actions

中国工商銀行

中国工商銀行
200px
東京支店
各種表記
繁体字 中國工商銀行
簡体字 中国工商银行
拼音 Zhōngguó Gōngshāng Yínháng
注音符号 ㄓㄨㄥ ㄍㄨㄛˊ ㄍㄨㄥ ㄕㄤ ㄧㄣˊ ㄏㄤˊ
ラテン字 zung1 gwok3 gung1 soeng1 ngan4 hong4
英文 Industrial and Commercial Bank of China Limited
テンプレートを表示

中国工商銀行(ちゅうごくこうしょうぎんこう、英:Industrial and Commercial Bank of China Limited、簡体:中国工商银行)は、中華人民共和国北京市に本店を置く銀行である。略称は工行、または英文商号からICBCと呼ばれる。

概要

中国建設銀行中国銀行中国農業銀行とともに中国四大商業銀行の一角を占め、総資産(20兆3,037億人民元)および営業収益(5,896億人民元)の点で世界最大の銀行である(2013年末現在)。1984年に創立され、中国全土および国外に17,613の支店網を擁し、ATM設置台数は19,026台、従業員数は424,516人に達する。

2003年、フォルティスグループからベルギー総合会社の香港支店Generale Belgian Bank を買収した。

株式上場

株式上場を控えた2006年5月28日にはゴールドマン・サックス(GS)、ドレスナー銀行アリアンツ傘下)、アメリカン・エキスプレスなどの出資を受けていた。特にGSは26億ドルの巨額の投資を行い、5.8%を保有する大株主となった。GSによる1回の投資額としては過去最高である。

同年10月27日香港証券取引所上海証券取引所に上場、株式を公開した。NTTドコモによる1998年の株式公開(184億ドル)を超え、史上最大の株式公開となった。

上場から数ヶ月で株価は大幅に上昇、JPモルガン・チェースHSBCなど欧米の金融機関時価総額を次々と追い抜き、ついにバンク・オブ・アメリカと逆転、2007年7月にシティグループを超え、世界第1位に躍り出た。

2012年4月16日、ゴールドマンが保有する株をシンガポールのテマセク・ホールディングスが買い取ると発表された。テマセクは保有率5.3%の大株主となった[1]

脚注

関連項目

外部リンク

テンプレート:SSE 50 テンプレート:Hang Seng Index