actions

フス派

15世紀初頭のボヘミアの宗教改革者ヤン・フスの教説に追従する人々。フスが公会議で断罪,焚殺されたのち,ボヘミアの騎士,貴族の支持を得てチェコ民族運動の性格を帯び,チェコ語による典礼,平信徒にもパンだけでなくぶどう酒での聖体拝領を許すこと,説教の自由,聖職者の清貧と教会財産の収用などの要求を掲げて,高位聖職者,ドイツの支配に反対した。これに対するローマ教皇と皇帝の十字軍が数次にわたって発動されたが失敗。

1433年和平交渉が始りフス派の穏健な両形色派と極端なターボル派の分裂が表面化して,後者は,前者とカトリックの同盟軍に殲滅された。 36年和約が成立,両形色での聖体拝領などをかちとった自立的なボヘミア・カトリック教会が生れたが,17世紀初期以降徐々にローマ・カトリックに吸収された。

15世紀なかば,フス派の一部から同胞一致 Unitas Fratrum運動が生れ,宗教改革の動乱ののちモラビア教会として生残った.