actions

「信号場」の版間の差分

(1版 をインポートしました)
(内容を「 '''信号場'''(しんごうじょう) 列車の行き違いや待避、あるいは停車場間の途中において、他の線路に分岐する目的で設けら…」で置換)
(タグ: Replaced)
 
1行目: 1行目:
{{複数の問題|雑多な内容の箇条書き=2015年6月|脚注の不足=2016年10月}}
 
{{混同|信号扱所}}
 
'''信号場'''(しんごうじょう)とは、[[鉄道]]路線において[[分岐器]](ポイント)や[[鉄道信号機|信号設備]]が設けられていて、[[停車 (鉄道)|運転扱い]]は行われるが、旅客や貨物の取扱を行わない[[停車場]]である。事業者によっては、'''信号所'''(しんごうしょ・しんごうじょ)やその他の名称が付されていることもある。
 
[[File:Iwaki1.jpg|thumb|225px|right|[[岩木信号場]]。[[列車交換]]のためのもの(類型2)。このように駅施設はなく、この部分だけ線路が複線になっている。]]
 
[[ファイル:枇杷島分岐点 空撮.jpg|thumb|225px|[[枇杷島分岐点]]付近の航空写真。{{国土航空写真}}]]
 
== 概要 ==
 
信号場とは、[[停車場]]として構内には[[分岐器]](ポイント)や[[鉄道信号機|信号設備]]が設けられて[[運転扱い]]が行なわれるが、原則として'''旅客の乗降を取扱わない'''停車場のことである。「[[鉄道に関する技術上の基準を定める省令]]」第2条第8号は、「専ら列車の行き違い又は待ち合わせを行うために使用される場所をいう。」と規定している。
 
  
乗降を扱う駅ではなく信号場として設置される理由としては、隣駅に近すぎること、利用客が見込めないこと、用地が不足すること、またはその他の運転上の理由があることなどがある。
+
'''信号場'''(しんごうじょう)
  
===信号場のバリエーション===
+
列車の行き違いや待避、あるいは停車場間の途中において、他の線路に分岐する目的で設けられた停車場。旅客および貨物の取扱いなどの営業活動はいっさい行わない。一般に信号場は、停車場間が長く線路容量が低い区間の中間に設置され、行き違い設備を設けることにより、その区間を二分して線路容量を向上させる目的で、いわば単線から複線に移行する中間的な措置として考えられたものである。
[[日本国有鉄道|国鉄]]においては、貨物扱いのある信号場(赤穂線[[西浜駅|西浜信号場]]など)や、「[[仮乗降場]]」(実際は[[営業キロ]]を設定しない[[臨時駅]]扱い)を兼ねることで旅客の乗降を扱った信号場も存在した。その多くは、[[1987年]][[4月1日]]の[[JR]]発足とともに[[鉄道駅|駅]]に格上げされた。
 
 
 
最初から信号場として設置されてそのまま存続している場所のほか、旅客扱いを開始して信号場から駅に変更されるもの、逆に旅客・貨物扱いを廃止して駅から信号場に変更される例も存在する。前者は[[和歌山線]]五位堂信号場(→[[JR五位堂駅]])や[[東京メトロ東西線]]下妙典信号所(→[[妙典駅]])などで、この場合は沿線宅地化による地元からの要望によるものが多い。また、後者は[[石勝線]]楓駅(→[[楓信号場]])や東海道本線貨物支線(梅田貨物線)梅田駅(→[[梅田信号場]])などで、この場合は過疎化の進行により、利用者がほぼ皆無となったことや国鉄末期の貨物縮小によるものが多い。
 
 
 
国鉄・JRの信号場はそのほとんどが在来線区間に位置しており、新幹線の信号場は6つのみである。
 
 
 
== 類型 ==
 
信号場が設置される類型としては、主に次のものがあげられるが、複数の類型が複合しているもの、[[スイッチバック]]構造となっているものも存在する。
 
#線路の分岐点に設けられるもの。
 
#[[単線]]区間において、列車の行違い(交換)のために設けられるもの。列車追い抜き機能を持つ場合もある。
 
#単線区間と[[複線]]区間、および複線区間と[[複々線]]区間([[複々線#三線|三線]]区間などを含む)の接点に設けられるもの。
 
#複線区間において、列車の追い抜きのために設けられるもの。
 
#単線区間であり単線自動閉塞方式以外の閉塞方式の場合において、閉塞の境界をつくるために設けられるもの。
 
#複線区間において、橋の架け替えやトンネル改修のため、上下のうち片方の線路を使用停止してもう片方だけを使用するために設けられたもの(単線と複線の境目ではなく、信号場内だけが単線になっている)。
 
#列車留置並びに列車折り返しのため。
 
#その他
 
 
 
== 現存する日本の信号場一覧 ==
 
{{commonscat|Signal Bases in Japan|日本の信号場}}
 
休止中の信号場を含む。
 
<!--類型8の場合は(類型8(:その理由))と言うように理由も合わせて記述願います。また類型1 - 7についても必要があれば理由の記述を任意でお願いします。-->
 
=== JR ===
 
==== 北海道旅客鉄道 ====
 
*[[北豊津信号場]]:[[函館本線]] 黒岩 - 国縫間(類型3)
 
*[[姫川信号場]] : 函館本線 駒ヶ岳 ‐ 森間(類型2)
 
*[[鷲ノ巣信号場]] : 函館本線 八雲 ‐ 山崎間(類型3)
 
*[[美々信号場]]:[[千歳線]] 植苗 - 南千歳間(類型4・7)
 
*[[西の里信号場|西の里信号場(2代)]]:千歳線 上野幌 - 北広島間(類型4)
 
*[[駒里信号場]]:[[石勝線]] 南千歳 - 追分間(類型2)
 
*[[西早来信号場]]:石勝線 南千歳 - 追分間(類型2)
 
*[[東追分信号場]]:石勝線 追分 - 川端間(類型2)
 
*[[滝ノ下信号場]]:石勝線 川端 - 滝ノ上間(類型2)
 
*[[十三里信号場]]:石勝線 滝ノ上 - 新夕張間(類型2)
 
*[[楓信号場]]:石勝線 新夕張 - 占冠間(類型2)<!--*-->
 
*[[オサワ信号場]]:石勝線 新夕張 - 占冠間(類型2)
 
*[[東オサワ信号場]]:石勝線 新夕張 - 占冠間(類型2)
 
*[[清風山信号場]]:石勝線 新夕張 - 占冠間(類型2)
 
*[[東占冠信号場]]:石勝線 占冠 - トマム間(類型2)
 
*[[滝ノ沢信号場]]:石勝線 占冠 - トマム間(類型2)
 
*[[ホロカ信号場]]:石勝線 占冠 - トマム間(類型2)
 
*[[串内信号場]]:石勝線 トマム - 新得間(類型2)
 
*[[北入江信号場]]:[[室蘭本線]] 洞爺 - 有珠間(類型2)
 
*[[上落合信号場]]:[[根室本線]]・石勝線 落合・トマム - 新得間(類型1・2)
 
*[[新狩勝信号場]]:根室本線・石勝線 落合・トマム - 新得間(類型2)
 
*[[広内信号場]]:根室本線・石勝線 落合・トマム - 新得間(類型2)
 
*[[西新得信号場]]:根室本線・石勝線 落合・トマム - 新得間(類型2)
 
*[[平野川信号場]]:根室本線 十勝清水 - 羽帯間(類型2)
 
*[[上厚内信号場]]:根室本線 浦幌 - 厚内間(類型2)
 
*[[上芽室信号場]]:根室本線 御影 - 芽室間(類型2)
 
*[[島ノ下駅|島ノ下信号場]]:根室本線 野花南 - 富良野間(類型2)
 
*[[昭栄信号場]]:根室本線 池田 - 十弗間(類型2)
 
*[[常豊信号場]]:根室本線 浦幌 - 上厚内間(類型2)
 
*[[東庶路信号場]]:根室本線 庶路 - 大楽毛間(類型2)
 
*[[中越信号場]]:[[石北本線]] 上川 - 白滝間(類型2)<!--*-->
 
*[[上越信号場]]:石北本線 上川 - 白滝間(類型2)<!--*-->
 
*[[奥白滝信号場]]:石北本線 上川 - 白滝間(類型2)<!--*-->
 
*[[下白滝信号場]]:石北本線 白滝 - 丸瀬布間(類型2)<!--*-->
 
*[[金華信号場]] : 石北本線 生田原 - 西留辺蘂間(類型2・7:西留辺蘂駅が折返し不可能な構造のため、同駅終着・始発列車の折返しに使用される。)
 
*[[新中小国信号場]]:[[北海道新幹線]]・[[海峡線]]・[[津軽線]] 中小国 - 大平・奥津軽いまべつ間(類型1・3・4)
 
*[[湯の里知内信号場]] : 北海道新幹線・海峡線 奥津軽いまべつ - 木古内間(類型4)
 
 
 
==== 東日本旅客鉄道 ====
 
*[[新鶴見信号場]]:[[東海道本線]]・[[武蔵野線]]・[[南武線]] 新川崎・梶ヶ谷貨物ターミナル・尻手 - 鶴見(類型1)<!--**-->
 
*[[別所信号場]]:武蔵野線 西浦和・武蔵浦和 - 与野間(類型1)
 
*[[普門寺信号場]]:[[中央本線]] 茅野 - 上諏訪間(類型3)
 
*[[平瀬信号場]]:[[篠ノ井線]] 松本 - 田沢間(類型2)
 
*[[桑ノ原信号場]]:篠ノ井線 姨捨 - 稲荷山間(類型2・スイッチバック)
 
*[[矢野目信号場]]:東北本線・[[阿武隈急行線]] 福島 - 東福島・卸町間(類型1)
 
*[[東仙台信号場]]:東北本線 東仙台 - 岩切間(類型1:[[仙台総合鉄道部]]への出入庫線分岐)
 
*[[青森信号場]]:[[奥羽本線]]・[[青い森鉄道線]] 東青森・新青森 - 青森間(類型1・3)
 
*[[下新田信号場]]:[[両毛線]]・[[わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線]] 桐生 - 岩宿・下新田間(類型1・2)
 
*[[宮城野信号場]]:[[仙石線]] 小鶴新田 - 福田町間(類型1・[[仙台車両センター宮城野派出所]]への出入庫線分岐)
 
*[[面白山信号場]]:[[仙山線]] 奥新川 - 面白山高原間(類型2)
 
*[[大地沢信号場]]:[[田沢湖線]] 赤渕 - 田沢湖間(類型2)
 
*[[志度内信号場]]:田沢湖線 赤渕 - 田沢湖間(類型2)
 
*[[沼上信号場]]:[[磐越西線]] 中山宿 - 上戸間(類型2)
 
*[[更科信号場]]:磐越西線 翁島 - 磐梯町間(類型2)
 
*[[北赤湯信号場]]:奥羽本線 赤湯 - 中川間(類型3)
 
*[[南能代信号場]]:奥羽本線 北金岡 - 東能代間(類型2)
 
*[[新油川信号場]]:[[津軽線]] 青森 - 油川間(類型2)
 
*[[西鶴岡信号場]]:[[羽越本線]] 羽前大山 - 鶴岡間(類型2)
 
*[[幕ノ内信号場]]:羽越本線 鶴岡 - 藤島間(類型2)
 
*[[出戸信号場]]:羽越本線 仁賀保 - 西目間(類型2)
 
*[[二古信号場]]:羽越本線 羽後亀田 - 岩城みなと間(類型2)
 
*[[上沼垂信号場]]:[[信越本線]]・[[白新線]] 越後石山・東新潟 - 新潟間(類型1)
 
*[[黒砂信号場]]:[[総武本線]] 稲毛 - 西千葉間(類型7) ※[[総武快速線]] 稲毛 - 千葉間と見た場合には(類型4・複線区間の待避や折り返し)に当たる。
 
*[[新港信号場]]:[[京葉線]] 稲毛海岸 - 千葉みなと間(類型4)
 
*[[堀之内信号場]]:[[成田線]] 成田 - 空港第2ビル間(類型2)
 
*[[鷲宮信号場]]:[[東北新幹線]] 大宮 - 小山間(類型1・保線基地が分岐)
 
*[[井堀信号場]]:東北本線 上野 -尾久間(類型1・2003年10月、上野駅が電子連動装置に取り替えらた際に、それまで上野駅構内であった回送線との分岐点(通称・井堀)が分離され、井堀信号場に改められた)
 
 
 
==== 東海旅客鉄道 ====
 
*[[五条川信号場]]:東海道本線 清洲 - 枇杷島間(上り線のみ:類型1)
 
*[[南荒尾信号場]]:東海道本線 大垣 - 垂井・関ヶ原・荒尾間(類型1)
 
*[[大沢信号場]]:飯田線 伊那田島 - 高遠原間(類型2)
 
*[[飛水峡信号場]]:[[高山本線]] 上麻生 - 白川口間(類型2)
 
*[[鷲原信号場]]:高山本線 白川口 - 下油井間(類型2)
 
*[[福来信号場]]:高山本線 飛騨金山 - 焼石間(類型2)
 
*[[少ヶ野信号場]]:高山本線 焼石 - 下呂間(類型2)
 
*[[山王信号場]]:中央本線・東海道本線(貨物支線) 金山・名古屋港 - 名古屋(類型1)
 
*[[笹島信号場]]:[[関西本線]] 名古屋 - 八田間・[[名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線|名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線]] ささしまライブ - 小本間(類型1・3)
 
*[[白鳥信号場]]:関西本線 永和 - 弥富間(類型2)
 
*[[朝明信号場]]:関西本線 桑名 - 朝日間(類型3)
 
*[[栗東信号場]]:[[東海道新幹線]] 米原 - 京都間(類型1:保線基地が分岐)
 
*[[鳥飼信号場]]:東海道新幹線 京都 - 新大阪間(類型1:[[大阪第二車両所]]への分岐)
 
 
 
==== 西日本旅客鉄道 ====
 
*[[梅田信号場]]:東海道本線([[梅田貨物線]]) 新大阪 - 福島間(類型2)
 
*[[余部信号場]]:[[姫新線]] 余部 - 太市間(類型1:[[姫路鉄道部]]への出入庫線分岐)
 
*[[広石信号場]]:[[伯備線]] 方谷 - 井倉間(類型2)
 
*[[下石見信号場]]:伯備線 上石見 - 生山間(類型2)
 
*[[上溝口信号場]]:伯備線 江尾 - 伯耆溝口間(類型2)
 
*[[森ヶ原信号場]]:[[岩徳線]]・[[錦川鉄道錦川清流線]] 川西 - 柱野・御庄間(類型1)
 
*[[宿南信号場]]:[[山陰本線]] 八鹿 - 江原間(類型2)
 
*[[滝山信号場]]:山陰本線 福部 - 鳥取間(類型5:[[閉塞 (鉄道)|閉塞区間]]分割のため。かつては(類型2)でスイッチバック式)
 
*[[中在家信号場]]:[[関西本線]] 加太 - 柘植間(類型5:[[閉塞 (鉄道)|閉塞区間]]分割のため。かつては(類型2)でスイッチバック式)
 
*[[佐保信号場]]:関西本線 奈良 - 平城山間(類型1:[[奈良電車区]]への出入庫線が分岐)
 
*[[正覚寺信号場|正覚寺信号場(3代)]]:[[おおさか東線]] 衣摺加美北 - 新加美・平野間(類型1:貨物連絡線を分岐)
 
*[[双子山信号場]]:紀勢本線 見老津 - 周参見間(類型2)
 
*[[際波信号場]]:[[宇部線]] 岩鼻 - 宇部間(類型2)
 
*[[鴨ノ庄信号場]]:[[美祢線]] 厚狭 - 湯ノ峠間(類型2)
 
*[[鞍手信号場]]:[[山陽新幹線]] 小倉 - 博多間(類型1:保線基地が分岐)
 
 
 
==== 四国旅客鉄道 ====
 
*[[伊予若宮信号場]]:[[予讃線]] 五郎・新谷 - 伊予大洲(類型1)
 
*[[川奥信号場]]:[[予土線]]・[[土佐くろしお鉄道中村線]] 若井 - 荷稲・家地川(類型1・2)
 
 
 
==== 九州旅客鉄道 ====
 
*[[紫川信号場]]:[[鹿児島本線]] 小倉 - 西小倉間(類型6)
 
*[[東折尾信号場]]:鹿児島本線 黒崎 - 陣原間
 
*[[太宰府信号場]]:鹿児島本線 都府楼南 - 水城間(類型4)
 
*[[中道信号場]]:[[香椎線]] 海ノ中道 - 雁ノ巣間(類型2)
 
*[[里信号場]]:[[長崎本線]] 多良 - 肥前大浦間(類型2)
 
*[[土井崎信号場]]:長崎本線 肥前大浦 - 小長井間(類型2)
 
*[[肥前三川信号場]]:長崎本線 現川 - 浦上間(類型2:長崎トンネル内)
 
*[[西有田信号場]]:[[佐世保線]] 有田 - 三河内間(類型2)
 
*[[徳浦信号場]]:[[日豊本線]] 臼杵 - 津久見間(類型2)
 
*[[川原木信号場]]:日豊本線 直川 - 重岡間(類型2)
 
*[[門石信号場]]:日豊本線 田野 - 青井岳間(類型2)
 
*[[楠ヶ丘信号場]]:日豊本線 青井岳 - 山之口間(類型2)
 
*[[南霧島信号場]]:日豊本線 霧島神宮 - 国分間(類型2)
 
*[[下郡信号場]]:日豊本線 大分 - 牧間(類型1:[[大分鉄道事業部|大分車両センター]]への出入庫線分岐)、[[豊肥本線]] 大分 - 滝尾間(類型1:大分車両センターへの出入庫線分岐・類型5:閉塞区間分割のため。)
 
 
 
==== 日本貨物鉄道 ====
 
*[[八幡信号場]]:[[東海道本線]] 山王信号場 - 名古屋港間(類型5:[[閉塞 (鉄道)|閉塞区間]]分割のため。かつては(類型1・2))
 
 
 
=== 民鉄・第三セクター ===
 
==== 道南いさりび鉄道 ====
 
*[[矢不来信号場]]:[[道南いさりび鉄道線]] 上磯 - 茂辺地間(類型2)
 
 
 
==== 関東鉄道 ====
 
*[[南水海道信号所]]:[[関東鉄道常総線|常総線]] 小絹 - 水海道間(類型1:水海道車両基地への分岐、および乗務員交代のため)
 
 
 
==== 上信電鉄 ====
 
*[[佐野信号所]]:[[上信電鉄上信線|上信線]] 南高崎 - 根小屋間(類型2)
 
*[[新屋信号所]]:上信線 西吉井 - 上州新屋間(類型2)
 
*[[赤津信号所]]:上信線 千平 - 下仁田間(類型2)
 
 
 
==== 北越急行 ====
 
*[[赤倉信号場]]:[[北越急行ほくほく線|ほくほく線]] 魚沼丘陵 - 美佐島間(類型2:休止中)
 
*[[薬師峠信号場]]:ほくほく線 十日町 - まつだい間(類型2:休止中)
 
*[[儀明信号場]]:ほくほく線 まつだい - ほくほく大島間(類型2)
 
 
 
==== 東武鉄道 ====
 
*[[鬼怒立岩信号場]]:[[東武鬼怒川線|鬼怒川線]] 東武ワールドスクウェア - 鬼怒川温泉間(類型3)
 
*[[嵐山信号場]]:[[東武東上本線|東上本線]] 武蔵嵐山 - 小川町間(類型3)
 
 
 
==== 京成電鉄 ====
 
*[[駒井野信号場]]:[[京成本線|本線]]・[[京成東成田線|東成田線]] 京成成田 - 空港第2ビル・東成田間(類型1)
 
*[[根古屋信号場 (京成)|根古屋信号場]]:[[京成成田空港線]] 成田湯川 - 空港第2ビル間(類型2)
 
 
 
==== 京葉臨海鉄道 ====
 
*[[市原分岐点]]:[[京葉臨海鉄道臨海本線|臨海本線]] 千葉貨物 - 浜五井・京葉市原間(類型1)
 
*[[北袖分岐点]]:[[京葉臨海鉄道臨海本線|臨海本線]] 椎津 - 北袖・京葉久保田間(類型1)
 
 
 
==== 西武鉄道 ====
 
*[[南入曽信号場]]:[[西武新宿線|新宿線]] 新所沢 - 入曽間(類型1:南入曽車両管理所への入出庫線が分岐)
 
*[[脇田信号場]]:新宿線 南大塚 - 本川越間(類型3)
 
*[[羽根沢信号場]]:[[西武国分寺線|国分寺線]] 恋ヶ窪 - 国分寺間(類型3)
 
*[[回田信号場]]:[[西武多摩湖線|多摩湖線]] 八坂 - 武蔵大和間(類型2)
 
*[[北飯能信号場]]:[[西武池袋線|池袋線]] 東飯能 - 武蔵丘信号場間(類型3)
 
*[[武蔵丘信号場]]:池袋線 北飯能信号場 - 高麗間(類型1・3:武蔵丘車両基地への入出庫線が分岐)
 
*[[正丸トンネル信号場]]:[[西武秩父線]] 正丸 - 芦ヶ久保間(類型2)
 
*[[東中峯信号場]]:[[西武山口線|山口線]] 遊園地西 - 西武球場前間(類型2)
 
*[[本町信号場]]:[[西武多摩湖線|多摩湖線]] 一橋学園 - 国分寺間(類型2。休止中)
 
 
 
==== 小田急電鉄 ====
 
*[[相模大野分岐点]]:[[小田急小田原線|小田原線]]・[[小田急江ノ島線|江ノ島線]] 相模大野 - 小田急相模原・東林間間(類型1)
 
 
 
==== 相模鉄道 ====
 
*[[相模国分信号所]]:[[相鉄本線|本線]]・厚木線 かしわ台 - 海老名・厚木間(類型1:厚木線は旧貨物線。厚木駅脇の電留線へと分岐)
 
 
 
==== 京浜急行電鉄 ====
 
*[[久里浜工場信号所]]:[[京急久里浜線|久里浜線]] 北久里浜 - 京急久里浜間(類型1:[[京急ファインテック]]久里浜工場への入出庫線が分岐)
 
 
 
====東京臨海高速鉄道 ====
 
*[[品川埠頭分岐部信号場]]:[[東京臨海高速鉄道りんかい線|りんかい線]] 東京テレポート - 天王洲アイル間(類型1:八潮車両基地([[東臨運輸区]])への分岐のため)
 
 
 
==== 江ノ島電鉄 ====
 
*[[峰ヶ原信号場]]:[[江ノ島電鉄線]](正式線名なし) 鎌倉高校前 - 七里ヶ浜間(類型2)
 
 
 
==== 箱根登山鉄道 ====
 
*[[出山信号場]]:[[箱根登山鉄道鉄道線|鉄道線]] 塔ノ沢 - 大平台間(類型2:スイッチバック式)
 
*[[上大平台信号場]]:鉄道線 大平台 - 宮ノ下間(類型2:スイッチバック式)
 
*[[仙人台信号場]]:鉄道線 大平台 - 宮ノ下間(類型2)
 
 
 
==== 豊橋鉄道 ====
 
*[[花田信号所]]:[[豊橋鉄道渥美線|渥美線]] 新豊橋 - 柳生橋間(類型7)
 
 
 
==== 名古屋鉄道 ====
 
*[[平井信号場]]:[[名鉄名古屋本線|名古屋本線]] 豊橋 - 伊奈間(類型1)
 
*[[舞木信号場]]:名古屋本線 名電山中 - 藤川間(類型1:舞木検査場への入出庫線が分岐)
 
*[[枇杷島分岐点]]:名古屋本線 東枇杷島 - 西枇杷島間(類型1:ただし西枇杷島構内に属する)
 
*[[枇杷島分岐点|下砂杁信号所]]:[[名鉄犬山線|犬山線]] 枇杷島分岐点 - 下小田井間(類型1:ただし西枇杷島構内に属する)
 
*[[五郎丸信号場]]:[[名鉄小牧線|小牧線]] 羽黒 - 犬山間(類型2)
 
*[[別曽池信号場]]:[[名鉄知多新線|知多新線]] 富貴 - 上野間間(類型2)
 
*[[諏訪新道信号場]]:[[名鉄豊川線|豊川線]] 八幡 - 諏訪町間(類型2)
 
 
 
==== 名古屋臨海高速鉄道 ====
 
*[[笹島信号場]]:[[名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線|あおなみ線]] ささしまライブ - 小本間・[[東海旅客鉄道]][[関西本線]] 名古屋 - 八田間(類型1・3)
 
*[[潮凪信号場]]:あおなみ線 稲永 - 野跡間(類型1:[[潮凪車庫]]への分岐のため)
 
 
 
==== 養老鉄道 ====
 
*[[東方信号場]]:[[養老鉄道養老線|養老線]] 桑名 - 播磨間(類型1:台車交換場引き込み線が分岐)
 
 
 
==== 三岐鉄道 ====
 
*[[三岐朝明信号場]]:[[三岐鉄道三岐線|三岐線]]・近鉄連絡線 富田・近鉄富田 - 大矢知間(類型1)<!--*-->
 
*[[北大社信号場]]:[[三岐鉄道北勢線|北勢線]] 東員 - 大泉間(類型1・2:北大社車庫への入出庫線が分岐)<!--*-->
 
 
 
==== 信楽高原鐵道 ====
 
*[[小野谷信号場]]:[[信楽高原鐵道信楽線|信楽線]] 貴生川 - 紫香楽宮跡間(類型2:[[信楽高原鐵道列車衝突事故]]により休止中)
 
 
 
==== 近畿日本鉄道 ====
 
*[[東生駒信号場]]:[[近鉄けいはんな線|けいはんな線]] 生駒 - 白庭台間(類型1・7:[[東花園検車区]]東生駒車庫への分岐および生駒駅止まり列車の折り返しにも使用)
 
*[[登美ヶ丘信号場]]:けいはんな線 学研北生駒 - 学研奈良登美ヶ丘間(類型1:東花園検車区登美ヶ丘車庫への分岐)
 
 
 
==== 京阪電気鉄道 ====
 
*[[寝屋川信号所]]:[[京阪本線]] 萱島 - 寝屋川市間(類型1・3・7:[[寝屋川車庫]]への入出庫線が分岐、[[複線]]と[[複々線]]の境界点の役割を持つ<ref>実際に複線から複々線の外側線(緩行線)に転線するのは萱島駅手前である。</ref>。大阪口の区間列車の始発・終点停車場の役割も持つ。)
 
 
 
==== 南海電気鉄道 ====
 
*[[千代田信号所]]:[[南海高野線|高野線]] 千代田 - 河内長野間(類型1:千代田検車区・千代田工場への入出庫線が分岐)
 
*[[小原田信号所]]:高野線 御幸辻 - 橋本間(類型1:小原田検車区への入出庫線が分岐)
 
*[[梶取信号所]]:[[南海加太線|加太線]] 紀ノ川 - 東松江間(類型2)
 
 
 
==== 阪急電鉄 ====
 
*[[東吹田信号所]]:[[阪急京都本線|京都線]] 正雀 - 相川間(類型1:[[大阪市営地下鉄堺筋線]][[東吹田検車場]]への分岐)
 
 
 
==== 阪神電気鉄道 ====
 
*[[武庫川信号場]]:[[阪神本線|本線]] 鳴尾 - 武庫川間(類型1:[[阪神武庫川線|武庫川線]]渡り線の分岐、上り線のみ)
 
*[[堀切信号場]]:本線 打出 - 香櫨園間(類型1:保守基地への分岐)
 
 
 
==== 神戸電鉄 ====
 
*[[川池信号所]]:[[神戸電鉄粟生線|粟生線]] 藍那 - 木津間(類型3)
 
*[[見津信号所]]:粟生線 木津 - 木幡間(類型1:見津車庫への入出庫線が分岐)
 
 
 
==== 智頭急行 ====
 
* [[岩木信号場]]:[[智頭急行智頭線|智頭線]] 上郡 - 苔縄間(類型2:[[一線スルー]]式)
 
 
 
==== とさでん交通 ====
 
* [[市場前信号所]]:[[土佐電気鉄道伊野線|伊野線]] 鴨部 - 曙町東町間(類型2)
 
* [[中山信号所]]:伊野線 八代通 - 中山間(類型2)
 
 
 
==== 西日本鉄道 ====
 
*[[中島信号場]]:[[西鉄天神大牟田線|天神大牟田線]] 塩塚 - 西鉄中島間(類型2:[[一線スルー]]式)
 
 
 
==== 甘木鉄道 ====
 
*[[大原信号場]]:[[甘木鉄道甘木線|甘木線]] 立野 - 小郡間(類型2)
 
 
 
==== 肥薩おれんじ鉄道 ====
 
*[[赤瀬川信号場]]:[[肥薩おれんじ鉄道線]] 折口 - 阿久根間(類型2)
 
 
 
=== 公営鉄道 ===
 
公営鉄道には信号場は現存していない。
 
 
 
== 過去に存在した信号場一覧 ==
 
<!--1日でもJRグループに継承された信号場に付いてはJR各社の欄に、国鉄時代に廃止されたものに付いては国鉄の欄に記述願います。-->
 
=== 国鉄・JR ===
 
JRグループの項目ではJR化以後に廃止された信号場について記述する。
 
 
 
==== 北海道旅客鉄道 ====
 
{{節スタブ}}
 
* 仁山信号場→[[仁山駅]]:[[函館本線]](類型2)
 
* 東山信号場→[[東山駅 (北海道)|東山駅]]:函館本線(類型2)国鉄時代に仮乗降場も兼ねる。
 
* 姫川信号場→[[姫川駅 (北海道)|姫川駅]]:函館本線(類型2)国鉄時代に仮乗降場も兼ねる。[[2017年]][[3月4日]]に旅客駅としては廃止となり、再び信号場に戻る。
 
* 桂川信号場→[[桂川駅 (北海道)|桂川駅]]:函館本線(類型2)
 
* 本石倉信号場→[[本石倉駅]]:函館本線(類型2)国鉄時代に仮乗降場も兼ねる。
 
* 鷲ノ巣信号場→[[鷲ノ巣信号場|鷲ノ巣駅]]:函館本線(類型2→類型3) [[2016年]][[3月25日]]に旅客駅としては廃止となり、再び信号場に戻る。
 
* 北豊津信号場→[[北豊津信号場|北豊津駅]]:函館本線(類型2→類型3) [[2017年]][[3月4日]]に旅客駅としては廃止となり、再び信号場に戻る。
 
* 豊沼信号場→[[豊沼駅]]:函館本線(類型1)
 
* 渡島沼尻信号場→[[渡島沼尻駅]]:函館本線(砂原支線)(類型2)
 
* 新湯の里信号場→[[湯の里知内信号場|知内駅]]:[[海峡線]](類型4) [[2014年]][[3月15日]]に旅客駅としては廃止となり、再び信号場に戻る。
 
* 小幌信号場→[[小幌駅]]:[[室蘭本線]](類型2→類型3)
 
* 北舟岡信号場→[[北舟岡駅]]:室蘭本線(類型2)
 
* 古瀬信号場→[[古瀬駅]]:[[根室本線]](類型2)
 
* 旭浜信号場→[[旭浜駅]]:室蘭本線(類型2) 国鉄時代に仮乗降場も兼ねる。[[2006年]][[3月18日]]廃止。
 
* [[常紋信号場]]:石北本線 生田原 - 西留辺蘂間(類型2)[[2001年]][[7月1日]]より交換設備の仕様を停止し、事実上類型5となる。2017年3月4日廃止。スイッチバック式。
 
 
 
==== 東日本旅客鉄道 ====
 
*[[熊ノ平駅|熊ノ平信号場]]:[[信越本線]] 横川 - 軽井沢間(類型5:[[閉塞 (鉄道)|閉塞区間]]分割のため、同区間複線化以前はスイッチバック式の類型2)
 
*[[潮沢信号場]]:[[篠ノ井線]] 明科 - 西条間(類型2:[[スイッチバック]]式)
 
*[[東川井信号場]]:[[青梅線]] 御嶽 - 川井間(類型2)
 
*[[高平信号場]]:[[常磐線]] 原ノ町 - 鹿島間(類型2)
 
*[[金谷信号場]]:奥羽本線 楯岡 - 袖崎間(類型2)[[1999年]][[3月12日]]廃止
 
*[[鳥越信号場 (奥羽本線)|鳥越信号場]]:奥羽本線 舟形 - 新庄間(類型2)1999年3月12日廃止
 
*[[大清水信号場]]:奥羽本線 追分 - 大久保間(類型2) [[2013年]][[9月27日]]廃止
 
*[[羽尾信号場]]:篠ノ井線 冠着 - 姨捨間(類型2・スイッチバック式)[[2008年]]廃止
 
*[[根古屋信号場 (JR東日本)|根古屋信号場]]:成田線 成田 - 空港第2ビル間(類型2)[[2009年]][[3月14日]]廃止
 
 
 
==== 東海旅客鉄道 ====
 
*品川信号場→[[品川駅]]:東海道新幹線(類型1:[[東京第二車両所]](現在廃止)が分岐)
 
*春田信号場→[[春田駅]]:関西本線(類型2)
 
*[[伏屋信号場]]:関西本線 八田 - 春田間(類型2)[[2005年]][[1月30日]]廃止
 
 
 
==== 西日本旅客鉄道 ====
 
* 五位堂信号場→[[JR五位堂駅]]:[[和歌山線]](類型2)
 
* 布原信号場→[[布原駅]]:[[伯備線]](類型2)
 
* [[JR長瀬駅#歴史|蛇草信号場]]:片町線(貨物支線、現[[おおさか東線]]) 放出 - 久宝寺・平野間(現在の[[JR長瀬駅]] 類型1)
 
* [[JR俊徳道駅#俊徳道信号場|俊徳道信号場]]:片町線(貨物支線、現[[おおさか東線]]) 放出 - 久宝寺・平野間(現在の[[俊徳道駅|JR俊徳道駅]]でありおおさか東線建設中に暫定的に設置 類型1)2008年3月廃止
 
* [[竜華信号場]]:関西本線・片町線(貨物支線) 久宝寺・放出 - 杉本町間(類型1)
 
* [[境川信号場]]:[[大阪環状線]] 弁天町 - 大正間(類型7:[[2006年]][[3月31日]]まで類型1=貨物支線を分岐していた)2007年5月20日廃止
 
* [[松ヶ瀬信号場]]:[[美祢線]] 湯ノ峠 - 厚保間(類型2)1997年3月22日廃止
 
* [[平野駅 (JR西日本)#百済第一信号場|百済第一信号場]]:関西本線 平野 - 加美間(類型1:おおさか東線への連絡線を分岐)。2008年3月15日に下記の正覚寺信号場(2代)を再び復活させたものであるが2010年10月29日に三たび廃止。
 
* [[相谷信号場]]:山陰本線 竹野 - 佐津間(類型2)2012年12月8日廃止
 
* [[吹田信号場]]→吹田貨物ターミナル駅:[[東海道本線]] 千里丘 - 大阪貨物ターミナル間(類型1:2013年に吹田貨物ターミナル駅が開業し同駅構内扱いとなった)
 
* [[東灘信号場]]→摩耶駅:東海道本線 六甲道 - 灘間(類型4:[[2003年]][[11月30日]]までは類型1・4=貨物支線を分岐していた)
 
 
 
==== 四国旅客鉄道 ====
 
{{節スタブ}}
 
 
 
==== 九州旅客鉄道 ====
 
*[[東折尾信号場]]→[[陣原駅]]:[[鹿児島本線]] 黒崎 - 折尾間(類型3)
 
*[[嘉穂信号場]]:[[上山田線]]・[[漆生線]] 大隈・才田 - 下山田間(類型1)
 
*[[新八代信号場]]→[[新八代駅]]:[[鹿児島本線]](類型1:[[九州新幹線]]関連で設置)
 
*[[初野信号場]]→[[新水俣駅]]:[[肥薩おれんじ鉄道]](類型1:新八代駅と同じく九州新幹線関連で設置)
 
{{節スタブ}}
 
 
 
==== 日本貨物鉄道 ====
 
{{節スタブ}}
 
 
 
==== 日本国有鉄道 ====
 
国鉄時代に廃止した信号場のみ記述する。
 
 
 
===== JR北海道エリア =====
 
(仮)は[[仮乗降場]]としての営業も確認
 
*春志内信号場:[[函館本線]]  (廃)神居古潭 - 伊納間(類型2) [[1969年]][[9月30日]]新線切替に伴い廃止
 
*陣屋町信号場:[[室蘭本線]](類型1・2)→[[陣屋町駅]]→[[1970年]][[8月1日]]旅客・貨物共用駅から貨物駅に格下げ(若干場所を移転)
 
*[[西の里信号場]](初代):[[千歳線]](旧線) 北広島 - (旧)上野幌間(類型2) [[1973年]][[9月9日]]廃止(千歳線の新線切り替えに伴う)現在の西の里信号場は"類型4"。
 
*[[鬼峠信号場]]:[[石勝線]] (信)清風山 - 占冠間(類型2) [[1986年]][[3月3日]]廃止(鬼峠トンネル内にあった)
 
*[[東留萠信号場]]:[[留萌本線]]・[[羽幌線]] 留萌 - 大和田・三泊間(類型1) [[1941年]][[12月9日]]廃止
 
*[[一ノ坂信号場]]:[[根室本線]] 滝川 - 東滝川間(類型2) [[1982年]][[10月26日]]廃止
 
*[[幌岡信号場]]:根室本線 東滝川 - 赤平間(類型2) 1982年10月26日廃止
 
*[[高根信号場]]:根室本線 平岸 - 芦別間(類型2) 1982年10月26日廃止
 
*鹿越信号場(仮):[[根室本線]] 金山 - 東鹿越間(類型2) [[1986年]][[11月1日]]廃止←[[1966年]][[10月1日]]に廃止された[[鹿越駅]]とは別の位置
 
*新本別信号場:[[函館本線]](砂原支線) 銚子口 - 鹿部間(類型2)
 
*[[熊の湯信号場]]:函館本線 大沼 - 仁山間(類型3)大沼 - 七飯間に当信号場付近から藤城線が開業し、擬似的な複線となったため廃止
 
*[[狩勝信号場]](仮):[[根室本線]] 落合 - (廃)新内間(類型2) [[1966年]][[10月1日]]廃止(根室本線の新線切り替えに伴う)
 
*別保信号場→[[東釧路駅]]:根室本線・[[釧網本線]](類型1) 現在の[[別保駅]]とは別の位置
 
*[[神路信号場]](仮):[[宗谷本線]] 筬島 - 佐久間(類型2) [[1985年]][[3月14日]]廃止←[[1977年]][[6月25日]][[神路駅]]から信号場に格下げ
 
*[[東標津信号場]]:(廃)[[標津線]] 中標津 - 上武佐間(類型1)[[1945年]][[11月20日]]廃止 軍用引込線 終戦による旧海軍標津第一飛行場(現[[中標津空港]])閉鎖に伴う
 
 
 
===== JR東日本エリア =====
 
{{節スタブ}}
 
(仮)は[[仮乗降場]]としての営業も確認
 
*[[目黒川信号場]]:東海道本線・[[山手線|山手貨物線]] 品川 - 旧蛇窪信号場・大崎間(類型1:1965年より[[大崎駅]]構内の扱い)
 
*[[蛇窪信号場]]:東海道本線・山手貨物線 旧目黒川信号場・大崎 - 西大井間(類型1:上記の目黒川信号場と[[デルタ線]]を形成:1965年より大崎駅構内の扱い)
 
*[[丸子信号場]]:東海道本線 蛇窪信号場(当時、西大井駅は未開業) - 新鶴見操車場(当時、武蔵小杉駅は未開業)間(類型1:専用線を分岐)
 
*[[富士見信号場]](仮):[[中央本線|中央本線支線]]([[下河原線]]) 国分寺 - 下河原間(類型2)→国分寺駅構内扱い→北府中信号場→[[北府中駅]](現在の所属は武蔵野線 府中本町 - 西国分寺間)
 
*片倉信号場:[[横浜線]] 八王子-相原間(類型2)→[[片倉駅]]
 
*[[田島信号場]]:[[武蔵野線]] 西浦和・別所信号場 - 南浦和間(類型1)→[[武蔵浦和駅]]
 
*都賀信号場 (仮) : [[総武本線]] 千葉 - 四街道間 (類型2) →[[都賀駅]]
 
*物井信号場 : 総武本線 四街道 - 佐倉間 (類型2) →[[物井駅]]
 
*[[都川信号場]]:京葉線 (類型1 : 現・千葉みなと- 蘇我間、[[千葉貨物ターミナル駅]]開業時に川崎製鉄専用線との接続点に設置)
 
*[[東塩尻信号場]](仮):[[中央本線]] 小野 - 塩尻間(類型2)
 
*高久信号場(仮):[[東北本線]] 黒磯 - 黒田原間(類型不明)→[[高久駅]]
 
*[[衣川信号場]]:東北本線 平泉 - 前沢間(類型不明)
 
*[[中目信号場]]:東北本線 越河 - 白石間(類型2)→[[東北新幹線]][[白石蔵王駅]]の保守基地 
 
*青山信号場:東北本線(現・[[いわて銀河鉄道線]]) 盛岡 - 厨川間(類型2)現在の[[青山駅 (岩手県)|青山駅]]と同位置
 
*[[長根信号場]]:東北本線(現・[[いわて銀河鉄道線]]) 厨川 - 滝沢間(類型2)
 
*[[西岳信号場]]:東北本線(現・いわて銀河鉄道線) 奥中山 - 小繋間(類型2)
 
*[[滝見信号場]]:東北本線(現・いわて銀河鉄道線) 小繋 - 小鳥谷間(類型2)
 
*[[鳥越信号場 (東北本線)|鳥越信号場]]:東北本線(現・いわて銀河鉄道線) 一戸 - 北福岡間(類型2)
 
*井野信号場:両毛線 高崎 - 新前橋間(類型1)→[[井野駅 (群馬県)|井野駅]]
 
*加茂宮信号場:高崎線 大宮 - 上尾間(類型2) 1957年廃止(現在の[[宮原駅]]の位置。宮原駅は翌1958年開設のため同駅は加茂宮信号場の履歴を引き継いでいない)
 
*北湯檜曽信号場:[[上越線]] 湯檜曽 - 土合間(類型2)←旧[[湯檜曽駅]]
 
*茂倉信号場:上越線 土合 - 土樽間(類型2)
 
*[[大荒沢信号場]]:[[北上線]] 和賀仙人 - 陸中大石間(類型2)ダム建設によるルート変更のため、旧線上に存在した[[大荒沢駅]]を移設・降格
 
*七座信号場:[[奥羽本線]] 二ツ井 - 前山間 (類型2)1971年8月5日廃止
 
*白川信号場:[[米坂線]]・長井線(現・[[山形鉄道フラワー長井線]]) 今泉 - 萩生・時庭間(類型1:1984年より[[今泉駅]]構内の扱い)
 
*[[南余目信号場]]:[[羽越本線]] 藤島 - 余目間(類型2)
 
*[[矢引信号場]]:羽越本線 三瀬 - 羽前水沢間(類型2)
 
 
 
===== JR東海エリア =====
 
*[[友田信号場]]:[[東海道本線]] 金谷 - 堀之内(現・菊川)間(類型4・スイッチバック:閉塞区間分割ならびに勾配における重量[[貨物列車]]の待避のため)
 
*[[平井信号場]]:[[飯田線]] 下地 - 小坂井間(類型1・施設上は小坂井駅構内)
 
*倉本信号場:[[中央本線]] 上松 - 須原間(類型3)→([[倉本駅]])
 
*十二兼信号場:[[中央本線]] 野尻 - 三留野(現・南木曾)間(類型3)→([[十二兼駅]])
 
*田立信号場:[[中央本線]] 三留野(現・南木曾)- 坂下間(類型2)→(旧[[田立駅]])
 
*[[古渡信号場]]:[[中央本線]] 鶴舞 - 名古屋間(類型2)→([[金山駅 (愛知県)|金山駅]])
 
*三島信号場→[[三島駅]]:[[東海道新幹線]](類型7:列車留置並びに列車折り返しのため)
 
 
 
===== JR西日本エリア =====
 
*[[田刈屋信号場]] : [[北陸本線]] 富山 - 呉羽間(類型1:[[高山本線]]分岐点〉
 
*[[鳩原信号場]]:北陸本線 新疋田 - 敦賀間(類型1:[[柳ヶ瀬線]](廃止)を分岐)
 
*安楽寺信号場:北陸本線 倶利伽羅 - 石動間(類型2) [[1962年]][[8月1日]](類型3)に変更、 [[1962年]][[9月15日]]廃止
 
*木浦信号場:北陸本線 浦本 - 能生間(類型2) [[1969年]][[9月29日]]新線切替に伴い廃止
 
*百川信号場:北陸本線 能生 - 筒石間(類型2) [[1969年]][[9月29日]]新線切替に伴い廃止
 
*西名立信号場:北陸本線 筒石 - 名立間(類型2) [[1969年]][[9月29日]]新線切替に伴い廃止
 
*[[おおさか東線#鴫野駅 - 吹田貨物ターミナル駅間|都島信号場]]:片町線(貨物支線) 吹田操車場(現・[[吹田信号場]]) - 巽信号場間(類型2)
 
*[[巽信号場]]:片町線(貨物支線) 都島信号場 - [[鴫野駅|鴫野]]間(類型1:[[淀川駅 (国鉄)|淀川駅]]への分岐のため)
 
*[[淀川駅 (国鉄)|淀川信号場]]:片町線(貨物支線) [[淀川電車区]](初代) - 吹田操車場(現・吹田信号場)・鴫野間(類型1:車庫への入出庫線が分岐)
 
*[[正覚寺信号場|正覚寺信号場(初代、2代)]]:関西本線・片町線(貨物支線。現・[[おおさか東線]]) 平野 - 加美間(類型1:2代は1961年に[[平野駅 (JR西日本)|平野駅]]に併合され同駅構内扱いとなった)
 
* 猫間信号場:城東線(現・[[大阪環状線]]) 京橋(当時、大阪城公園駅は未開業) - 森ノ宮間(類型3:貨物用の別線が分岐)、1961年4月20日廃止。現在の大阪城公園駅付近の南方に設置。
 
* 中野町信号場:城東線(現・大阪環状線) 桜ノ宮 - 京橋間(類型1:貨物支線を分岐)
 
*[[上瀬野信号所]]:山陽本線 瀬野 - 八本松間(類型4・スイッチバック:閉塞区間分割ならびに勾配における重量[[貨物列車]]の待避のため)
 
 
 
===== JR四国エリア =====
 
*[[三秋信号場]]:予讃本線(現・[[予讃線]]) 向井原 - 高野川間(類型2)
 
*大王信号場:土讃本線(現・[[土讃線]])大杉 - 土佐北川間(類型2:新線切替に伴い廃止)
 
*笹場信号場:土讃本線(現・土讃線) 土佐久礼 - 影野間(類型2:スイッチバック)
 
 
 
===== JR九州エリア =====
 
{{節スタブ}}
 
*[[城山信号場]]:[[鹿児島本線]](旧線)遠賀川 - 赤間間 [[1909年]][[11月9日]]城山トンネル開通に伴う新線への切替えにより廃止。
 
*[[倉谷信号場]]:鹿児島本線(現・[[肥薩おれんじ鉄道線]])湯浦 - 津奈木間(類型3) 同区間の部分複線化に伴い暫定的に設置。[[1968年]][[5月23日]]、同区間の複線化完成のため廃止。
 
*[[新宮信号場]]→筑前新宮駅(現・[[福工大前駅]]):鹿児島本線 古賀 - 香椎間(類型2) [[1920年]][[10月1日]]筑前新宮駅昇格の際に300m博多寄りに移設。
 
*[[筑後川信号場]]:[[佐賀線]] 諸富 - 筑後若津間(類型8:昇開橋制御のために設置。1987年廃止)
 
*[[宗太郎信号場]]→[[宗太郎駅]]:[[日豊本線]] 重岡 - 市棚間 (類型2)
 
 
 
===== JR貨物エリア =====
 
{{節スタブ}}
 
 
 
=== 民鉄・第三セクター ===
 
==== 鹿島鉄道 ====
 
*玉里信号所→[[玉里駅]](類型2)
 
 
 
==== 筑波鉄道 ====
 
* [[真鍋駅|真鍋信号所]]:土浦 - 新土浦間 (類型1 : 真鍋機関区への入出庫のため。関東鉄道での変遷は一般駅→貨物駅→信号所)
 
 
 
==== 富山地方鉄道 ====
 
*[[鵯島信号所]]:[[富山地方鉄道富山市内軌道線|富山市内軌道線]] 新富山 - 大学前間(類型2)
 
 
 
==== 東武鉄道 ====
 
*[[中千住信号所]]:[[東武伊勢崎線|伊勢崎線]] 牛田 - 北千住間(類型1:千住線との分岐点で、後の千住分岐点(現 廃止))
 
*新鎌ヶ谷信号所→[[新鎌ヶ谷駅]]:[[東武野田線|野田線]](類型3)
 
*ききょう原信号所:[[東武東上線|東上線]] 鶴瀬 - 上福岡間(類型3)
 
*みずほ台信号所→[[みずほ台駅]]:東上線(類型2・3・7)
 
*[[川角信号所]]:[[東武越生線|越生線]] 川角 - 武州長瀬間(類型2)
 
*東小泉信号所→[[東小泉駅]]:[[東武小泉線|小泉線]](類型1:信号所時代は乗り換えの目的で乗降車を扱っており、仮乗降場的であった)
 
 
 
==== 西武鉄道 ====
 
*[[笠縫信号所]]:[[西武池袋線|池袋線]] 元加治 - 飯能(類型3)
 
*[[柳瀬信号所]]:[[西武新宿線|新宿線]] 東村山 - 所沢(類型2→類型3)
 
*[[西小川信号所]]:[[西武拝島線|拝島線]] 小川 - 東大和市(類型3)
 
*[[野口信号所]]:[[西武西武園線|西武園線]] 東村山〜西武園(類型1)
 
*[[中峯信号所]]:[[西武山口線|山口線]](軽便鉄道時代) 遊園地前〜ユネスコ村(類型2)
 
*[[山口信号所]]:[[西武山口線|山口線]](軽便鉄道時代) 遊園地前〜ユネスコ村(類型2)
 
 
 
==== 京成電鉄 ====
 
*[[向島駅 (東京都)|向島信号所]]:[[京成押上線|押上線]] 京成曳舟 - 荒川(現・八広)間(類型1:東京都交通局[[向島検車場]](現在は廃止)への入出庫のため)
 
 
 
==== 北総鉄道 ====
 
*新鎌ヶ谷信号所→[[新鎌ヶ谷駅]]:[[北総鉄道北総線|北総線]](類型1、7:列車留置並びに新京成電鉄線への接続のため)
 
 
 
==== 帝都高速度交通営団・東京地下鉄 ====
 
*下妙典信号場→[[妙典駅]]:[[東京メトロ東西線|東西線]](類型1:行徳検車区(現・[[深川検車区行徳分室]])への分岐のため)
 
 
 
==== 東京急行電鉄 ====
 
*長津田工場信号所→[[恩田駅]]:[[東急こどもの国線|こどもの国線]](類型1:[[長津田車両工場]]への分岐のため)
 
 
 
==== 東京モノレール ====
 
*昭和島信号所→[[昭和島駅]]:[[東京モノレール羽田空港線]](類型1:昭和島車両基地への分岐のため)<ref name="tokyomonorail1964">{{Cite journal|和書|title=開通迫る・東京モノレール|author=谷坤一郎|date=1964-07|publisher=電気車研究会|journal=鉄道ピクトリアル|number=159|page=30}}</ref>
 
*穴守信号所→羽田整備場駅(現・[[整備場駅]]):東京モノレール羽田空港線(類型3:この地点と1993年まで使用された[[天空橋駅#歴史|旧・羽田駅]]間は単線)<ref name="tokyomonorail1964"/>
 
 
 
==== 江ノ島電鉄 ====
 
*[[藤が谷信号場]]:江ノ島電鉄線 柳小路 - 鵠沼暫定駅間(類型2:鵠沼駅新築工事時に暫定的に設置)
 
 
 
==== ドリーム開発 ====
 
*[[小雀信号所]]:[[ドリーム開発ドリームランド線|ドリームランド線]] 大船 - ドリームランド間(類型2)
 
 
 
==== 岳南鉄道 ====
 
*[[左富士信号所]]: [[岳南線]] 吉原 - 日産前(現・ジヤトコ前)
 
*[[田宿信号所]]: [[岳南線]] 本吉原 - 岳南原田
 
 
 
==== 遠州鉄道 ====
 
*[[遠州浜松信号場]]:[[遠州鉄道鉄道線|鉄道線]] (廃)遠州馬込 - 遠鉄浜松(現・遠州病院)間(類型2:元は貨物駅、[[1985年]][[12月1日]]、[[浜松市]]中心街区域の連続[[立体交差]]化事業に伴う新線切替に伴い廃止)
 
 
 
==== 名古屋鉄道 ====
 
*伊奈信号所→[[伊奈駅]]:[[愛知電気鉄道|愛電]]豊橋線 豊橋 - 国府間(類型1:小坂井線への分岐) 駅昇格時期不詳
 
*[[知立信号所]]:名古屋本線 牛田 - 知立間(類型1:知立連絡線への分岐) 1984年(昭和59年)4月1日頃廃止
 
*東枇杷島信号所:一宮線 枇杷島橋 - 平野町間(類型1:笹島線への分岐) 1941年(昭和16年)8月12日廃止
 
*[[木曽川信号場]]:名古屋本線 位置不明(類型?) 1949年(昭和24年)8月27日廃止
 
*八幡口駅→[[八幡駅 (愛知県)#歴史|八幡口信号場]]:[[名鉄豊川線|豊川線]] 国府 - 八幡間(類型2) 1996年(平成8年)12月14日廃止
 
*南桜井信号場→[[南桜井駅 (愛知県)|南桜井駅]]:[[名鉄西尾線|西尾線]] 碧海桜井 - 米津間(類型3) 2008年(平成20年)6月29日駅昇格
 
*[[神宮前駅#跨線橋架け替えと西駅廃止|伝馬町信号所]]:[[名鉄常滑線|常滑線]] 神宮前 - 豊田本町間(類型1:常滑線旧跨線橋と神宮前駅(西駅)との分岐) 1965年(昭和40年)9月15日廃止
 
*[[分岐点 (名鉄常滑線)|分岐点]]:常滑線 道徳 - 大江間(類型1:山崎川貨物支線への分岐) 1946年(昭和21年)以前に廃止
 
*[[長浦信号所]]:愛電常滑線 古見 - 長浦間(類型?) 1924年(大正13年)以前に廃止
 
*[[蛇渕信号場]]:[[名鉄河和線|河和線]] 南成岩 - 上ゲ間(類型3:複線化工事中に設置) 1962年(昭和37年)3月11日廃止
 
*[[春里信号場]]:[[名鉄広見線|広見線]] 西可児 - 可児川<!--信号場設置中にライン遊園から可児川に改称-->間(類型3:複線化工事中に設置) 1970年(昭和45年)3月6日廃止
 
*[[古市場信号場]]:広見線 日本ライン今渡<!--信号場設置中に今渡から日本ライン今渡に改称--> - 新広見(現、新可児)間(類型3:複線化工事中に設置) 1969年(昭和44年)9月17日廃止
 
*[[鶴田町信号所]]:[[名鉄各務原線|各務原線]] 新岐阜 - 田神間(類型8:[[高山本線]]へ向かう専用線との[[ダイヤモンドクロッシング|平面交差]]部に設置) 1966年(昭和41年)10月6日廃止
 
*牛山信号場→[[豊山駅]]:[[名鉄小牧線|小牧線]] 春日井 - 牛山間(類型1:[[航空自衛隊]][[小牧基地]]専用線への分岐) 1951年(昭和26年)2月18日駅昇格、1968年(昭和43年)10月1日廃止
 
*[[豊山駅|豊山信号場]]:小牧線 春日井 - 牛山間(類型3) 2002年(平成14年)4月1日廃止
 
*[[二子信号場]]:小牧線 味鋺 - 味美間(類型3:[[上飯田連絡線]]の建設工事中に暫定的に設置) 2003年(平成15年)3月27日廃止
 
*喜多山信号所→[[喜多山駅 (愛知県)|喜多山駅]]:[[名鉄瀬戸線|瀬戸電気鉄道]] 小幡原 - 大森間 1927年(昭和2年)7月1日駅昇格
 
 
 
==== 近畿日本鉄道 ====<!--近鉄では「信号所」の名称が正式である可能性があるが、とりあえず「信号場」とします。-->
 
*[[三軒家信号場]]:[[近鉄大阪線|大阪線]] 伊賀上津 - 西青山間(類型2)
 
*[[垣内西信号場]]:大阪線 東青山 - 垣内東信号場間(類型2)
 
*[[垣内東信号場]]:大阪線 垣内西信号場 - 榊原温泉口間(類型2:上記の垣内東信号場と一体)
 
*[[亀谷信号場]]:大阪線 大三 - 伊勢石橋間(類型2)
 
*[[高野信号場]]:大阪線 伊勢石橋 - 川合高岡間(類型2)
 
*[[玉川信号場]]:[[近鉄奈良線|奈良線]] 若江岩田 - 八戸ノ里間(類型1:玉川工場(現在廃止)を分岐)
 
*三山木信号場→[[近鉄宮津駅]]:[[近鉄京都線|京都線]](類型1:宮津車庫を分岐・同駅開業により同駅構内扱いに変更され廃止)
 
*[[木曽川分岐信号場]]:[[近鉄名古屋線|名古屋線]] 近畿日本弥富(現・近鉄弥富) - 近畿日本長島(現・近鉄長島)間(類型3:複線区間の南端)<!--信号場は「古希」近鉄桑名駅発行、1989年31頁に掲載された1955年8月の列車運行図表(海山道駅以北)を基に判明したもの+近鉄となったのちに存在した逆川分岐・二重池・雲出川分岐各信号場を記載。(注)近鉄名古屋線を中心に見られる「○○分岐」は必ずしも信号場とは限らない。鹿化川分岐信号場は記載されていない。四日市方の複線化と海山道方の複線化短絡が同日だったので信号場としては存在しなかった模様。揖斐川分岐信号場は記載されていない。揖斐川駅と同一か(記事にする場合も揖斐川駅に含めれば良いと思われる)。-->
 
*[[播磨川分岐信号場]]:名古屋線 近畿日本長島(現・近鉄長島)(当時、休止中の駅では揖斐川駅<!--ここから南が複線-->) - 桑名間(類型3:複線区間の南端)
 
*[[逆川分岐信号場]]:名古屋線 白塚 - 高田本山間(類型3:複線区間の南端)
 
*[[二重池信号場]]:名古屋線 津新町 - 久居間(当時、南が丘駅は未開業)(類型3:複線区間の北端)
 
*[[雲出川分岐信号場]]:名古屋線 桃園 - 伊勢中川間(類型3:複線区間の南端)<!--存在時の列車運行図表を見ると信号場扱いになっていることが確認できる。雲出川橋梁北側に所在した。名古屋線の中川短絡線分岐地点は黒田分岐と称し、別地点である。-->
 
*[[四郷信号場]]:[[近鉄鳥羽線|鳥羽線]] 朝熊 - 池の浦間(類型2)
 
*[[浜田信号場]]:内部線(現・[[四日市あすなろう鉄道内部線]]) 近鉄四日市(現・あすなろう四日市) - 赤堀間(類型2)
 
 
 
==== 京阪電気鉄道 ====
 
*[[蒲生信号所]]:[[京阪本線]] 野江 - 京橋間(類型3)
 
*[[中宮信号所]]:[[京阪交野線|交野線]] 中宮(現・宮之阪) - 星ヶ丘間(類型3)
 
*[[森信号所]]:交野線 河内森 - 私市間(類型3:複線化工事中に暫定的に設置)
 
 
 
==== 阪急電鉄 ====
 
*[[高槻東信号所]]:京都線 上牧 - 高槻市間(類型7:列車留置並びに列車折り返しのため・高槻市駅高架工事時に暫定的に設置)
 
 
 
==== 阪神電気鉄道 ====
 
*[[千船信号場]]:本線 千船 - 杭瀬間(類型4:高架工事中に暫定的に設置)
 
 
 
==== 南海電気鉄道 ====
 
*[[加賀田信号所]]→[[美加の台駅]]:高野線(類型2:最晩年は類型3)
 
*[[粉浜信号所]]:南海本線 岸里玉出駅 - 粉浜駅間(類型3)
 
*[[妻信号所]]:高野線 橋本駅 - 紀伊清水駅間(類型1)
 
 
 
==== 高松琴平電気鉄道 ====
 
*花園信号所→[[花園駅 (香川県)|花園駅]]:[[高松琴平電気鉄道長尾線|長尾線]](類型2)
 
 
 
==== とさでん交通 ====
 
 
 
*[[八代信号所]]:伊野線 宇治団地前-八代通间(類型2)
 
 
 
=== 公営鉄道 ===
 
==== 東京都交通局(都営地下鉄) ====
 
*汐留信号所(初代)→[[新橋駅]]:[[都営地下鉄浅草線|浅草線]](類型7:列車折り返しのため。東銀座駅が折り返し不可能な構造のため、同駅終着・始発列車の折り返し点として使用されていた)
 
*汐留信号所(2代)→[[汐留駅]]:[[都営地下鉄大江戸線|大江戸線]](類型7:列車留置並びに列車折り返しのため)
 
 
 
==== 名古屋市交通局(名古屋市電) ====
 
*荒子信号所:[[名古屋市電下之一色線|下之一色線]] 小本 - 荒子間(類型2)
 
 
 
== 計画中の信号場 ==
 
=== 西日本旅客鉄道 ===
 
*[[神崎川信号場]]:おおさか東線 南吹田 - JR淡路間(類型1:貨物支線を分岐)<ref>[http://toyokeizai.net/articles/-/146116?page=2 新大阪-放出間に建設中「新路線」の現状は?] - 東洋経済オンライン</ref>
 
 
 
== 信号場ではないが信号場に近似するもの ==
 
*[[鹿島サッカースタジアム駅]]:JR東日本[[鹿島線]]・[[鹿島臨海鉄道大洗鹿島線]]・[[鹿島臨海鉄道鹿島臨港線|鹿島臨港線]]
 
*:[[臨時駅]]とも取れるが、通常は旅客扱いを行わず、(類型1)のJR鹿島線と鹿島臨海鉄道大洗鹿島線・鹿島臨港線の境界、(類型2)の単線区間の交換、(類型7)の列車留置に利用され、貨物駅や、旅客列車については信号場として機能している。
 
*[[宮原総合運転所|宮原操車場]]:JR西日本[[東海道本線]]貨物支線([[北方貨物線]])
 
*:操車場そのものは宮原運転所との統合で「[[宮原総合運転所]]」に改組され、現在はさらに「[[網干総合車両所]]宮原支所」に改組されているが、北方貨物線から宮原支所への分岐点にあたる停車場として「宮原操車場」の名称が残っている(類型1)。そのため操車場を名乗っているが事実上信号場ともいえる。
 
*北方貨物線の西廻り連絡線分岐:JR西日本東海道本線 塚本 - 尼崎間、同貨物支線(北方貨物線) 宮原操車場 - 尼崎間
 
*:大阪駅方面から塚本駅を経由して直接北方貨物線に入るための回送線の分岐点(類型1)。列車ダイヤや乗務員用の運転時刻表などでは'''[[塚本信号場]]'''と呼ばれるが、塚本駅構内の扱いであり、法令上の信号場ではない。
 
*[[防府貨物駅]]:JR西日本[[山陽本線]] ※過去
 
*:元々旅客扱いは行われておらず、貨物駅としても1998年の自動車代行駅への格下げで機能しなくなったが、それ以降も閉塞を分割する事実上の信号場として機能していた。しかし2010年までに閉塞境界としての機能も喪失し、2015年時点ではオフレールステーションを残して廃駅となっている。
 
*[[伊勢中川駅]]付近の中川短絡線の分岐:[[近畿日本鉄道]][[近鉄大阪線|大阪線]]・[[近鉄名古屋線|名古屋線]]
 
*:中川短絡線の大阪線・名古屋線の分岐点は、いずれも伊勢中川駅の構内扱いとなっている。大阪線の分岐は宮古分岐、名古屋線の分岐は黒田分岐と呼ばれる。また、[[ダイヤグラム]]には前者は「52号ポイント」、後者は「53号ポイント」と記され、伊勢中川駅のホームと同様に秒単位の時刻が記載されている。なお、1972年まで存在した'''雲出川分岐信号場'''は名古屋線の雲出川橋梁北側に位置し、中川短絡線の分岐点とは別地点である。
 
*[[田原本駅]]付近の異路線間の分岐:近畿日本鉄道[[近鉄橿原線|橿原線]]・[[近鉄田原本線|田原本線]]
 
*:同駅の連動装置上では、橿原線からの分岐部分は便宜上「田原本信号場」と言う名称が付けられているが、正式には同駅の構内扱いとなっている。田原本駅2番線(上り線)西大寺方に設置されている信号機は(田原本駅からの)出発信号機ではなく(田原本信号場への)場内信号機である。また、下り線は分岐手前(西大寺方)に第一場内信号機(橿原線/田原本線)があり、田原本線側に進入すると、田原本線との合流手前に第二場内信号機(一号線/二号線)がある。
 
その他、常設駅ではあるが、ある路線に旅客ホームや貨物扱いがなく、単なる運転取り扱い上の駅となっているものもある。
 
 
 
 
* [[東海道線 (JR東日本)|東海道旅客線]]・[[東海道貨物線]]・[[高島線]]・[[品鶴線]]([[横須賀線]]と[[湘南新宿ライン]])・[[武蔵野線]]・[[南武線]]の[[鶴見駅]]:(類型1)の各線([[東京貨物ターミナル駅]]、<small>高島線経由</small>[[桜木町駅]]、<small>品鶴線・武蔵野線・南武線</small>[[新鶴見信号場]]方面)の分岐点。
 
* [[常磐快速線]]の[[北柏駅]]:(類型4)の貨物列車の待避、(類型7)の[[成田線]]からの折り返し。開設当初は貨物駅であった。
 
他。
 
 
 
== 日本国外の信号場 ==
 
=== 台湾 ===
 
*[[大肚渓南信号場]]:[[海岸線 (台湾)|海線]]・[[台中線|山線]] 彰化-追分・成功間(類型1)
 
*[[談文南信号場]]:海線 大山-談文間(類型3)
 
*[[舞鶴信号場]]:[[台東線]] 瑞穂-三民間(類型2)
 
*[[中央信号場]]:[[南廻線|南迴線]] 枋山-古莊間(類型3)
 
*[[枋野駅|枋野信号場]]:南迴線 枋山-古莊間(類型2)
 
 
 
==== 過去に存在した信号場 ====
 
*[[縦貫線 (台湾鉄路管理局)|縱貫線]]
 
**五堵北信号場
 
**[[134信号場]](類型2)
 
**[[豊原北信号場]](類型1、後に類型3)
 
**[[167信号場]](類型2)
 
**[[193信号場]](類型2)
 
**[[大肚渓北信号場]](類型1)
 
*[[北迴線]]
 
**[[観音信号場]](類型2)
 
*[[南廻線]]
 
**[[富山信号場]](類型2)
 
**[[菩安信号場]](類型3)
 
 
 
=== タイ国有鉄道 ===
 
*[[北本線|北本線 (タイ国有鉄道)]]
 
**国鉄本庁前信号所(類型8:その他)
 
[[フワランポーン駅|クルンテープ駅]]構内と本線区間の境界として、同駅の第二出発信号機のある位置に、下り線にのみ設けられている。あくまでクルンテープ駅構内の一部にあたり、厳密には「信号所」と分類できる存在である。北本線(正式にはクルンテープ=チェンマイ線)のクルンテープ - [[ピッサヌローク駅|ピッサヌローク]]間は単線ないし3線並列方式によるCTCであるのに対し、クルンテープ駅構内の信号扱いは手動のため、信号方式の境界として設けられている。クルンテープ駅を発車した下り列車は、この位置でCTC区間に乗り入れるための交信を行う。(列車によっては停止する)
 
上り列車に対しては通常通りに場内信号を設けている。
 
 
 
タイ国鉄では「駅」の定義が日本とは異なっており、旅客営業を行わない交換可能箇所や分岐点も登記上は駅としての扱いを受けるため、公式には信号場は存在しない。
 
 
 
== 脚注 ==
 
{{脚注ヘルプ}}
 
{{Reflist}}
 
 
 
== 参考文献 ==
 
*電気車研究会『鉄道ピクトリアル』No.882 特集「信号場」
 
 
 
== 関連項目 ==
 
*[[鉄道信号機]]
 
*[[閉塞 (鉄道)|閉塞]]
 
*[[信号扱所]]
 
  
 +
{{テンプレート:20180815sk}}
 
{{デフォルトソート:しんこうしよう}}
 
{{デフォルトソート:しんこうしよう}}
 
[[Category:鉄道の設備]]
 
[[Category:鉄道の設備]]
633行目: 10行目:
 
[[Category:鉄道運転業務]]
 
[[Category:鉄道運転業務]]
  
 
{{rail-stub}}
 
 
{{Railway track layouts}}
 
{{Railway track layouts}}

2018/10/4/ (木) 13:49時点における最新版

信号場(しんごうじょう)

列車の行き違いや待避、あるいは停車場間の途中において、他の線路に分岐する目的で設けられた停車場。旅客および貨物の取扱いなどの営業活動はいっさい行わない。一般に信号場は、停車場間が長く線路容量が低い区間の中間に設置され、行き違い設備を設けることにより、その区間を二分して線路容量を向上させる目的で、いわば単線から複線に移行する中間的な措置として考えられたものである。



楽天市場検索: