actions

「アドラーストス」の版間の差分

ja>月下薄氷
(リンク修正ほか)
 
(1版 をインポートしました)
 
(相違点なし)

2018/8/19/ (日) 18:37時点における最新版

アドラーストスἈρχαία ἑλληνικὴ: Ἄδραστος, Adrāstos)はギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してアドラストスとも表記される。アルゴス王で、テーバイ攻めの七将の一人。

概説

タラオスとリューシマケーの息子。アポロドーロスによれば、兄弟にパルテノパイオスプローナクスメーキステウスアリストマコスエリピューレーがある。プローナクスの娘アムピテアーを妻として、アルゲイアーデーイピュレーアイギアレイアアイギアレウスキュアニッポスが生まれた。

神話

王宮でポリュネイケーステューデウスが戦っているところを見て、「獅子と猪に娘を嫁がせよ」とのデルポイの神託を思い起こしたアドラーストスは二人を引き分け、ポリュネイケースに娘のアルゲイアーを、テューデウスに娘のデーイピューレーを娶せた[1]。アドラストスは婿となった二人を祖国に戻すことを約束し、まずポリュネイケースをテーバイに戻すため、軍勢を率いてテーバイを攻めた。

この間、ネメアー祭の競技では競馬で勝利した。テーバイ攻めでは七つの門のうちホモローイダイ門を攻めた[2]。しかし戦いは敗北に終わり、アドラーストスは七将のうちただ一人生還した。アドラーストスの馬はデーメーテールポセイドーンとの間に産んだとされるアレイオーンで、ヘーラクレースから譲り受けたものであった。このため、彼に追いつく者がなかったのである。アドラーストスはテーバイ王となったクレオーンがアルゴス勢の埋葬を禁じたと聞くとアテーナイに向かい、遺骸の引き取りを頼んでテーセウスの協力を得た[3]

戦いの10年後、エピゴノイが再びテーバイを攻めたとき、アドラーストスは息子のアイギアレウスが討ち死にしたことを悲しむあまり、死んだ[4]。アルゴスの王座はアドラーストスの娘アイギアレイアの夫となったディオメーデースが継いだ。

系図

テンプレート:タラオスの系図

脚注

  1. ポリュネイケースの盾に獅子の、テューデウスの盾に猪の絵柄がそれぞれ描き込まれていた。
  2. エウリピデースではアドラーストスは名称のない第7の門を攻めている。アイスキュロスではアドラーストスは七つの門に配置されない。
  3. アルゴス勢の埋葬は、エウリピデース作『救いを求める女たち』の題材となった。
  4. テイレシアースの予言によれば、七将が生き残っている間はテーバイは持ちこたえるのであり、アドラーストスの死はテーバイの陥落を意味していた。

参考文献