actions

たけふ菊人形

2018/10/10/ (水) 23:27時点におけるAdmin (トーク | 投稿記録)による版 (1版 をインポートしました)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ファイル:Takefu central park kikuningyo.JPG
武生中央公園。2015年度たけふ菊人形開催時。

たけふ菊人形(たけふきくにんぎょう)は、毎年10月上旬から11月上旬にかけて福井県越前市武生中央公園で行われる菊人形である。日本三大菊人形のひとつに数えられる。菊人形の展示のほかに、愛好家による菊花展示、OSK日本歌劇団によるレビュー、その他各種イベントが行われる。

歴史

江⼾時代のころから、越前の武⽣は寺社で菊の品評会が⾏われるほど菊作りが盛んな土地柄で、愛好家も多かった[1]。1949年(昭和24年)の全国市議会議で、武⽣市議会の副議長が、古くから菊人形で有名な枚方市の議長と菊⼈形の話題で盛り上がったことが発端となり、終戦後の町の活性化を考えていた当時の武生市⻑の方針と合致し、菊花愛好家の各団体の協⼒もあり、菊花と菊⼈形の展覧会が始まった[1][2][3]

年表[4][1]
  • 1952年(昭和27年) - 武生市、武生商工会議所主催による第1回「たけふ菊人形」開催。(10月10日~11月15日)
  • 1961年(昭和36年) - ⼤劇場(現在の越前市⽂化センター中ホール)の完成。
  • 1969年(昭和44年) - 大河ドラマをテーマとした菊⼈形展⽰を開始。
  • 1976年(昭和51年) - 遊具の設置:モノレール。
  • 1978年(昭和53年) - 遊具の設置:大観覧車。
  • 1980年(昭和55年) - 大劇場にてOSK日本歌劇団によるレビュー初上演。
  • 1981年(昭和56年) - 第30回記念で菊人形マスコットキャラクター、菊ちゃんと竹ちゃん登場。
  • 1986年(昭和61年) - 菊人形マスコットキャラクター、二代目菊ちゃんと竹ちゃん登場。遊具の設置:バイキング。
  • 1991年(平成3年) - 「全日本菊花大会」発足。
  • 1995年(平成7年) - 菊人形マスコットキャラクター、三代目菊ちゃんと竹ちゃん登場。
  • 2002年(平成14年) - たけふ菊人形入場者数600万人突破。
  • 2003年(平成15年) - 「たけふ菊人形まつり実行委員会」発足。
  • 2011年(平成23年) - 噴水広場に動物のトピアリーが登場。
  • 2012年(平成24年) - 新しい菊人形マスコットキャラクター、きくりん登場。
  • 2017年(平成29年) - 県内最⼤級の⼤型遊具を有する「だるまちゃん広場」整備。

協賛

新聞・放送局協賛
福井新聞社 丹南ケーブルテレビ 北日本放送 びわ湖放送
日刊県民福井 テレビ金沢 チューリップテレビ 福井街角放送
福井放送 北陸朝日放送 富山テレビ 福井ケーブルテレビ
福井テレビ 北陸放送 岐阜放送 さかいケーブルテレビ
福井エフエム放送 石川テレビ KBS京都
各社協賛
アイシン・エィ・ダブリュ工業 JR西日本 日華化学 仏壇の山下屋
アイビックス JA越前たけふ・コープ武生 日産プリンス福井販売 プリンスホテルタケフ
秋吉 重松産業 日信化学工業 BOAT RACE三国
アスピカグループ シピィ ネッツトヨタ福井 ホームセンターみつわ
アル・プラザ武生 仁愛大学 ハーツたけふ ホクコン
井上リボン工業 スズキアリーナ武生 ハニー 北陸銀行
ウエキグミ 関組 バロー 北陸コカ・コーラボトリング
越前エネライン ダイエイ 福井貨物自動車 北陸電気保安協会
越前めがねの里・オプチカルイイジマ タイヤセールスグループ 福井銀行 北陸電力
オーイング 武生商工会議所 福井車輌輸送 北陸マツダ 武生店
オートランドウエジマ 武生製麺・越前そばの里 福井信用金庫 北陸リトレッド
小野谷機工・ONODANIグループ 武生楽市 福井鉄道 北陸労働金庫
オリオン電機 田中建設 福井トヨタ自動車 ホテルクラウンヒルズ武生
鎌仁商店 東京海上日動 福井支店 福井トヨペット 丸高コンクリート工業
カラヤグループ 東芝 福井日産自動車 三谷商事
川端工務店 ドコモショップ 武生店 福井三菱自動車販売 三谷セキサン
ギャレックス 轟産業 福井村田製作所 ミナトヤ運輸
キョーセー トヨタカローラ福井 フクビ化学工業 山甚産業
KTPたけふスイミングスクール トヨタレンタリース福井 福邦銀行 ろくべえ
コーシン ナカヤ化学産業 ふじや食品 和風レストラン 瀧雅

ギャラリー

脚注

出典

関連項目

外部リンク