操作

Jリーグ アジアチャレンジ

開始年 2017年
主催 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ
提携リーグ主管団体
地域 アジア
参加チーム数 4
加盟国 日本の旗 日本タイ王国の旗 タイ
サイト http://www.jleague.jp/asiachallenge/
テンプレートを表示

Jリーグ アジアチャレンジは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)主催の国際プレシーズンマッチ

概要

Jリーグのアジア戦略の一環として開催されるプレシーズンマッチであり、2017シーズンから3年間に渡り、Jリーグと提携しているリーグの国で開催される[1][2]

全試合がパフォーム・グループの動画配信サービス「DAZN」で生配信される[3]

2017年大会

日・タイ修好130周年 2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」の名称で、タイリーグ社との共催によりタイ王国ラジャマンガラ・スタジアムで開催される[1]。日本とタイとの修好130年記念として開催される[4]

レギュレーション(2017年)

Jリーグクラブとタイリーグクラブ2チームずつが参加し、同一リーグのチーム同士が対戦しない「リーグ対抗戦形式」により行われる[1]。90分で決着がつかない場合は引き分けとし、参加チームの勝ち点合計の多いリーグを勝者とする。勝ち点が同じ場合は「得失点差」「総得点」を比較し、それでも優劣がつかない場合は両リーグ引き分けとする[4]

各チームの試合エントリーは20名以内、試合中の交代人数は8名までとする[4]。これは同じくJリーグが主催するプレシーズンマッチ「JリーグDAZNニューイヤーカップ」と同じである。

参加クラブ(2017年)

日程・結果(2017年)

テンプレート:Footballbox collapsible テンプレート:Footballbox collapsible テンプレート:Footballbox collapsible テンプレート:Footballbox collapsible テンプレート:Fb cl header テンプレート:Fb cl2 team テンプレート:Fb cl2 team テンプレート:Fb cl footer

2018年大会

日本インドネシア国交樹立60周年記念 2018Jリーグ アジアチャレンジ in インドネシア」として、インドネシアサッカー協会との共催、日本インドネシア国交樹立60周年記念事業運営委員会の特別協賛でインドネシアジャカルタグロラ・ブン・カルノ・スタジアムで開催される[5]

レギュレーション(2018年)

前回大会と異なり、日本・インドネシア両国から1チームずつが参加するワンゲームマッチで開催される。前後半各45分で、勝敗が決しない場合は延長戦を行わずPK戦(ABBA方式)で決着をつける。

試合エントリーは1チーム18名以内(外国籍選手は5名まで。ただし、試合への同時出場は3名までとし、アジアサッカー連盟(AFC)加盟国の選手1名を含む場合は4名までとする)で試合中の交代は7名まで可能。

参加クラブ(2017年)

日程・結果(2018年)

2018年1月27日
16:03 (UTC+7)
バヤンカラFC 2 - 4 FC東京
ダ・シルバ 54分にゴール 54分 (pen.)
マリヌス・ ワネワルBahasa Indonesia版 69分にゴール 69分
レポート(Jリーグ) 森重真人 3分にゴール 3分
久保建英 74分にゴール 74分90+9分
前田遼一 84分にゴール 84分
グロラ・ブン・カルノ・スタジアム
観客数: 35,010人
主審: [[ファイル:テンプレート:Country flag alias PHL|border|25x20px|テンプレート:Country alias PHLの旗]] STEVE SUPRESENCIA

脚注

関連項目

外部リンク


  • テンプレート:日本のサッカー