[{{NDLDC|1186851/751}} 『石川県史 第4編』](国立国会図書館デジタルコレクション)創刊号写真
 
  
{{北國新聞社}}
+
 
{{NNN・NNS}}
+
{{テンプレート:20180815sk}}
{{JNN}}
 
{{日本の主な新聞}}
 
{{47NEWS}}
 
{{47CLUB}}
 
{{Normdaten}}
 
 
{{DEFAULTSORT:ほつこくしんふん}}
 
{{DEFAULTSORT:ほつこくしんふん}}
 
[[Category:日本の新聞]]
 
[[Category:日本の新聞]]

2018/12/22/ (土) 22:06時点における最新版

北國新聞(ほっこくしんぶん)

株式会社北國新聞社が販売する新聞。主な販売地域は石川県。朝刊、夕刊を発行。1893年創刊。

外部リンク




楽天市場検索: