actions

Y染色体アダム

Y染色体アダム(Yせんしょくたいアダム)とは、Y染色体系譜を遡った場合に、人類共通の男系祖先とみなせる概念上の人物である[1]

ヒトのY染色体は男性から男性へと遺伝する。通常、Y染色体は男性の細胞核中に1本単独で存在し、相同染色体対を作らず、擬似常染色体領域と呼ばれる一部の領域を除いて、染色体乗換えは起きない。このことから、Y染色体の特異的な領域(MSY, male specific region of Y chromosome)に生じている突然変異を特定することで、「人類共通の男系祖先」が一人に収斂する年代が推定されている。

「人類共通の男系祖先」であるY染色体アダムは、20-30万年前の一人だと推定される[2]。これはミトコンドリア・イブの年代とおおむね一致している。これは、それ以前にY染色体がなかったということを意味するのではなく、Y染色体は何十万年も前から存在していたが、そのほとんどは、途中で絶えてしまい、今もなお存在しているもののなかで一番古いものは20-30万年前のものだ(このアダムと同世代の他の男性は、いずれも男系子孫を残していない)、というだけのことである。現時点のY染色体は、数万年もたてば、すべて滅びてしまう。そして未来における何らかのY染色体をもつ誰かが、数万年後の世界にとってY染色体アダムとなる。

現生人類で確認されている最も古い系統であるハプログループA00が27万年前に遡る[3][4]とされていることは、Y染色体アダムの年代と合致する結果である。 テンプレート:Y-DNA

脚注

参考文献

関連項目