actions

I.W.ハーパー

I.W.ハーパー: I.W. Harper)は、バーボン・ウイスキー銘柄

概説

1877年ドイツ系アメリカ人のアイザック・ウォルフ・バーンハイム(Isaac Wolfe Bernheim)によってケンタッキー州ルイヴィルで生み出された。その名は彼のイニシャル(I.W.)とその無二の親友であったフランク・ハーパーに由来する[1]1885年ニューオーリンズでおこなわれた万国博覧会で金賞を受賞。世界の博覧会で5つのゴールドメダルを獲得し、これらのメダルはボトルのゴールドラベルに印刷され、現在に至るハーパーのブランドの礎となった[2]。1930年代の禁酒法の時代を経た後、バーンハイムは1937年にブランドをシェンリー社に売却している。

なお、日本においては2009年10月より麒麟麦酒(二代目)が輸入元となっている[3]2010年秋にはハーパーを使った缶入りハイボールコンビニエンスストア限定で販売した[4](製造委託元はキリンディスティラリー)。また、I.W.ハーパーをベースに用いたハイボールは「ハーパーソーダ」と呼ばれる[5]

ラインナップ

  • I.W.ハーパー ゴールドメダル (アルコール度数:40%)
  • I.W.ハーパー 12年(アルコール度数:43%)

脚注

関連項目

外部リンク