actions

ウァレンス

2017/9/27/ (水) 14:07時点における61.7.3.99 (トーク)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ファイル:Solidus Valens - transparent background.png
376年にウァレンスによって鋳造された金貨。裏面にはウァレンスと兄のウァレンティニアヌス1世が、権力の象徴である宝珠を持つ姿が描かれている

フラウィウス・ユリウス・ウァレンスラテン語: Flavius Iulius Valens, 328年 - 378年8月9日)は、ローマ帝国皇帝(在位364年 - 378年)。兄ウァレンティニアヌス1世より帝国東部を任されて、共同統治した。ハドリアノポリスの戦いゴート戦争)で敗死した。

生涯

365年、ユリアヌスの母方の親類であるプロコピウスが自分の方が皇位継承者に相応しいと主張し、反乱を起こして皇帝を僭称した。トラキア小アジアの都市や軍隊が帰属先を頻繁に変える中、366年リディアのティアトリアで辛くも戦いに勝利することができ、同年5月27日プロコピウスは処刑された。

376年頃、フン族の侵入にさらされたゴート族が避難場所を求めて帝国領内に移動してきた。ウァレンスはトラキア移住の許可を出したが、その後、ゴート族が暴動略奪を起こしたため、ウァレンスはゴート族を鎮圧しようとした。378年ハドリアノポリスの戦いで両者は会戦したが、ローマ軍は完全に打ち破られてしまい、ウァレンスも負傷した。その撤退途中に避難した小屋が敵軍に包囲・放火され、焼き殺されるという最期を遂げた。

熱狂的なアリウス派の信徒であるウァレンスがこのような不名誉な死を遂げたことが伝わると、弾圧されていたアタナシウス派(三位一体派)は歓喜したといわれる。