actions

勝どき

2018/8/7/ (火) 22:55時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
日本 > 東京都 > 中央区 > 勝どき

勝どき
—  町丁  —
勝どきの位置
勝どき
勝どきの位置
座標: 東経139度46分37.79秒北緯35.6582389度 東経139.7771639度35.6582389; 139.7771639
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chuo, Tokyo.svg 中央区
地域 月島地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 26,518人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 104-0054[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

勝どき(かちどき)は、東京都中央区町名。現行行政地名は勝どき一丁目から勝どき六丁目。郵便番号は104-0054[2]

地理

京橋区で月島地域に位置する。隅田川の河口に位置し、かなりの数の埋立島の中の2島(ほぼ正方形の形をした島全域と、その南西にある島の北・東区域)に跨る。隅田川は北西を流れ、更に南東には朝潮運河が流れている。ほぼ正方形の形の島には1〜4丁目まであり、北東に月島川、南西に新月島川が流れる。それぞれの丁目の広さは島の大きさのほぼ4分の1(正方形に近い)で、清澄通りが北東〜南西、晴海通りが北西〜南東を通っているほか、都営地下鉄大江戸線も通り、中心には勝どき駅がある。月島川には月島橋が、朝潮運河には黎明橋が、新月島川には新島橋・浜前橋(浜前水門)が、隅田川には勝鬨橋がそれぞれ架かっている。清澄通りの新島橋又は浜前橋を渡ると、勝どき5丁目・6丁目がある島へ行くことができる。その島の南西部は豊海町になっている。この2つはほぼ半分に分かれており、更に清澄通りを境に5丁目と6丁目が分かれる。隅田川より5丁目、6丁目を経由し晴海方面へと環状二号線が勝どき陸橋として高架でかかり、隅田川へと架かる橋は築地大橋、晴海とつなぐ橋は黎明大橋となる。[4]。都営地下鉄大江戸線は新月島川でカーブし築地の方へ走るためこの部分に鉄道はない。朝潮運河に朝潮小橋が架かる。

河川

ファイル:Kachidoki View Tower 2012 Tokyo.jpg
高層マンション「勝どきビュータワー」 (1丁目、平成22年竣工)
ファイル:Apartments Tower Kachidoki 2012 Tokyo.jpg
賃貸マンション「アパートメントタワー勝どき」 (1丁目、平成23年竣工)

歴史

一丁目から四丁目までは明治〜大正期の「東京湾澪浚(みおさらい)工事」の月島2号埋立地として造成された。また、五・六丁目は明治〜大正期の「東京湾澪浚工事」による月島3号埋立地あるいは「隅田川口改良工事」の1号埋立地として造成された。勝どきの「どき」が平仮名なのは、勝鬨の「鬨」が当用漢字外であったためである。

世帯数と人口

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
勝どき一丁目 2,428世帯 4,630人
勝どき二丁目 1,792世帯 2,893人
勝どき三丁目 1,701世帯 3,248人
勝どき四丁目 1,036世帯 1,703人
勝どき五丁目 3,350世帯 6,863人
勝どき六丁目 3,306世帯 7,181人
13,613世帯 26,518人

小・中学校の学区

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
勝どき一丁目 全域 中央区立月島第二小学校 中央区立晴海中学校
勝どき二丁目 全域
勝どき三丁目 全域
勝どき四丁目 全域
勝どき五丁目 全域 中央区立豊海小学校
勝どき六丁目 全域

交通

鉄道
バス
道路

施設

官公庁
小学校
  • 中央区立月島第二小学校 - 月島第二幼稚園も同敷地内にある。
幼稚園
  • 中央区立月島第二幼稚園
公園
  • 月島第二児童公園
  • 勝どき二丁目児童遊園
  • 新島橋北西児童遊園
  • 勝どき四丁目児童遊園
  • 新島橋南西児童遊園
  • 勝どき五丁目児童遊園
  • 豊海児童公園
  • 勝どき五丁目親水公園
企業
神社
寺院
  • 東陽院

大規模集合住宅

脚注

関連項目

外部リンク