actions

ボーフォート海

ファイル:Sea ice terrain.jpg
ボーフォート海

ボーフォート海: Beaufort Sea[† 1][† 2])とは北極海の一部で、カナダノースウェスト準州ユーコン準州北極諸島アメリカ合衆国アラスカ州に面した海。北西の境界はアラスカのバロー岬プリンスパトリック島の端を結んだ線と定義されている。面積は約450 000km2。名前はアイルランドの海洋学フランシス・ボーフォートに由来する[1]。1年の大半は海が完全に凍り、北部を海氷が覆う。

カナダを流れるマッケンジー川その他の川が注ぎ、鯨と海鳥の重要な生息地である。北西航路と呼ばれる大西洋・太平洋間の最短航路が通るが、1年のほとんどの時期を海氷に覆われるため、商業航路としては使用されていない。一方、マッケンジー川やアラスカ・ノーススロープにあるような石油資源が海底下に眠っており、1960年代に石油探鉱が始まり、カナダ海域でアモーリガク油田(Amauligak)が発見されたが生産に至っていない。

アメリカ合衆国とカナダの間では経済水域の境界問題があるため、採掘の障害となっている。アメリカ合衆国は、海岸からの等距離方式を主張し、カナダ側はアメリカ(アラスカ州)・カナダ陸上国境の西経141度線を延長した線を主張している[2][3][4]。紛争海域の面積は、21,000平方キロメートル以上となる[5]

注釈

  1. イギリス英語発音:[ˈbəʊfət siː] ウファットゥ・スィー
  2. アメリカ英語発音:[ˈboʊfərt siː] ウファートゥ・スィー

脚注

  1. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. . 2018閲覧.
  2. The Law of the Sea Convention (BP-322E) . Dsp-psd.communication.gc.ca. Retrieved on 2013-03-21.
  3. Donald Rothwell (1996). The Polar Regions and the Development of International Law, Cambridge studies in international and comparative law. Cambridge University Press, 174, 176. ISBN 978-0-521-56182-2. 
  4. Summary of claims, Department of Defense, p. 10
  5. US-Canada Arctic border dispute key to maritime riches, BBC News, 2 August 2010

関連項目