actions

フェルマーの原理

2018/8/19/ (日) 19:52時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

フェルマーの原理フェルマーのげんり)とは、幾何光学における基礎原理のひとつ。

光は光学的距離が最短になる経路、すなわち進むのにかかる時間の停留点になる経路を通る、という原理。この原理からスネルの法則などの幾何光学の法則が導かれる。

1661年にフェルマーが発見したため、この名がある。

変分原理のひとつ。

関連項目