actions

「チェ・ゲバラ」の版間の差分

(内容を「 {{Infobox 革命家 |名前=エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ<br /><div class="references-small">Ernesto Guevara de la Serna</div> |生没=1928年…」で置換)
(タグ: Replaced)
 
19行目: 19行目:
 
'''エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ'''({{lang|es|Ernesto Guevara de la Serna}}、[[1928年]][[6月14日]] - [[1967年]][[10月9日]])
 
'''エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ'''({{lang|es|Ernesto Guevara de la Serna}}、[[1928年]][[6月14日]] - [[1967年]][[10月9日]])
  
アルゼンチンの革命家。本名 Ernesto Guevara de la Serna。中流家庭に生まれた。1953年医科大学卒業後,革新政権下のボリビアとグアテマラを訪問。さらにメキシコに足を伸ばし,1955年夏同地でフィデル・[[カストロ]]に出会った。1956年12月カストロらとともにキューバに上陸してゲリラ戦を開始。1959年1月[[キューバ革命]]の成功後はキューバの市民権を与えられて,同 1959年国立銀行総裁,1961年工業大臣などの要職につき,新しいキューバの建設に貢献。1965年コンゴ共和国(現コンゴ民主共和国)のゲリラ戦に参加後ボリビアへ潜入し,山岳地帯でゲリラ活動を指揮した。1967年10月ボリビア政府軍に包囲され,傷ついて捕えられたのち銃殺された。主著に『ゲリラ戦争』La guerra de guerrillas(1960)。
+
アルゼンチンの革命家。本名 Ernesto Guevara de la Serna。中流家庭に生まれた。1953年医科大学卒業後,革新政権下のボリビアとグアテマラを訪問。さらにメキシコに足を伸ばし,1955年夏同地で[[フィデル・カストロ]]に出会った。1956年12月カストロらとともにキューバに上陸してゲリラ戦を開始。1959年1月[[キューバ革命]]の成功後はキューバの市民権を与えられて,同 1959年国立銀行総裁,1961年工業大臣などの要職につき,新しいキューバの建設に貢献。1965年コンゴ共和国(現コンゴ民主共和国)のゲリラ戦に参加後ボリビアへ潜入し,山岳地帯でゲリラ活動を指揮した。1967年10月ボリビア政府軍に包囲され,傷ついて捕えられたのち銃殺された。主著に『ゲリラ戦争』La guerra de guerrillas(1960)。
 
   
 
   
 
== 脚注 ==
 
== 脚注 ==

2018/10/5/ (金) 21:20時点における最新版

エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ
Ernesto Guevara de la Serna
GuerrilleroHeroico.jpg
1960年3月5日(31歳)「英雄的ゲリラ」より
通称: チェ・ゲバラ
生年: 1928年6月14日
生地: アルゼンチンの旗 アルゼンチン ロサリオ
没年: (1967-10-09) 1967年10月9日(39歳没)
没地:  ボリビア バジェグランデ地方イゲラ
思想: マルクス主義アメリカ主義ホセ・マルティによるもの)
活動: キューバ革命
所属: 7月26日運動
廟: チェ・ゲバラ霊廟

エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナErnesto Guevara de la Serna1928年6月14日 - 1967年10月9日

アルゼンチンの革命家。本名 Ernesto Guevara de la Serna。中流家庭に生まれた。1953年医科大学卒業後,革新政権下のボリビアとグアテマラを訪問。さらにメキシコに足を伸ばし,1955年夏同地でフィデル・カストロに出会った。1956年12月カストロらとともにキューバに上陸してゲリラ戦を開始。1959年1月キューバ革命の成功後はキューバの市民権を与えられて,同 1959年国立銀行総裁,1961年工業大臣などの要職につき,新しいキューバの建設に貢献。1965年コンゴ共和国(現コンゴ民主共和国)のゲリラ戦に参加後ボリビアへ潜入し,山岳地帯でゲリラ活動を指揮した。1967年10月ボリビア政府軍に包囲され,傷ついて捕えられたのち銃殺された。主著に『ゲリラ戦争』La guerra de guerrillas(1960)。

脚注



楽天市場検索: