actions

サバ州

2018/2/2/ (金) 06:43時点におけるja>Meaukによる版 (宗教: 編集前の「ムスリム」という言葉は宗教名ではなく、それを信仰する人たちの名称である)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
サバ州
Sabah
سابه
—    —
標語:Sabah Maju Jaya
座標: 東経117度0分北緯5.25度 東経117度5.25; 117
ブルネイ 16世紀
スールー王国 1658年
英保護国北ボルネオ 1882年
マレーシア 1963年9月16日
州都 コタキナバル
行政
 - 政党 国民戦線
 - 州知事English版 Juhar Mahiruddin
 - 州首相English版 Musa Aman
面積
 - 計 76,115km2 (29,388.2mi2)
人口 (2009)
 - 計 3,202,880人
族称 Sabahan
人間開発指数
 - HDI (2003) 0.735 ()
郵便番号 88xxx ~ 91xxx
電話番号 087 (内陸部)
088 (コタキナバル & クダッ)
089 (Lahad Datu, サンダカン & タワウ)
ISO 3166コード MY-12
ナンバープレート SA,SAA,SAB (コタキナバル & コタ・ブルッ)
SB (Beaufort)
SD (Lahad Datu)
SK (クダッ)
SS (サンダカン)
ST (タワウ)
SU (Keningau)
ウェブサイト sabah.gov.my
ファイル:Malaysia Act 1963.pdf
マレーシア法1963(ドキュメント)

サバ州(サバしゅう、ラテン文字: Sabah, ジャウィ: سابه)は、マレーシアの行政区画)のひとつである。

概要

ボルネオ島にあるマレーシア領の東側3分の1を占める。州都はコタキナバル。マレーシア国内において高度な自治権を有しており、州外との行き来には入境管理が行われ、マレーシア国民であっても身分証明書(MyKadと呼ばれる国民身分証)が必要となる。

歴史

1881年北ボルネオ会社が設立され、当初は経営もしていた。[1][2] [3][4]1888年イギリス保護国イギリス保護国北ボルネオ1882年 - 1963年)が成立した[5]

1963年サラワク州シンガポールとともにマラヤ連邦と統合してマレーシアを結成した。[6]

北ボルネオ紛争

2013年2月11日ラハダトゥ付近に「スールー王国軍」を名乗る武装勢力が不法上陸し(ラハダトゥ対立 (2013年))、治安部隊との戦闘で双方に死者が出た[7] [8]

地理

ボルネオ島東部、サラワク州ブルネイ(陸路国境はないがブルネイ湾を挟んで接している)・インドネシアに隣接している。現在はマレーシア領であるが、かつてフィリピンが同地域の領有権を主張したこともある(スールー王国参照)。

州の大半がジャングルに覆われており、世界遺産にも登録されたキナバル国立公園東南アジア最高峰のキナバル山(標高4,095m)もこのサバ州にある。なお、キナバル山は州の旗にも描かれている。

州政府の地域行政区分

サバ州は5つの広域行政地域(マレー語:Bahagian, 英語:Division)に分けられる。

  • クダッ省 (マレー語:Bahagian Kudat, 英語:Kudat Division)
  • 西海岸省 (マレー語:Bahagian Pantai Barat, 英語:West Coast Division)
  • 内陸省 (マレー語:Bahagian Pedalaman, 英語:Interior Division)
  • タワウ省 (マレー語:Daerah Tawau, 英語:Tawau Division)

なお、地理的に近い位置にあるラブアン島は連邦直轄領となっている。

地方自治体

  • 首都特別市
ファイル:KKCity.jpg
コタキナバル

経済

州内で伐採される木材の多くは日本に輸出され、南洋材として重宝された。沖合では石油が生産されており、ガスも発見された。

一方で州都のコタキナバルの周辺には、大規模なビーチリゾートが開発されている。

交通

陸運

空運

住民

民族

民族構成は、カダザン族English版バジャウ族English版en:Bruneian peopleen:Murut peopleなど先住民族が多数。中国系(客家)もいる。近年フィリピンの不法移民が増加している。

言語

マレー語チャバカノ語en:Semporna

宗教

イスラム教キリスト教仏教

脚注

関連項目

外部リンク

テンプレート:Malaysia-stub