actions

カール・カウツキー

K.カウツキーから転送)
カウツキー(M.リーバーマン作,リトグラフ).jpg

カール・カウツキー(Karl Johann Kautsky, 1854年10月16日 - 1938年10月17日

ドイツの社会主義者。ドイツ社会民主党の代表的理論家,第2インターナショナルの理論的指導者。 1874年ウィーン大学に入学,オーストリア社会民主党に入党。 79年頃ベルンシュタインと知合い,さらにマルクス,エンゲルスとも知合う。 83年ドイツ社会民主党の理論誌『新時代』を発刊,91年にはエルフルト綱領を起草,ドイツ社会民主党の理論的指導者の地位を確立し,ベルンシュタインらとの「修正主義論争」では「正統派」マルクス主義の代表的論客として活躍。第1次世界大戦勃発時はドイツの参戦を是認するも,のちに戦争反対に転じ 1917年独立社会民主党創立に参加する。また同年ロシア革命に際してはレーニンらを批判した。 22年に社会民主党に復帰する。マルクスの『資本論』『剰余価値学説史』の編集者として,またマルクス主義の古典の監修,刊行に尽力したことでも知られる。



楽天市場検索: