actions

勝浦町

2018/8/5/ (日) 19:35時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


勝浦町(かつうらちょう)とは、徳島県東部の町である。

徳島県内で有数のミカンの産地であり、県立果樹試験場がある。2月中頃から、ビッグひな祭りが開催されており、観光客で賑わう。こちらの主要河川は、吉野川那賀川ではなく、勝浦川である。

地理

町のほとんどが勝浦川の流域にあり、勝浦川は町の中央部を西から北へ流れる。北には徳島市との境界に中津峰山があるなど、周りを山に囲まれておるので、勝浦盆地と呼ばれる。最高標高は轆轤山の山頂の972.1mであり、最低標高は20mである。[1]

面積

自然

歴史

行政

町役場

  • 勝浦町役場(所在地: 徳島県勝浦郡勝浦町大字久国字久保田3番地)

町長

副町長

助役

  • 小西兵二
  • 中井清二郎
  • 早川進(1992年5月16日 - 1999年5月15日)
  • 倉橋孝明(1999年6月11日 - 2003年6月10日)
  • 中田丑五郎(2003年6月14日 - 2005年12月)

収入役

町議会

概要

定数は10人。

構成

会派 議席数 議席占有率
日本共産党 2 20%

2008年2月10日現在)

地域

人口

勝浦町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

大字

ファイル:Katsuuratown Nue 神谷 Tokushimapref.jpg
勝浦町の街並み
沼江字神谷で撮影
郵便番号 大字名[1]
771-4301 沼江
771-4302 中角
771-4303 生名
771-4304 星谷
771-4305 久国
771-4306 棚野
771-4307 三渓
771-4308 坂本

警察

小松島市小松島警察署

消防・救急

勝浦町は常設の消防署がないため、119番通報は役場に転送されるようになってる。ただし、携帯電話からの119番通報は徳島市あるいは阿南市の消防署を経由して転送される。 消防は非常備であり、火災やその他の災害への対応は、住民で組織された「消防団」に頼っています。火災に関しては昼間は役場の総務課で受信し、夜間は宿直の警備員が受信して消防団に出動要請している。 救急に関しては119番ではなく専用番号に連絡するようになっており、この番号は役場内にある救急詰所につながるようになっており、臨時職員2名が常駐しているが搬送のみであり応急措置は出来ない状況であったが、2017年から宮崎県の日本救急システムに救命業務を委託しており、同社より7人の救急救命士が派遣されて二人一組で救急搬送業務にあたっている。

医療機関

  • 国民健康保険勝浦病院
  • 福井歯科医院
  • 大井歯科クリニック
  • 中田歯科医院

図書館

  • 勝浦町図書館

郵便局

  • 勝浦郵便局
  • 生比奈郵便局
  • 坂本郵便局
  • 生名簡易郵便局
  • 星谷簡易郵便局

教育機関

専門学校

高等学校

中学校

小学校

廃止された学校

交通

鉄道

町内に鉄道路線なし。長期未開業線として四国中央鉄道による立江駅 - 生比奈 - 横瀬を結ぶ計画が存在。民鉄要覧1988年度版まで掲載されていた。[4]

バス

道路

ファイル:Katsuuratown Ikuna 鷲ケ尾 Tokushimapref Tokushimaprefectural road 283 Wajiki Katsuura line.jpg
徳島県道283号和食勝浦線
勝浦町生名字鷲ヶ尾で撮影 (勝浦町のカントリーサインで唯一町章のマークが掲載されている)

県道

主要地方道
一般県道

名所・旧跡

祭事・催事

友好都市

勝浦町出身の有名人

参考文献

  • 『図典 日本の市町村章』 小学館辞典編集部、小学館、2007-01-10、初版第1刷。ISBN 4095263113。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 沿革、位置、主な山岳と河川”. 勝浦町. . 2012-6-15閲覧.
  2. 図典 日本の市町村章 p 190
  3. 3.0 3.1 町章と町の花・木、町民憲章”. 勝浦町. . 2012-6-15閲覧.
  4. http://www.ne.jp/asahi/wc6y-nmk/komatetsu/jigyoho/a6.htm

外部リンク