actions

アラム語

2018/10/27/ (土) 00:30時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (内容を「 '''アラム語'''(<span dir="rtl" style="font:larger 'Code2000',sans-serif">ܠܫܢܐ ܐܪܡܝܐ</span>, {{lang-la|Lingua Aramaica}}) セム語族に属する言語…」で置換)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)


アラム語ܠܫܢܐ ܐܪܡܝܐ, ラテン語: Lingua Aramaica

セム語族に属する言語の一つ。アラマイ語ともいう。カナーン語,ウガリト語などとともに北西セム語をなす。前7世紀頃からメソポタミアでアッカド語を駆逐して次第に近東の共通語となり,ペルシア帝国の公用語にもなった。紀元後東アラム語と西アラム語に分れたが,西アラム語には,キリスト時代のパレスチナの民衆の言語パレスチナ・アラム語,旧約聖書の翻訳『タルグム』により知られるユダヤ人のアラム語,同じく翻訳でみられるサマリア語,さらにパルミラ語,ナバテア語などがある。東アラム語は,北部メソポタミアのシリア語が代表。この言語はエデッサを中心とするアラム文化のにない手であり,ギリシア文化をヨーロッパに伝える役も果した。その他マンデ語,バビロニア・タルムード『ゲマラ』の言語など。アラム語の最盛期は7世紀で終り,以後アラビア語に取って代られたが,今日でもレバノン山脈の東やイラン北西のリザーイエにアラム語の後裔,現代アラム語が数千人によって話されている。なお,文字はアラム文字と呼ばれ,北セム文字の一つ。




楽天市場検索: