actions

SBパワー


SBパワー株式会社: SB Power Corp.)は、ソフトバンクグループ小売電気事業者[1]である。

概要

SBパワーはソフトバンクグループのSBエナジーや一般企業およびJEPXから電力調達を行い、販売委託先であるソフトバンクを通して、高圧電力の法人向け販売を開始。[2] 2016年4月からの低圧電力の自由化に伴い、一般家庭向け販売も開始している。[3]

沿革

  • 2012年(平成24年)
    • 8月31日 : 汐留パワーステーション6号株式会社設立
  • 2013年(平成25年)
    • 3月29日 : 特定規模電気事業者届出
    • 7月 : JEPX加入[4]
    • 12月17日 : 汐留パワーステーション6号株式会社からSBパワー株式会社に商号変更[5]
  • 2014年(平成26年)
    • 1月31日 : 電力小売事業参入報道[6]
    • 7月1日 : 50kW以上の高圧法人向け電力小売り事業開始(東京電力エリア)[7]
    • 12月1日] : 出力50kW未満の低圧電力買取サービス開始(東京電力エリア)[8]
  • 2015年(平成27年)
    • 4月15日 : SBエナジー子会社からソフトバンク子会社に組織改編[9]
  • 2016年(平成28年)
    • 2月23日 : 小売電気事業者登録
    • 4月1日 : 北海道電力エリアと東京電力エリアで「FITでんきプラン」提供開始[10]
    • 7月1日 : 関西エリアで「FITでんきプラン」提供開始[11]
  • 2017年(平成29年)
    • 2月1日 : 「FITでんきプラン」をリニューアルし、「自然でんき」の提供開始[12]
    • 2月1日 : 中部電力エリアと関西電力エリアで「おうちでんき」の提供開始[13]

出典

  1. 小売電気事業者一覧”. 資源エネルギー庁 (2017年5月16日). . 2017-5-16閲覧.
  2. 電力と通信を組み合わせた小売、ソフトバンクグループが全国展開へ”. ITmedia (2014年7月3日). . 2015-1-22閲覧.
  3. ソフトバンク、電力小売り参入へ 企業向けは今春にも”. 朝日新聞デジタル (2014年1月31日). . 2015-1-22閲覧.
  4. JEPX=8日現在の会員は67社、シナネンなど3社増加”. リムエネルギーニュース (2013年7月10日). . 2015-1-22閲覧.
  5. 取引会員の名称変更のお知らせ”. 日本卸電力取引所 (2013年12月17日). . 2015-1-22閲覧.
  6. ソフトバンクが電力小売事業に参入、一般家庭向けも視野に”. ロイター (2014年1月31日). . 2015-1-22閲覧.
  7. ソフトバンクグループ、メガソーラー電力の小売りを開始、調整電源にガス火力”. 日経テクノロジー (2014年7月1日). . 2015-1-22閲覧.
  8. ソフトバンクグループのSBパワー、低圧連系太陽光の買取サービス開始”. 日経テクノロジー (2014年12月3日). . 2015-1-22閲覧.
  9. ソフトバンクが電力小売りに向け 東電との提携最終調整へ”. 週刊ダイヤモンド (2015年4月27日). . 2015-4-27閲覧.
  10. 再生可能エネルギー57%の電力を家庭に、ソフトバンクの「FITでんき」”. スマートジャパン (2016年3月16日). . 2016閲覧.
  11. ソフトバンク、「FIT電気・6割」の料金プランを関西でも提供”. 日経テクノロジーオンライン (2016年7月1日). . 2016閲覧.
  12. ソフトバンク、FITでんきのリニューアルを発表「自然でんき」へ”. 価格.com (2017年2月1日). . 2017閲覧.
  13. ソフトバンク、規制料金より1%安い料金で利用できる「おうちでんき」提供開始”. エキサイトニュース (2017年1月30日). . 2017閲覧.

関連項目

外部リンク