操作

ナジアンゾスのグレゴリオス

2018年7月28日 (土) 20:33時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (Admin がページ「ナジアンズのグレゴリウス」を「ナジアンゾスのグレゴリオス」に移動しました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

Gregorius of Nazianzus

[生] 330頃.カッパドキア,ナジアンズ近郊
[没] 389頃.カッパドキア,ナジアンズ近郊

聖人。東方の四大博士,カッパドキアの3教父の一人。

バシレイオスの学友。司教であった父を助けるため 361年頃司祭となり,名説教家として父の教区ナジアンズで信徒を指導した。 378年頃コンスタンチノープルに召されて同地の正統教会を再建,その司教となったが,辞して帰郷した。アリウス主義を反駁,ニカイア的信仰表明の確立に尽力,アポリナリウス派に対してはキリストの人性を擁護した。祝日1月 25日,5月9日。