actions

「コハク酸」の版間の差分

ja>Kto2038
(安全性: 内部リンク修正)
(1版 をインポートしました)
 
(相違点なし)

2018/8/19/ (日) 21:54時点における最新版


コハク酸琥珀酸、コハクさん、succinic acid)は、構造式 HOOC–(CH2)2–COOH で表されるカルボン酸の一種。はじめコハク乾留により見つかったためにこの名がついた。英名のsuccinic acidはラテン語のsuccinum(コハク)に由来する。

沿革

琥珀を破砕し、砂浴で蒸留することで得られた。外用薬としてリウマチに、内服薬として淋病に用いられていた。

現在は食品産業で用いられる。全生産量は16,000-30,000tと推定されており、年10%ずつ増加している[1]

生化学・化学

クエン酸回路を構成する化合物のひとつで、コハク酸デヒドロゲナーゼによって酸化されフマル酸となる。このときに使われる補酵素FAD

コハク酸 + FAD → フマル酸 + FADH2

コハク酸のジエチルエステルはシュトッベ縮合の基質となる。

用途

類に含まれるうま味物質である。うま味を感じさせる作用は、コハク酸ナトリウムの方が高い。医薬品の賦形剤としてpH調整に[2]調味料として食品に用いられる他、メッキなどの工業用にも用いられる。また炭酸ガスを発泡する入浴剤の成分でもある[3]

アルコール発酵の副産物でもあり、ワインやビールに塩味・苦味・酸味を与える[4]

安全性

高濃度では可燃性で、腐食性があり薬傷を引き起こす。

食品添加物サプリメントとしてFDAに認可されている[5]

出典

関連項目

外部リンク