操作

SoftBank (携帯電話)

SoftBank(ソフトバンク)は

携帯電話やインターネット接続などを中心とする日本の大手電気通信会社。ソフトバンク企業グループの中核企業の一つで、代表取締役会長はソフトバンク創業者の孫正義(そんまさよし)、代表取締役社長は宮内謙(みやうちけん)(1949― )。移動通信サービス、固定通信サービス、インターネット接続サービス、携帯端末や同関連製品の販売などを手がける。固定電話事業の前身は、旧国鉄を母体に1984年(昭和59)に設立された日本テレコム(後のソフトバンクテレコム)、携帯電話事業の前身は日本テレコムが中心となって1991年(平成3)~1992年に設立した自動車・携帯電話会社の東京・関西・東海デジタルホン(社名はJ-フォン、ボーダフォンを経てソフトバンクモバイルに変更)である。いずれもソフトバンクを中心とする企業グループが買収によって傘下に収めた。2006年(平成18)には、簡易移動情報端末向けの地上デジタル放送サービス(ワンセグ)を視聴できる第3世代携帯電話を発売し、2008年にはアップル社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン) 3G」を販売して一気に携帯電話市場でシェアを拡大した。2013年7月、アメリカ携帯電話加入者数第3位のスプリント・ネクステル社を買収し、世界の携帯電話市場で第4位のグループとなった。携帯電話契約数約3931万、資本金約1772億5100万円、従業員数約1万7200人(いずれも2017年3月末時点)。なおソフトバンク(株)は1999年から2015年までソフトバンク企業グループの持株会社であったが、2015年にソフトバンクグループ(株)に社名を変更。それまでソフトバンクモバイル(株)という携帯電話を中心とした電気通信企業が同時にソフトバンク(株)に社名変更した。

外部リンク



Rakuten 楽天市場検索: